第1回 糸満くぇ〜ぶ〜祭 グルメNo.1決定戦! We are EAT-MAN!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
道の駅いとまんで「We are EAT-MAN」と題して行われた『第1回糸満くぇ~ぶ~祭 グルメNo.1決定戦』。DEEスタッフ全員で参加してきました。

最近グルメ選手権的な催しが多い沖縄。
DEEokinawaでもこれまでいろんな選手権を訪れてきました。

第1回 Aランチ選手権
第1回くにがみカップグルメ選手権
第1回ふぇーばるグルメコンテスト

どれもこれもお安く食べられて、しかも地元の特産品をうまくアレンジした料理なども多く、行って楽しい食べて美味しい嬉しいイベントです。

この週末に糸満で「第1回 糸満くぇ〜ぶ〜祭 グルメNo.1決定戦! We are EAT-MAN!!」があったので行ってきました。
ちなみに「くぇ〜ぶ〜」とは食べ物に困らない人の意味だそうです。

ただし1人で行くと(全品レポートは)量的にもお財布的にも厳しいので、今回はDEEスタッフ全員でチャレンジです。
私たちは糸満を食い尽くせるのでしょうか!?

いざ!
 

第1回 糸満くぇ〜ぶ〜祭 グルメNo.1決定戦! We are EAT-MAN!!

会場はいとまん道の駅・遊食来(ゆくら)さん。
中央の広場にたくさんのテントが並び、特設会場が設けられていました。

あいにくのお天気ですが、たくさんの人でにぎわっています。

eatman19.jpg
チケットは11枚つづりで1000円
eatman20.jpg
最後に投票券がついている

投票は料理別ではなく店舗別なので、それぞれの店舗をまわっていきます。
other05.jpg

それでは、張り切って食べ尽くしましょう。
お腹いっぱいになるまで、糸満グルメを倒れマラソン形式でご紹介していきたいと思います。

<第一走者:myco>

第一走者になったものの、なんと別の場所でランチを食べた直後という悪条件。
なるべく軽めのものをチョイスして数を稼ぐことに。
 

1食目:まぐろガーリック串(坂下水産)

eatman01.jpg

eatman02.jpg
糸満産マグロを使用!
eatman03.jpg
とんかつソースかウスターソースから選べる

eatman04.jpg

必要チケット数:1枚(100円)

とんかつソースがおすすめとのことでたっぷりかけてもらいました。
まぐろがぎゅっと厚くてお肉っぽくてすごく美味しい!食べごたえもあります。
残念ながら作りおき分で冷めてしまっていたのですが、揚げたてだともっと美味しいはず。
ガーリック風味はそれほど感じられなかったので個人的にはもっと強くてもいいかもと思いました。
 

2食目:生・鮪のだし茶漬け(勝冷凍)

eatman05.jpg

eatman06.jpg

だしは保温ポットから自分で好きなだけ注げます。

eatman07.jpg

必要チケット数:3枚(300円)

かつお、こんぶ、いりこからとった熱々のだしをたっぷりかけて食べるだし茶漬け。
黄味醤油に漬け込んだというまぐろが、だしの熱でほんのり半生になってとても美味しい!!
この日は寒かったので、身体もあったまりました。
他の店と比べてちょっと高いぶんけっこう量がありましたが、美味しいのでぺろりと完食。
ああ、だしだけでもおかわりしたい・・・。

eatman08.jpg

ちなみに隣で得られていたトロしめ鯖丼も美味しそうでした。
この店レベル高いぞ。
 

3食目:イカスミラーメン(イトサン)

eatman09.jpg

こちらはいか墨ラーメンといか墨もずくそばのお店。

eatman10.jpg

具だくさん!

eatman11.jpg

必要チケット数:2枚(200円)

もずくをねりこみイカスミで色をつけた真っ黒な細ちぢれ麺がインパンクト大!
サクサクと歯切れがいい食感でした。
くさみの無いあっさり豚骨スープがよく合っていてこれもなかなか美味しいです。
このお値段でたくさんトッピングものっているのでお得感あり。
 

4食目:たまん焼き(宮下水産)

eatman12.jpg

eatman13.jpg

た、たまん・・・?

必要チケット数:1枚(100円)

漁業の町、糸満ならではのタマン焼き。(見た目は完全に普通のたい焼き...
中の具はあんこ、クリーム、キャロットの三種類あります。
キャロットはにんじんペーストがはみ出すほどたっぷり入っていて、野菜臭さが全く無くほんのり甘いです。
ボリュームもあるので、手軽な朝ごはんとかにもいいかも。
ちなみに糸満にはFMたまんというコミュニティFMもあるんですよ。

eatman14.jpg
はみ出る美らキャロットちゃん
eatman15.jpg
ほんのり甘いにんじんが美味しい

5食目:美らキャロット餃子(遊食来)

eatman16.jpg

美らキャロット推しのこちらの店からは食欲をそそるこの一品。

eatman17.jpg

必要チケット数:2枚(200円)

屋台からはじゅうじゅうと餃子が焼けるものすごくいい香りを放っていました。
皮にも中の具にも糸満の美らキャロットがたっぷり使われていて、オレンジ色がきれい。
にんじんのせいでパサパサしているかとおもいきや、お肉もたっぷり入っていて噛むと肉汁があふれ出るほどジューシー!
ちなみにたまたまだと思いますが底が焦げて苦かったのがちょっと残念でした。

eatman18.jpg

残りチケットが1枚だけ余ったので、同じく遊食来さんの美らキャロットたるとと引き換え。
おみやげの定番、紅いもタルトの上の紅いも部分がキャロットになっているものですね。

----

ここでチケット1100円分食べきりギブアップ!次の選手にバトンタッチすることに。

 

<第二走者:たろう>

最近食べきる系の取材が多い気がします。こういう取材は売り切れも多いので開始前くらいに足を運ぶのがポイント。
というわけで明けて11日の朝から参加してきました。

6食目:肉まん(ユーカリまえはら)

xxx-29.jpg

xxx-32.jpg

必要チケット数:2枚(200円)

勢い余って11時開場のところを10時半くらいについたので、まずは現時点でさくっと食べられるものを。普通の肉まんなのですが、蒸し器に月桃が引いてあるようで、ほのかに月桃の香りも楽しめます。具材も結構大きめでこれはおいしい!

 

7食目:海鮮ちゃんぷるー丼(魚しげ)

xxx-25.jpg

xxx-28.jpg

必要チケット数:3枚(300円)

続いてがっつりご飯系を。海鮮ちゃんぷるー丼は酢飯ではなく、ご飯はイカスミじゅーしーで上に漬けにされたマグロがのったもの。うーん、どんなもんだろうと思ったんですがこれめちゃめちゃうまかったです。今回では私の一押しメニューでした。しっかり下味がついたマグロとイカスミのコクがうまい具合に合っていてこれはアリだなーと思いました。

 

8食目:海ぶどう麺(?)

xxx-35.jpg

xxx-38.jpg

必要チケット数:3枚(300円)

続いて麺類を。海ぶどうを練り込んだ「海ぶどう麺」です。冷たい麺に冷たいスープととろろ、わさびのトッピングです。海ぶどうも乗っています。これはおいしいはおいしいのですが、この日が雨がちで結構寒かったので温かいときに食べたかった!

 

9食目:カマボコバーガー(木彫館)

xxx-42.jpg

xxx-44.jpg

必要チケット数:2枚(200円)

もうお腹が…。木彫館はあの超でかい「しかまサンド」(写真右上)を販売しているお店。
しかまサンドは1000円でこれ買うのにチケットがほぼ1セット必要になるというお値段なのですが、今回の出店ではしかまサンドをいくつかのバーガーに分けて販売している模様。
今回食べた「カマボコバーガー」はかまぼことトマトとレタス、キュウリをパンで挟んだバーガーです。かまぼこについているマスタードがアクセントで肉はなくても不思議なジューシーさを感じました。

 

10食目:うまんちゅ鍋(?)

xxx-46.jpg

必要チケット数:2枚(200円)

会場に到着してから早2時間程度が経っていますが、一向に開店しないお店が1店。それが上の「うまんちゅ鍋」です。お昼が近づいていたので、そろそろ開店する模様。

さすがにお腹が苦しくなってきたので、「野菜たっぷり」だし汁物ということで頼んでみました。

xxx-48.jpg

...Oh

なんかものすごい量の料理が出てきてしまいました。人参の混じったジューシーのおにぎりと漬け物、うまんちゅ鍋にはキャベツや人参、ムジ(田芋の茎)だったりものすごい量の野菜と豚肉が味噌仕立てで入っています。味噌汁なのに野菜の甘みがたっぷりでこれはコストパフォーマンスも含めてすさまじい一品でした。

人間食べ過ぎると手が震えてくるのをご存じでしょうか?うまんちゅ鍋が想定よりも大量だったこともあり、ここで私もギブアップ。あとは残り二選手にバトンを渡します。

 

<第三走者:miooon>

ふぇーばるグルメコンテストで「早く来ないと売り切れる」と学んだはずなのに、今回も到着したのは午後1時。
おかしい!誰かがわたしの時間を奪っているわ!
そんなことより、今回はふぇーばる祭りとは違った意味で遅く来るとダメということを学んだのです。

11食目:こま豚丼(福島魂)

eatman21.jpg

ここまでmycoとたろうさんが頑張ってくれたので、まだ食べていないお店は3店舗。
到着後、さっそく福島からの出店「福島魂」を訪れました。

復興へ駈けた、この一杯!「こま豚丼」をください

eatman22.jpg

eatman23.jpg

必要チケット数:5枚(500円)

豚にしっかりついたタレでごはんが進みます。美味しい!

でもなんというか、想像以上のボリューム。
食べても食べても減りません。
まだ最初の一杯なのに半分を食べたぐらいからお腹が苦しくなってきました。
 

12食目:魚汁(優秀ゆたしく)

eatman24.jpg

eatman25.jpg

必要チケット数:3枚(300円)

さかな屋さんのちらし寿司も気になりますが、すでにお腹いっぱい。迷わず魚汁を選びます。

風がとても冷たい日だったので、魚汁の温かさが染みます。美味しい。
しかし満腹の胃に魚汁が隙間を埋める感じで貯まってゆくのです。
ううう、苦しい。

もっと軽め目のものをたくさん食べて楽しみたかったのに、まさかの2品でギブアップ。
もちろん美味しかったんですが、豚丼も魚汁もどこでも食べられると思うんです。
目を付けていたアイデアグルメもあったのに、もう手が伸びませんでした。無念!
来年はスタッフで1番早く来るのを目標にします・・・。

ラスト一品は最終走者に託しましょう。

 

<最終走者:Naoki>

13食目:もずくそば(糸満漁協 上智商事)

私が到着したときには、すでにmiooonが2品食べ始めていました。
これは余裕だな...と思い、しばし観光協会の方と談笑。そろそろ食べようかとお店に向かったら、

まさかの売り切れ。そして閉店。

もずくそば売り場には誰もいません。

......。

これは怒られる...と思った私は観光協会の方にお願いして、もずくそばを作ってくれるお店を探してもらいました。
作ってくれたのは、4食目でmycoが食べた「たまん焼き」のお店。

eatman50.jpg

ん?同じたまん焼きのお店だけど店名が違う?

お話を聞くと、もずくそば作りはこのお店に委託されていた。
実際はこのお店がそばを茹で、出汁を注ぎ、具を乗せるまでおこなっていたそうで。

eatman51.jpg

必要チケット数:0枚。本当なら3枚(300円)これはどんぶりが大きいので500円だったらしい。
ちなみに麺だけ隣のファーマーズで買ってきました。150円

もずくそばは、もずくを乗せたもずくそばだった。

具で使っている「乾燥もずく」がメイン。
普通に沖縄そばです。もずくの味はあまりしません。もずく嫌いな人でも食べることができそう。

さすがにこれだけを食べて帰るのも、お店の方に申し訳ないのでもう一品食べることに。

eatman52.jpg

必要チケット数:2枚(200円)

商品名は表示がなくわからず。美らキャロットがたくさん入ったお好み焼き。
人参が甘くておいしい。キャベツとの相性良し。家でお好み焼きやるときも人参の千切り入れてみるのもアリかな。
マヨネーズは控えめに。

以上13店舗のエントリーでした

ということで最後は若干無理矢理でしたが、全13舗のグルメの食い倒れ達成!
最初は恥ずかしくて言えなかったけど今なら言えます。
「We are EAT-MAN!!」イエー!

糸満のみなさん、ごちそうさまでした。

気になる結果はわかり次第追記したいと思います。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ