2011.11.28

ドライブにはドライブイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドライブには欠かせない休憩場所。道の駅もいいけれど、ドライブインも趣があっていいと思います。

ドライブインーアメリカンな感じが漂う響き。なんだか古めかしくて懐かしいと思いませんか?
ここ沖縄にはまだドライブインが残っています。

そもそもドライブインとは -
日本では、交通量の多い道路脇などに設けられた、駐車場を伴う休憩施設(英語でのrest areaに近い)や商業施設を指すか、もしくは特に幹線道路沿いの駐車場付きレストランのことを示す。

古くは、街道筋(特に有名観光地に通じるような道路)の食堂、みやげ物店などが店舗ごとに駐車場を用意し、ドライブインを名乗っていたが、高速道路の開業や、国道のバイパス化によって、中央分離帯が設置され片側一方向の集客しか見込めないようになると、廃業したり、コンビニエンスストアに転業したりする店が増え、数は激減した。幹線国道沿い(特に観光地付近)には、当時の名残の廃墟が立ち並ぶ異様な地域も存在する。

最近では、競争力や集客力を高めるために複合店舗化が進んでおり、トイレと複数の商業施設が広大な駐車場を取り囲むように並ぶものが増えてきている。また、レストランや物販店を備えた公的な休憩施設である「道の駅」が郊外や地方の幹線道路沿いを中心に多く置かれるようになったが、これもドライブインの一種であるといえよう。
- wikipediaより

要するに、日本でいうドライブインとは幹線道路沿いに駐車場を完備した飲食店のこと。
ドライブインシアターは有名ですが、アメリカにはドライブインの観覧車もあるそうです。車のまま乗る観覧車ってどういうことなんでしょう。

A&W

アメリカでいうドライブインとは、車から降りずに様々なサービスを受けられることを指す。
本場のドライブインを体験することができるのがここA&Wだ。ドライブインが利用出来るのは本島内に5店舗ある(ちなみにドライブスルーは11店舗)。

県内に25店舗あるエンダーことA&W。
1963年に屋宜原店(北中城)をオープンしたのが日本初のファストフード店だと言われている。しかし、沖縄が日本に返還されたのは1972年なので、日本初というのは微妙なところらしい。ちなみにマクドナルドは1971年。

ゆるキャラ事典にも掲載しているが、ベア君の愛称で親しまれているグレートルートベアはA&Wのマスコットキャラクター。

drivein_71.jpg
A&W 牧港店。公園も併設。

drivein_68.jpg
注文してその場で食べるか持ち帰るか。
drivein_69.jpg
インターホン越しに注文。

A&Wといえばルートビア!というくらい根強いファンがいるが、なんと店内ではおかわり自由。メニューには(S.M.L)あるが、おかわり自由なので、ルートビアだけを飲みたい人は(S)サイズで頼んだほうがお得。

drivein_70.jpg
チリチーズカーリーフライ。360円。
カーリーフライにチーズとチリミートのコニーソースがかかった一品。

フライメニューも種類豊富だが、セットだと2種類から選ぶことができる。シンプルな塩味のスーパーフライと、オリジナルスパイスで味付けされクルクルっと丸まったカーリーフライ。
聞くところによると、年代でスーパーフライ派とカーリーフライ派に分かれるらしい。40代以上の人たちはスーパーフライ派が多いらしいのだが真偽の程は...?

Jef 豊見城店

沖縄本島内に5店舗あるJef(ジェフ)。
うちA&Wと同じようなドライブインが3店舗ある。ゴーヤー博士という、ゆるキャラもいる。

drivein_36.jpg
沖縄生まれのハンバーガーチェーン店。Jef。

drivein_33.jpgのサムネール画像
こちらもアメリカンスタイル。
drivein_34.jpg
インターホンで注文。

drivein_35.jpg
ぬーやるバーガー。350円。

ぬーやるバーガーはJefを代表するハンバーガー。
ゴマが付いた上下のバンズで、チーズ、ポーク(スパムランチョンミート)とゴーヤーがたっぷり入った玉子焼き(ゴーヤーチャンプルー的な)をマヨネーズソースで挟んだハンバーガー。沖縄生まれなのでご当地バーガーと言っても過言ではないはず。

その他にも、ゴーヤーバーガー(ぬーやるバーガーのポーク無し)や、ジャンボポークサンド(直径15cmのポークカツ)などがある。A&Wで有名になったルートビアもJefで飲むことができる。Jefといえばあのオレンジジュース派の人も多い。

シーサイドドライブイン(恩納村)

1965年、恩納村仲泊にオープンしたシーサイドドライブイン。沖縄で最初のドライブインレストラン。ちょっとややこしいが、
A&Wは1963年にオープンなのでシーサイドドライブインよりも先だが、あちらは本場のドライブインスタイル。
シーサイドドライブインは車を降りて店内で食べるスタイルのドライブインレストラン。

最初の説明にも書きましたが日本では、駐車場を伴う休憩施設、もしくは特に幹線道路沿いの駐車場付きレストランのこと。
この微妙な違いがややこしい。

drivein_04.jpg
パーラー的な販売もしているのでテイクアウトする人も多い。

drivein_02.jpg
店内は大きな水槽があったり、海が見えたり。
drivein_01.jpg
24時間営業です。

メニューの表紙にこう書いてある。
“沖縄復帰後間もない時代の、沖縄特有のごっちゃ混ぜ文化(チャンプルー文化)の影響で、一部分かりにくいメニューがあるかもしれません。分かりにくいメニューがございましたらお気軽にお尋ねください。"

そんなにわかりにくいメニューはないのだが、初めての人はわからないメニューもあるかもしれない。
そのうちのひとつがこちら。

drivein_03.jpg
ビーフチャプスイ。900円。

チャプスイについてはコチラの過去記事をご覧くださいませ。
2011年8月の特集。チャプスイとは何か

では、その他のドライブインを南部から。

具志頭ドライブイン(八重瀬町)

八重瀬町具志頭にある具志頭ドライブイン。
お店の前にあるバスの停留所名も具志頭ドライブインです。停留所名になるくらい目立つランドマーク的存在。

drivein_23.jpg
黄色い建物が目立ちます。

drivein_22.jpgのサムネール画像
いつ行っても調理師募集してる気がする...
drivein_21.jpgのサムネール画像
広々お座敷席。

drivein_20.jpg

沖縄の食堂のテーブル標準セットはこんな感じが多い。
しょう油、ソース(メニューにステーキがあるお店はA1ソースも)、コーレーグース、七味唐辛子、塩、コショウ、。沖縄の酢は米酢(醸造酢)ではなく合成酢(酢酸)が多い。まるこめ酢のシェアが圧倒的な気がする。
 

drivein_15.jpg
A・B・Cランチもあるけど、お腹のためにやめておきます。

drivein_19.jpg
沖縄の定番、甘い甘いティー。
drivein_17.jpg
沖縄の定番、キャンベル的なスープ。

drivein_18.jpg
スペシャルランチ。850円。

A・B・Cランチは頼まなかったのですが、スペシャルランチが気になったので注文してしまった。
お店によってはA・B・Cランチ以外に、スペシャルランチというものを出している所もある。
値段もA・B・Cより安かったり高かったりとまちまち。

具志頭ドライブインのスペシャルランチは、目玉焼き・ハムステーキ・ハンバーグ・とんかつ・サラダ・ご飯。
 

南風原ドライブイン(南風原町)

南風原町宮平にある南風原ドライブイン。沖縄が日本に復帰した1972年に創業。39年続く老舗ドライブイン。
国道329号線沿いの大きなシーサーとガジュマルの木が目印。

drivein_25.jpg
赤瓦で装飾。駐車場も広い。
drivein_30.jpg
座敷、テーブル、カウンターの席がある。

drivein_26.jpg
ドライブインのドライブスルー。お弁当販売みたいです。

drivein_28.jpg
A・B・Cランチは定番メニュー。
drivein_27.jpg
チャプスイもあります。

drivein_31.jpg
スペシャルチャーメン。990円。

南風原ドライブインで注文したのは、スペシャルチャーメン。チャーメンは気になっていたメニュー。
チャプスイを中華麺にかけたみたいな感じです。

drivein_29.jpg

気になったメニュー。メガランチ。3150円。 推定カロリーは4000kcalくらいでしょうか。
3名まではライス・スープ・サラダが付いてくるそうです。あとライスはおかわり自由!そんなに食べられないよ!
挑戦者を求めているので誰か挑戦してみてください。

コザドライブインレストラン(沖縄市)

沖縄市大里にある、コザドライブインレストラン。

drivein_37.jpg
通り沿いの看板には、コザ ファミリー ドライブインレストランって書いてある。

drivein_45.jpgのサムネール画像
店内に噴水や数々の不思議な置物もある。
drivein_40.jpgのサムネール画像
中城湾が一望。
drivein_39.jpg
日替わりのスペシャルランチ。
drivein_41.jpg
やはり定番のキャンベル的なスープが付いてくる。

drivein_43.jpg
スペシャルランチ。ナポリタン。650円。

ナポリタン・サラダ・なぜか煮物・トースト。
煮物の優しい味がホッとさせてくれる。

沖縄の食堂などでスパゲティ系を注文すると、必ずと言っていいほどトーストが付いてくる。
パンがおかずなのかスパゲティがおかずなのかわからなくなるが、主食で主食を食べることになる。

drivein_44.jpg
ガーリックトースト付き。

ハイウェイドライブイン(沖縄市)

沖縄市美里にある、ハイウェイドライブイン。

drivein_67.jpg
いい感じの佇まい。

drivein_64.jpg
おかず。550円。

ハイウェイドライブインの詳しい記事はこちらから御覧くださいませ。
おかずの旅 Vol.2

チャプスイとは何か

漢那ドライブインレストラン(宜野座村)

宜野座村漢那にある、漢那ドライブインレストラン。民宿 漢那荘も併設している。

drivein_57.jpg
2階は民宿 漢那荘。
drivein_61.jpg
寿司ネタケースもカウンターもある。

drivein_59.jpg

琉球おやつ=豆腐よう。

子どもが食べたら酔っちゃうよ!
一品メニューのカテゴリーもあったのだが、なぜか豆腐ようは琉球おやつに。

drivein_58.jpg
漢那ランチに挑戦してみる。
drivein_62.jpg
ここでもキャンベル的なスープ。美味しい。

メニューの種類が豊富で、定食系はもちろん、ステーキ、ハンバーガー、鍋、中華、寿司などなど。
ニジマスのウニソース定食なんて珍しいメニューもありました(沖縄でニジマスは珍しいかも)。
ちなみにチャプスイもあった。

drivein_63.jpg
漢那ランチ。値段は失念...

とんかつ・海老フライ・ハムステーキ・ベーコン・目玉焼き・ポテトフライ・サラダ。
ライスとパンが選べます。

ドライブインレストラン ハワイ(本部町)

本部町崎本部にある、ドライブインレストラン ハワイ。

drivein_55.jpg

drivein_56.jpg
おめでとうございます!アピールすごい。

ドライブインレストラン ハワイのAランチは、第1回Aランチ選手権で優勝しました!
Aランチ選手権の記事はコチラからご覧くださいませ。
第1回Aランチ選手権

drivein_06.jpg
Aランチ。1200円。

Aランチの記事はコチラからも。
大人のためのお子様ランチ【Aランチ】

伊豆味ドライブイン(本部町)

本部町伊豆味にある、伊豆味ドライブイン。店の周りは木々がうっそうとしています。
となりには行列ができる沖縄そばの店、山原そばがあります。


drivein_08.jpg
建物に手書きの字が良いです。

drivein_14.jpg
店内を突き抜ける木はまだ健在でしょうか。

drivein_09.jpg
やっぱりまむしセットが気になりますねぇ。
drivein_10.jpg
持ち帰りの人も多いです。

drivein_11.jpg
うな重。800円。

伊豆味ドライブインの詳しい記事はこちらからご覧ください。
Theドライブイン
DEE初期の記事です。今とノリが違う。
 

ドライブインレストラン まーすやー(本部町)

本部町渡久地、県道84号線沿いにある、ドライブインレストラン まーすやー。

drivein_54.jpg
赤と黄色で目立ちます。

drivein_50.jpg
往年の名女優のパネルや、
drivein_51.jpg
アメリカンなネオンサイン。
drivein_47.jpg
メニューは多くない。
drivein_49.jpg
オススメは魚バター焼き定食。

drivein_52.jpg
まーすやーオリジナル さしみ味噌和え定食。1200円。

さしみ味噌和え(まぐろ)・吸い物・漬物・ポテトサラダ。
吸い物は沖縄で多い、そうめん汁。

drivein_53.jpg

味噌和えはまーすやーオリジナル味噌だれ。麦味噌にガツンとニンニクが効いたたれです。
このオリジナルだれは、店内で525円で売っていました。カツオと合わせると美味しいとのこと。
 

ドライブ行ったらドライブイン

ここ数年で道の駅も増えたり、ファミレスやコンビニ、ファストフード店などが多くあるので目立たなくなったドライブインですが、独特の雰囲気があって良いものです。ドライブの休憩はもちろん、お気に入りのドライブインを探すのも楽しいかもしれませんね。

以上、本島内にあるドライブイン(と付く店名)をまとめてみましたが、他にも隠れたドライブインがまだあるので探してみてくださいね。


より大きな地図で ドライブイン をチェケラ!表示

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ