2011.02.23

テキサスバーガーに対抗してつくるナンブーバーガー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ご当地バーガー花盛り。某ファーストフードチェーンのテキサスバーガー、そして先日やんばるたろうさんが作成したヤンバルバーガーに対抗して、今回はナンブーバーガー。はてさてどんなシロモノができあがるのか。

沖縄ご当地バーガー第二弾。
やんばるたろうさんのヤンバルバーガーの記事が好評だったのでのっかった、というのは内緒です。

ヤンバルとくれば次はナンブー(南部)でしょう!
ってことで、南部の農産物直売所や道の駅をめぐって特産物を集めてみました。

さしきファーム

南城市を始点として南部をぐるり時計回り。
早速、農産物直売所『さしきファーム』を発見!

nburger01.jpg

お店のおじさんに「このあたりでとれたものはありますか?」とたずねてみると、その時その時で質の良いものを産地から取り寄せているので、ほとんどが別の地域のものだそう。
「あ、これはこのあたりのものだよ!」と指さしたのはこの食材。

nburger02.jpg

THE 島らっきょ!
・・・しょっぱなからアクの強い食材によぎる不安。

その後、「これ食べたことあるね?」と熟れ熟れのカニステルをポンと手渡されました。
「じゃ、食べたら勝手に帰ってね!」と言い残し、颯爽と店の奥に消えていくおじさん。
なんかいい。

花野果村

次なる目的地は玉城村の『花野果村(はなやかむら)』

nburger03.jpg

駐車場の一画がちょっとした動物園のようになっておりパラダイス感漂ってます。

asahiyu06.jpg
その名も花野果村ランド。コケコッコ。
asahiyu07.jpg
山羊の花子は見当たりませんでした。近所でおめでたいことでもあったのかな...。
asahiyu04.jpg
アヒルの家。フォントが素敵。
asahiyu05.jpg
やだかわいい。
asahiyu08.jpg
中村秀雄さんから黒うさぎ他が寄贈されたらしい。
asahiyu09.jpg
やだかわいい。

めちゃくちゃかわいい動物たちに思わず顔がほころびますが、冷静に考えてみると食用になるものばかり。
やっぱり最終的には商品になるのでしょうか。花子・・・。

おっと、思わず本来の目的を見失いそうになってしまいました。

nburger10.jpg

ここでは吉田ミサ子さんのコスレタスを購入。無農薬だよ!

軽便駅かりゆし市

お次は南城市大里にある『軽便駅かりゆし市』
その昔、沖縄を走っていた沖縄県軽便鉄道(通称ケービン)の駅がこの付近にあったことから名付けられたそう。

nburger13.jpg

ウージ畑の真ん中にぽつーんと建っているのですが、広い施設内は家族連れでものすごくにぎわっていました。

nburger11.jpg

数々のお買い得商品に目移りしながらも、ここではパンを購入。チーズ入りですってよ奥さん。

nburger12.jpg

ふと横に置かれたケースに目をやると、アイス風パンなるものが!
・・・これは次回の課題にしようと思います。

JAファーマーズマーケットいとまん うまんちゅ市場

そして南部にある直売所の草分け的存在(?)、糸満市西崎にある『JAファーマーズマーケットいとまん うまんちゅ市場』。こちらも賑わっていました。

nburger14.jpg

日本最南端の道の駅「道の駅いとまん」として、おみやげ、野菜、魚、カフェ、南部観光案内所の複合施設として2009年9月にオープン。

asahiyu15.jpg
糸満市喜屋武のブランドにんじん、美らキャロットが収穫時期を迎え大売出し中。
asahiyu16.jpg
赤マルソウの深煎り焙煎ごまドレッシング。大特価と聞いては買わずにいられない。

旬のにんじんと、ソースがわりとなるドレッシングを購入。

糸満市物産センター 遊・食・来(ゆくら)

そしてメインとなる具材を調達しに、さきほどのファーマーズマーケットに併設された『遊・食・楽(ゆくら)』へ。

nburger17.jpg

そう、実はメインだけは最初から決めてました。

asahiyu18.jpg
かまぼこの中におにぎりが入ったばくだんかまぼこで有名なボーボー屋。
asahiyu19.jpg
ばくだんかまぼこはパンに挟みにくいので、天ぷらふうかまぼこをチョイス。

海人のまち、糸満といえばやっぱりかまぼこですよね。ヤンバルが肉でくるならナンブーは魚だ!

南部の特産品ここに集まれり

というわけで材料が揃いました。

nburger20.jpg

なぜかレタスの袋に顔つっこんでる毛むくじゃらは今回使用しておりませんので悪しからず。

 

asahiyu21.jpg
にんじんはしりしりーして軽くレンジでチン。
asahiyu22.jpg
島らっきょは塩でもんで一時間ほど漬けておきます。

パンは上下に切ってトースターで軽く温め、間にレタス、かまぼこ2枚、にんじん、島らっきょ、ごまドレッシングの順に重ねていきます。ちなみに個人的に島らっきょが苦手なので、フライパンで火を通して刻んじゃいました。ピクルスのような効果を狙って。

いざ、サンド!!

nburger23.jpg

じゃん。
かまぼこがひとつズレ落ちかけてるけど見た目はなかなかいいのでは!

実食。

nburger24.jpg

・・・オチを期待していた方、すみません。これウマイです。
パンとかまぼこって意外や合います。
そして、赤マルソウのごまドレッシングが具全体をやさしく包み込んでくれてます。
というかこのごまドレッシングが秀逸です。島らっきょの臭みもかき消してくれてます。
美らキャロットも甘くておいしい!

というわけでナンブーバーガー、大いにアリです。

ぜひ商品化を!と思いきや、既に道の駅いとまんの名物となっている全長50cmの『しかまサンド』の具に糸満かまぼこが採用されていたのでした。く・や・し・い!

というわけで私の野望は緋寒桜とともにボトッと散ってしまいましたが、南部の農産物販売所をぐるりとめぐってみると、スーパーなどでは目にしたことが無いような商品、生産ラインにはのせられないけど農家の方が趣味でつくってみました、といったかんじの面白い商品が売られていたりするのですごく面白かったです。
農産物直売所めぐりをして、是非あなただけのナンブーバーガーをつくってみてくださいね!

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ