2017.06.22

琉歌の自動販売機ってどんなもの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
北谷のアメリカンビレッジのFMニライ放送局前に見慣れない自動販売機が設置されていた。近づいてみると琉歌の自動販売機のようだ。どんな商品が入っているのだろうか。

昨日北谷町のFMニライ放送局の前を通ったら、見慣れない自販機が設置されている最中でした。しばらくすると作業が終わったので近づいてみると。

ジュースでもない、タバコでもない自動販売機のようです。いったいなんでしょうか?

自動販売機の上の方には「沖縄47ヶ所めぐり六論の旅!琉球いろは歌を訪ねて心の在り方を探す旅!」と書いてあります。

側面を見てみると名護親方が詠んだ琉球いろは歌が書かれていました。

名護親方とは1663年~1734年までを生きた沖縄の政治家であり教育者。中国に何度も渡り、道徳書を持ち帰ってその心を広めるために数々の琉歌を詠んだと言われています。
琉球いろは歌とは、その琉歌をいろは順で編集したもの。

「琉球いろは歌に接し、名護親方の人言性や徳の深さに触れることで、心の奥深い所で触発される何かが、貴方の心を豊かにし、新たな人生を作り出していくでしょう。」

自動販売機はFMニライ放送事業を行なっている株式会社クレストさんが設置されたようです。

買ってみよう

商品はいろんなデザインのキーホルダー

そして白色VネックTシャツに、てぬぐいもありました。
それぞれ琉歌が書かれているようです。

先ほど設置されたばかりで、まだ料金がいくらなどは出ていなかったのですが、「販売中」ではあったのでお金を入れてみることに。

Tシャツと手ぬぐいはいくらかわかりませんが、キーホルダーは400円でボタンがつきました。

中には琉歌が書かれたアクリルパネルと、玉の飾り。
そして琉歌とその解説が入っていました。

箱にまだなにかあるぞ!と思って見てみると、上げ底でした。

そしてもうひとつ、「しまくとぅばネット学習塾 2ヶ月無料学習権」も。
ログインした日から2ヶ月は沖縄語、八重山語、宮古語のしまくとぅばを学習できるようです。

ただ残念なことに、いま現在はアクセスしてもコンテンツをみることができませんでした(まぁまだ料金も出てない自動販売機なので、準備中だと思うのですが)。

ということで全貌はわかりませんが、名護親方の琉歌を心に刻み、同時にしまくとぅばを学べる自動販売機を見つけた話でした。まだ北谷のアメリカンビレッジでしか見ていませんが、これから県内に広まっていくのでしょうか。気になる方はぜひ購入してみてください。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ