さようならパーラー千里

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年6月29日、金武町新開地にあるパーラー千里が31年の歴史に幕を下ろした。というわけで最終日にパーラー千里に行ってきた。

タコライスが好きな方は「パーラー千里」をご存じかと思います。タコライス好きじゃなくても観光雑誌などでもよく取り上げられているのでご存じの方も多いかもしれません。

パーラー千里といえばタコライス発祥の店として有名な金武町にあるお店です。タコライスは「パーラー千里」「キングタコス」の経営者である儀保松三さんという方が1984年に考案したメニューで今では沖縄のソウルフードとして広く認知されるようになりました。

そんなタコライス好きに取っては聖地のような存在のパーラー千里ですが、この前Facebookで衝撃的なニュースを目にしました。

今月 6月29日月曜日をもちまして閉店致します。31年間 私たち パーラー千里を愛してくれたお客様、誠にありがとうございました。今月29日までは、金曜日、土曜日、日曜日、月曜日の営業となります。キングタコス金武本店の営業時間は、毎日 朝10:30〜翌3:00となっております。今後ともキングタコスグループをよろしくお願いします。m(._.)m ありがとうございます(^ ^)

Posted by パーラー千里 on 2015年6月20日

パーラー千里が閉店!

 

閉店の日にパーラー千里へ

パーラー千里が閉店…。にわかに信じがたいですが、Facebookページで告知されていた6月29日に金武町の新開地にあるパーラー千里に足を運んでみました。

極彩色の看板
元祖タコライス発祥の店の立て看板

平日のお昼後だったので、辺りには人通りもそれほど無くパーラー千里もいつもの佇まいに見えます。


テイクアウト口

とりあえず中に入ってみることにします。

お店の中もいつもの雰囲気。今日で閉店なのが嘘みたいです。

最後にパーラー千里に来たのは「チキンバラバラとは何なのか考える」の時でしたがその時と変わっている事といえばチキンライス系のタコライスがメニューから外れていることくらい。

壁にはサインがびっしりと
レトロなソファ

あとは何も変わっていないように見えます。

タコライスチーズ野菜を注文しつつ、お店の方に話を伺ってみると本日(6月29日)で閉店は事実で、理由は人手不足なのだそう。金武町には系列でキングタコス、ぼんさいカフェゴールドホールがあるのですが、どこも人手が足りなくて困っている、みたいなことを言っておられました。

ちなみにずっと気になっていたのですが、パーラー千里のタコライスはキングタコスの味と全く同じ(作っている工場は一緒)とのこと。次回からはキングタコスの方を利用して欲しいと言っていました。

とりあえずパーラー千里で最後のタコライスを食べ納め。

 

さようならパーラー千里

パーラー千里の営業時間は20時までで、僕が行ったのが昼過ぎだったのでその日はそのまま帰ったのですが、翌日のFacebookを見ると

本日、6月29日をもちまして閉店致しました。31年間、誠にありがとうございました。m(._.)m 今後とも、キングタコスグループをよろしくお願いします。(^ ^)

Posted by パーラー千里 on 2015年6月29日

そこには閉店の挨拶が。

こうしてひっそりと閉店してしまったパーラー千里。味はキングタコスと同じでも、あの店の雰囲気、パーラー千里で食べるタコライスは二度と味わえなくなってしまいました。金武町にあるのでなかなか足しげくは通えなかったけど、こうして閉店してしまうとやはり一抹の寂しさを感じます。

さようなら。タコライスの聖地、パーラー千里。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ