2011.06.21

カブ号で見つける新たな観光スポット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
同じ道でも、歩くとき、バイクのとき、車で通るときとではそれぞれで景色が違って見えます。 先日はじめてバイクでヤンバルを走ったので、新鮮な気持ちで新しい観光スポットを探して来ました。

トランポでヤンバルへ

とある休日。私のバイクが誘拐されました。

首を絞められ運ばれるバイク。
おとなしくしろぃ!

ワゴン車に乗せられています。

ぎゃーぎゃー騒ぐんじゃねぇぞぃ!

海に着いたら解放されました。

おら、ここからはオメェのすきにしな!

寸劇おわり。

このようにバイクを乗せて走ることができる車のことを「トランスポーター」略して「トランポ」というそうです。
トランポされてヤンバルに落とされた私と愛車のカブ号。

さて、どうしよう。

適当に走ってみよう

場所は名護市の東海岸にある嘉陽小学校の前。
331号線を北へ走って東村に行くか、南へ走って名護市街地に行くか迷うところです。

ええっと。

ヤー

南だ!

ということで本日はカブ号で331号線を南下しながら気になるスポットをどんどん紹介していきたいと思います。
バイクだからこそ見える新たな観光スポットを探して。いざ!

ブロロロロロロ・・・

観光スポット

出発して1分。
さっそく最初の観光スポットをご紹介させていただきます。

観光スポット1
で、誰のお店ですか?『嘉陽共同店』

「月曜の午前中はおやすみします」「トーフは水・金」

こんな地元ならではの情報っていいですよね。

お茶でも買おうと入ってみると

おばさんが2人
「あいっ!ネーネー魚食べなさい!」と言われる。

初対面にも関わらずグイグイ私の心の扉を開けて入ってくるおばさん。

言われるまま食べちゃう。

でも食べている途中におばさんたちは「じゃあごゆっくりねー」と言い残して去って行きました。
・・・ええっと。誰のお店ですか?

嘉陽共同店に行くとこんなおばさんたちに会えるかもしれません。
おすすめ度 ★★★

どんどん行ってみましょう。

観光スポット2
小さなバス停


スクールバスが止まるバス停なのですが、小学生が使うためなのか全体的にこぶりでかわいかったのです。
子供たちが実際に座って待っていたらキュンキュンしそう。
おすすめ度 ★★★★

観光スポット3
阿部地区のビーチ


嘉陽を過ぎて最初の集落である阿部地区。
いつもは車で通り過ぎるだけですが、集落の中まで入ってみるとビーチには「海ガメ産卵」の注意看板が。家の近くに当たり前のように海ガメがいるっていいですね。
おすすめ度 ★★★★

観光スポット4
気になるアーチ


道路の上を横切るコンクリートのアーチ。なんだこれ?

脇道を通って正体を探ろうと思いましたが
 
途中で薮の中に消えてしまい正体はわかりませんでした。

このアーチをくぐるときに叶えたい夢を3回唱えれば夢が叶います。
噓ですが。
おすすめ度 ★★

観光スポット5
見ているぞ!看板


「見ているぞ!見ているぞ!地域の人が」

こんな人に見られたくないと思うのです。
おすすめ度 ★★

観光スポット6
夫婦の木


ただの木なんですが、岩の上に2本寄り添っているのがステキです。

カップルで一緒に見れば幸せになれます。
噓ですが。
おすすめ度 ★★★

観光スポット7
ポストマン


ヤンバルの331号線を走れば一度は目にしたことのあるはずのピンクのミッキーさんのような人形。

今まで安全を促していると思っていましたが、後ろにまわってみると。

郵便局はあっちだよ。
うーむ。そんなにアピールすることなの?
おすすめ度 ★★★

観光スポット8
じゅごんの里 1ばんち


郵便局のすぐ後ろにある看板。

お腹の部分の穴の使用用途は不明です。
この穴はいらなくないかい?
おすすめ度 ★★★

18号線へ

ここまで読んでいただいてなんですが、この記事はずっとこんな感じで進みます。

気分を変えて、海沿いから山道の18号線へ。


ブロロロロロロ・・・

観光スポット9
通り抜けできない道路

 

本当に通り抜けできませんでした。
看板のいうことは信じましょう。

でも行き止まりになる前に味のあるお店もあったのです。

たまには不毛な道を通ってみるものいいかもしれません。
おすすめ度 ★★★

観光スポット10
パンチラトンネル

パンチラ注意。

おすすめ度 ★

観光スポット11
一瞬の夜景


18号線の道沿いには名護市街地を一望できる箇所がいくつかあります。
しかし片側1車線で車を止めるスペースもないため、ゆっくり見ることはできません。残念!
見られるのは一瞬ですが、きっと心にはキラッと残る夜景を見ることができると思います。
おすすめ度 ★★★

名護市街地到着

スタート地点「嘉陽小学校」から名護の市街地まで約2時間。
途中いろんな集落に入って住宅地の間を通ってみたり、畑の横の道を突き当たりまで行ってみたり、車でも徒歩でも行ってみようと思わない道をたくさん走ってみました。

ほとんどは写真を撮るまでもない普通の家だったり畑が見えるだけなんですが、私の胸はずっとワクワク。いいえワクがムネムネしていました。

進む速度と行動範囲。
原付はその2つをちょうど良いバランスで走れる最高の乗り物なのかもしれません。
とても楽しい探検でした。

トランポ
おすすめ度 ★★★★★

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ