2012.07.05

アダンを食べてみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
沖縄の海岸沿いでよく見られるアダン。パイナップルに似ているが味はどうなんでしょうか。

以前、那覇空港から家路に就くためゆいレールに乗っていると、観光で来たと思われる親子の会話。
「お母さん見て!パイナップルがなってる!」「まぁほんと。大きなパイナップル美味しそうね」

親子が見ていたのはパイナップルではなくこの木。

それはタコノキだった

adan_08.jpg
タコノキ

那覇空港駅から奥武山公園駅までのレール下には、タコノキが植えてある場所がある。
親子はタコノキになっていたタコの実を見て、パイナップルと思ったのだろう。

adan_09.jpg
その名の通り、タコの足っぽい気根が特徴

タコノキはタコノキ科の雌雄異株。タコノキは小笠原諸島の固有種。食用油の原料に使われることも。観葉植物としての人気もあるそうです。

adan_03.jpg
これがタコの実

タコの実は熟れてくると色が黄色に変わる。
黄色くなってすぐに外側の実は落ちてしまう。

adan_04.jpg
熟れるとゴツゴツした部分が落ち中身がむき出しに
adan_06.jpg
甘い香りに誘われてアリがハンパない

「あれも食べてみるか」。

adan_05.jpg
甘く切ない香りがする

まだ熟れたてのものがあったので採ってみました。こいつアルコール臭い。お酒の匂いがする。
わかりやすく言うと、飲み干したビールの空き缶の匂い。間違いない。落ちていた果実と、これも食べてみましょう。

ちなみにパイナップルはこのように栽培されています。

adan_01.jpg
パイナップル畑
adan_02.jpg
パイナップルは木ではない

アダンを採りに

今回のメインディッシュであるアダンを採りに恩納村へ。アダンは読谷以北の海岸沿いでよく見かけます。
以前上陸した無人島に、熟れたアダンが大量に実っていたので再上陸。この日は大潮の干潮だったので歩いて上陸できました。約15分。

adan_11.jpg
アダンのなる無人島へ上陸

アダンは、先ほどのタコの木と同じタコノキ科の木。タコノキと似ているので間違えやすい。初めて見る人はどっちがどっちだかわからないと思う。
アダンの果実はヤシガニの好物。また読谷村にはアダンで作った筆などもあります。

adan_18.jpg
アダンは地面スレスレにも
adan_12.jpg
まだ熟れていないアダンの実

真っ直ぐ伸びるタコの木と違い、アダンは上にも横にも伸びる。
タコの木は、葉から離れて実だけがぶら下がっているのだが、アダンは葉っぱに近いところに実をつける。

adan_16.jpg
豊作です

adan_13.jpg
葉っぱはかなり危険

adan_14.jpg
my鎌を持って海を渡って来ました
adan_15.jpg
鎌を使うこと無く捻ったら採れた

黄色く熟れて見えるこのアダン。まだ熟しきっていなく固い。食べられるアダンは、スナックパインのようにちぎったら取れる実の部分。

adan_24.jpg
甘いのか、アリがすごかった

比較

adan_19.jpg
似てるっちゃー似てる

左から、まだ熟れていないタコの実・熟れはじめたアダン・食べごろのスナックパイン。
初めてアダンやタコの実を見る人は、全部パイナップルに見える人もいるのでは。

adan_20.jpg
葉っぱを付ければパイナップルに見えるか
adan_21.jpg
パイナップルの葉は外側全体がギザギザしている
adan_23.jpg
タコノキの葉の鋸歯は茶色く大きめ
adan_22.jpg
アダンの葉の鋸歯は白く目立たない。危ない

タコノキの葉もアダンの葉も鋸歯(ギザギザしたもの)が鋭い。
タコノキは茶色く大きめの鋸歯なのでわかりやすいが、アダンは白く細かいのでわかりにくい。
両方の葉とも、葉の裏の中心部に棘がある。表面からは見えないので刺さりやすい。要注意。
アダンの鋸歯の向きは、葉先側では先向き、根元側では根向きになっていて、どちらでも刺さるようになっている。これが憎い。

採るときは葉の裏にも棘があるので気をつけてね。

アダンを食べてみる

adan_26.jpg

包丁で切ってみる。
外側は固い皮。ジャリジャリという繊維を切る音がスゴい。途中までは柔らかく簡単に切ることができたか、中心近くは固く、力を入れないと無理だった。

adan_27.jpg

中心部は繊維質で白く固い。この白い部分が可食部らしいのだが、繊維だけでとても食べられたものではない。もう少し熟れたらたべられるのでしょうか。

adan_29.jpg
少し甘酸っぱい匂い
adan_30.jpg
繊維がスゴい

adan_31.jpg
味は表情で判断してください。基本的に無味です。

味はほのかに甘い柿。甘いといっても甘さが微妙にわかるくらい。繊維がスゴいので食べるというより「しがむ」感じ。
サトウキビを噛じるのと同じ感じ。

タコの実を食べてみる

adan_34.jpg
パイナップルというよりドリアンっぽい
adan_35.jpg
可食部は外側の実らしいが

アダンと似た外側の実を食べてみたけど、ほんのり甘い似た味でした。

adan_36.jpg

アダンとの違いは外側の果実ではなく実が付いていた内側。アダンの実の内側は熟れるとスカスカになって何も残っていない。
タコの実は内側にも実が残っている。

adan_37.jpg

切ってみると中心は白い。外側は蒸かしたジャガイモみたい。とにかくお酒の匂いしかしない。発酵しているのか?

adan_38.jpg

食感はカニステルやラ・フランスに似ている。ちょっとホクホクした食感。
味はほんの少し甘酸っぱいジャガイモ(←コレまずそうだけどまずくはなかった)。でもほとんど味がない。
アレンジすれば、美味しく化けそうな食材ではある。このアルコールっぽい匂いをアルコールチェッカーで調べてみれば良かった。

やっぱりパイナップルは美味しいんだ

パイナップルと似たアダンとタコノキ。
アダンの実は昔、沖縄で食べられていたし(葉の新芽は八重山地方で今も食べるそう)、タコノキは小笠原で現在も食べられているそうだ。

食べられないわけではないが、ほぼ味がなく(ほんの少しだけ甘いけど)また食べようとは思わなかった。もう少し熟れたら甘くなりそうではあったが、そこまで変わらないと思う。

adan_40.jpg
スナックパインの甘さはハンパじゃない

初めて沖縄へ観光で来るみなさん、海沿いで見かける木になっている果実はパイナップルではなくタコノキ、もしくはアダンの実です。食べても大丈夫だと思いますが、甘くないのでやめておいたほうがいいかも。

アダンもタコノキも食べた僕はお腹を壊すことも無く元気です。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ