2015.04.09

豊見城とまと早食い王決定戦2015

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JA豊見城支店で「とまと早食い王決定戦」がおこなわれたので見に行ってきました。

3/28(土)・3/29(日)の両日にJA豊見城支店で「にふぇ〜で〜びる菜・とまと祭り」というお祭りが開催されました。

そのお祭りの目玉企画が「とまと早食い王決定戦」。
大人の部の優勝者にはホテルのペア宿泊権がもらえるらしいのです。
これはいいね、と参加する気まんまんだったのですが、ギリギリまで予定が入ってしまったので今年は見学のみ、来年の出場に向けて偵察にいってきました。

 

見るだけで戦意を喪失しました

とまとを切らずに丸ごとを食べる経験はそんなにありませんが、おそらく急いで食べて1分弱、服がベトベトになる覚悟で食べて30秒ぐらいでしょうか。ということで、30秒を切るぐらいが優勝タイムなのでは、と思っていたのですが、どうやら私の考えは豊見城のとまと並みに甘かったようです。

早食い王決定戦のルールは直立不動の姿勢でスタート、とまとをすべて飲み込めたら手をあげて口を開いて審査員に確認してもらうようです。

1組、2組と順調に終わり、最終の3組目の出場者の1人に会場がざわつきます。


だれ?

この方は前回大会のチャンピオンらしく、そのときの優勝タイムは6秒だったそうです。
6秒!?

ある意味とまと界のスターです。
まだ予選ながら、その食いっぷりを撮影しようと多くの人がカメラを構えます。

これはもう、ぶっちぎりで優勝するんだろうなーと見ていたところ。

まさか!違う人が勝った!

このときめちゃくちゃ会場がどよめきました。
予想外の出来事すぎてチャンピオンが余裕をかましすぎたのか、勝った人が本当にはやかったのかは、だれにも判断がつきませんでした。

ということで優勝決定戦は1、2、3組の1番の人たちと、前回チャンピオンで、真剣勝負の決定戦がおこなわれることになったのです。
今年のとまと早食いチャンピオンはだれの手に!?


試合前になぜか自作の歌を披露する前回チャンピオン

勝負のもようは映像でどうぞ。

めっちゃいい勝負!そしてどちらも早っーー!!

 

トマトを丸呑みする人

ということで、僅差でしたが2015年の豊見城とまと早食い王は平良さんに決定したのです。

平良さんに早食いのコツを聞いてみたところ「押し込む」ともはや食べ物ではないようなコメントをいただきました。

いやいや、自分の方が早く食べられるよー!と思った方は来年の早食い大会に出場してみてはいかがでしょうか。
わたしはトマトを喉に押し込む勇気がないので来年も見学者側でいようと思いました。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ