2012.03.13

普天間基地ぐるり一周散歩(前編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
普天間基地をぐるり歩いて一周!いったい何時間かかるのか、体力的に大丈夫なのか。真夏にはできないある意味この季節ならではの挑戦です。

みなさん、最近歩いてますか?
沖縄は車社会で1人1台所有しているのもあたりまえなので、歩く機会が極端に少ないと言われています。
運動不足やアメリカ文化に影響された食生活が原因となり、長寿県のイメージがある沖縄ですが、2002年には都道府県別の平均寿命で沖縄の男性が全国平均を下回り26位に転落した、いわゆる「26ショック」という出来事もありました。ちなみに女性は現在も全国1位(2012年ランキング)。

そこで老若男女、手軽にはじめられる運動といえばウォーキングやジョギング。
私も最近は週末ごとにあちらこちらほっつき歩くようにしているのですが、宜野湾に住んでいることだしどうせなら普天間基地を一周してみようと思いたつに至りました。

はたして何時間かかるのでしょうか。完歩できるのでしょうか。
 

佐真下公園からスタート

スタート地点は普天間基地のいちばん南側、滑走路の誘導灯が並んでいるGATE2。
ここから反時計回りにぐるっと一周してみることに。

fsanpo01.jpg
GATE2の看板が
fsanpo02.jpg
すぐ横には佐真下公園

fsanpo03.jpg

それではいざ出発。
なんかやる気無いように見えるのはお天気が悪いのとひじが曲がってるからです。

map1.jpg

fsanpo04.jpg

せっかくなので歩数もカウントしてみることにしました。スタート時の歩数は3283歩。
スタート地点までも歩いて来たので既にけっこういってますね。
 

フェンス沿いをゆく

しばらくはフェンス沿いに舗装道路が続いています。
このフェンス一枚隔てた向こうはカリフォルニア州なんだなあ。

fsanpo05.jpg

fsanpo05.jpg

このあたりの住所は宜野湾市宜野湾一・二・三丁目。ちょうど沖縄国際大学の裏手あたりです。

fsanpo07.jpg
気になる美容室
fsanpo08.jpg
気になる石碑

歩道脇になにかぶらさがっていたので近づいて見てみると、

fsanpo05.jpg

沖縄そば in ビニール袋。
誰が、どんなシチュエーションで、なんのために。

歩いていると車では気づかないこういう不思議な光景に出会えるのでワクワクしますね。

fsanpo05.jpg

フェンス横の菜園。住宅が建てられないのか、このようにフェンス沿いを農地利用している場所も多く見られました。

fsanpo11.jpg

フェンスの向こうに側に植物に覆われてものすごく風化した監視小屋(?)が。
一瞬『千と千尋の神隠し』的な世界に迷い込んだかと思いました。

ずっとフェンス沿いに行くことも考えたのですが、すごく急勾配な場所があったり水路があったりヤブの中をかき分けて進むような場所もあるので、歩きやすい道を選んで街の風景も楽しみながら歩くことにしました。

map4.jpg

fsanpo12.jpg
山登りかと思うほどの勾配が...
fsanpo13.jpg
あ、内側に入れそうな場所発見

フェンス沿いから外れてみると、そこはいこいの市民パークでした。

fsanpo05.jpg

fsanpo05.jpg

この看板を見て思い出したのですが、そういえばフェンス沿いの藪の中にはハブが潜んでいる可能性が...。しかも雨上がりという好条件。

まだ死にたくないです。
 

なにげない街の風景がおもしろい

そのままぐんぐん歩いていくと、宜野湾自動車学校の裏手付近に到達。

fsanpo05.jpg

R330沿いから入り口は見たことありますが、こうやって間近に見るのははじめて。
休みだったのか、妙に閑散としていました。

fsanpo05.jpg

なんか大きな工場があると思ったら沖縄綿久寝具さんでした。
隙間からチラ見してみるとリネンがいっぱい。これは工場見学してみたい。

fsanpo12.jpg
なんだこれ!?矢印の方向に歩いてみたのですが...
fsanpo13.jpg
「世界文化アパート」という完全名前負けの普通のアパートがあるだけでした

map2.jpg

fsanpo12.jpg
宜野湾中学校は工事中で通り抜け不可
fsanpo13.jpg
迂回するとR330に出てきました

fsanpo05.jpg

中学校の裏手に見事な赤瓦屋根の空き家発見。このまま廃れていくのはもったいないなあ...。

fsanpo05.jpg

ゲートに出てきました。普段は使われていないゲートのようです。
 

大冒険は続く

fsanpo05.jpg

ときにはこんな水路を渡りつつ、進路を北にとりぐんぐん進んでいきます。

私設美術館である佐喜眞美術館の案内看板が。
実はまだ入ったことがないので、こんど時間のあるときじっくり見に来ようと思います。

fsanpo12.jpg
住宅地から一本入ったところにあります
fsanpo13.jpg
「沖縄戦の図」が常設展示されています

fsanpo05.jpg

このあたりの住所は宜野湾市上原一丁目。
左上に天女が飛んでいるのは、宜野湾の羽衣伝説がモチーフになっているものと思われます。

と、ここで歩数計を見ると

fsanpo05.jpg

\一万歩達成!/

ちなみにはじめての道ばかりで新鮮だからか、疲れはまったくありません。
休憩なしでさらに歩を進めていきます。

市役所の向かい、消防庁舎の横にある市民広場に出てきました。
この市民広場は米軍基地内にある空き地で、基地の運用に支障がないことを条件に1970年代から開放されており、通常午前5時から午後11時までゲートが解放されています。

fsanpo05.jpg

広場内には駐車場と野球場と多目的グラウンドもあり一般利用が可能。

fsanpo12.jpg
少年野球の練習試合が行われていました
fsanpo13.jpg
アメリカ海兵隊が管理しているようです

map3.jpg

マップで見ても基地の中。
こういった特異な場所も沖縄ならではですね。
 

腹ごしらえして後編へ!

さきほどの市民広場からR330沿いに下って行くと、普天間基地の大きなゲートに出ます。
平日はたくさんの車が出入りしている場所ですね。

fsanpo05.jpg

fsanpo12.jpg
このあたりの標高は89m
fsanpo13.jpg
SONY坊やが交通安全を見守っていました

このあたりで普天間基地の北の端に到着!
住所で言うと宜野湾市普天間。ぐるり一周コースの約半分ほどきたでしょうか。

map5.jpg

この日は気温が低くてずっと動いていても寒く、さらにお腹がすいてきたこともあって、普天間にある美味しいラーメン屋さん『まるよし』でお昼休憩をとることに。

fsanpo05.jpg

腹ごしらえしたら残り半分踏破に向けて再出発です!

後編へつづく。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ