爆誕!フィギュア型OKICA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4月28日についにバスでも使えるようになった交通系ICカードのOKICA。それを記念して発行された「フィギュア型OKICA」を買ってきた。

さてゴールデンウィークも明けて平日一発目ですがひょっとしたら木金とお休みを取ってる方も多いのではないかと思います。沖縄は一気に梅雨入りしたみたいな天気になっちゃいましたけど連休をつなげている方はあと4日お休みを満喫してくださいませ。

DEEokinawaも今日と明日はコネタ更新です。

ちょっと前の話になりますが昨年10月20日に「オキカ(OKICA)で改札を一番に通りたい」という記事を書いたのを皆様は覚えていらっしゃいますか?

この時OKICAが使えたのはゆいレールのみでしたが、今年2015年の4月28日についにバスでもOKICAが使えるようになりました。そしてそれを記念して発行されたのが「フィギュア型OKICA」。前の記事でもちらっとインタビューでフィギュア型OKICAの話が出てきたのですが正直よく分からなかった人も多かったと思います(僕もよく分からなかった)。という訳で本日は4月27日に販売されたフィギュア型OKICAをご紹介したいと思います。

 

限定5000個発売のフィギュア型OKICA

聞けばこのフィギュア型OKICA、限定5000体しか発行されないということで、沖縄県内のファミリーマートで事前予約しました(現在は予約は終了しています)。

予約をするとレシートタイプの予約票がもらえます。

そして発売当日の4月27日。

ゲットしたフィギュア型OKICAがこちらです。

箱の横には注意書き
ハマエちゃんの紹介

フィギュアのキャラクターとなっているのは沖縄コンベンションビューローのキャラクターであり、OKICA推進大使である「花笠マハエ」。

箱から取り出してみたところ。確かにフィギュア。何でも交通系ICカードでフィギュア型のものはこれが始めてで、SUICAと連動しない独自規格を採用したことの恩恵のひとつなのだそうです(恩恵といえるのか微妙だけど)。

横から。

後ろから。割とよく出来ています。それにしてもマハエちゃんは頭がでかい。

一緒についてきたご利用ガイド
バスの乗り方も追加されている

このフィギュア型OKICAは再発行や払い戻しができない無記名式というやつにあたりますが、チャージなどは普通にできるようになっています。お値段は2000円で、500円分のチャージが既にされているのだそうです。

こちらが使い方説明書。OKICAは台座部分に入っているため、台座部分をかざすように書かれています。


ここをかざす

フィギュア部分をかざしても反応しないことがあると書かれているのでご注意ください。

 

ちょっと恥ずかしいけど使ってみたい

フィギュア型OKICAを手に入れたので早速使ってみよう!…といいたい所なんですが、ゆいレールもバスも使う機会がなくて今のところ家に飾っています。

そして5000体限定で売り切れ必須!…かと思いきや、県内のファミリーマートのレジ前とかで結構売られていてまだまだ在庫があるようです。気になる方は県内のファミリーマートなど探してみてください。

というわけで、ついにバスでも運用が始まったOKICA。これからの展開を期待しつつ、このフィギュア型OKICAにプレミアが付いていずれ高く売れるんじゃないのか…と邪な期待をしています。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ