2017.04.13

サンエーで沖縄デザインの学習帳が売られている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サンエーの文具コーナーで、ちょっと珍しい沖縄デザインの学習帳を見つけた。

沖縄デザインの学習帳を発見

先日サンエーの文具コーナーを訪れたときのこと。
ノートのコーナーを見ていると、鮮やかなハイビスカスの写真が表紙になったノートが目に飛び込んできたのです。

手にとってみると、子ども用の学習帳でした。10マスのこくごノート。
その名も『学んで楽しい学習帳』。こくご以外の教科のノートは見かけなかったので、こくご限定でしょうか。

裏表紙にはブーゲンビリアやデイゴなど、沖縄の植物についての解説が。
こういう細かい部分ってついつい読み込んでしまいますよね。
文具メーカー、ナカバヤシ株式会社の表記がありますが、サンエーオリジナル商品とのことです。

表紙裏と裏表紙の裏には、ひな祭りなど四季の行事の解説が。
ここには特に沖縄色無しです。
 

デザインはぜんぶで4種類

ノートは全部で4種類。12マス、15マス、18マスのこくごノートがありデザイン(テーマ)が違います。
それぞれ見てみましょう。

12マスノートは瓦屋根の建物とシーサー。裏表紙は「沖縄の行事」の解説。

15マスノートはジンベエザメ。裏表紙は「沖縄の生き物」の解説。

18マスノートは首里城正殿。裏表紙は「沖縄の文化財」の解説。

小学生用の学習帳といえば、虫の写真が表紙から消えて一時話題になったジャポニカ学習帳やセイカ学習帳などがメジャーどころですが、こんな沖縄ならではのデザインの学習帳もあったとは知りませんでした。
かさばらないので、お子さま向けのちょっとめずらしいお土産にもぴったりですね。サンエーオリジナルということなので、大型店舗の文具コーナーを探せば見つかるかと思います。きれいな表紙写真のおかげで学習が捗りそうですね!

サンエーはちょこちょこ面白いオリジナル商品があるので、これからも注目していきたい所存です。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ