2013.04.02

ソーメンチャンプルーが食べたいのにソーメンが無い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
常備しているはずのソーメンがない!そんな時どうしますか?

たまに食べたくなるソーメンチャンプルー。
常備している家庭が多いツナ缶とソーメンがあれば作れてしまう、沖縄では台風時の定番料理でもあります。

soumen_01.jpg
ソーメンタシヤー

豆腐が入っていないので、チャンプルーではなくソーメンタシヤーが正式名称とのことですが(タシヤーとはご飯やソーメンを炒めたもの)、チャンプルーのほうが一般的ですよね。

このソーメンチャンプルー、その名の通り主役はソーメンですが「あー、ソーメンチャンプルー食べたいなー」と思って台所に行くとソーメンが無い!という経験はありませんか?
どうしても食べたいけどソーメンが無い。でも他の麺ならある。ならば代用してみよう。

ということでソーメンチャンプルーのソーメンに代わる麺はあるのかという調査です。

具だけ作っておく

soumen_10.jpg
ツナ缶・ニラ・もやし・にんじんを出汁で炒め煮る

どこのお店もソーメンチャンプルーの具は似てますよね。多いのは、ニラ・もやし・にんじんあたりでしょうか。
ソーメンチャンプルーって意外と作るのが難しいんですよね。ソーメンがくっついて固まってしまうことが多い。
ツナ缶の油を捨てずに全部入れて、出汁を多めにしてソーメンに吸わせるように作るとくっつきません。

soumen_09.jpg
沖縄では箱買いが定番のツナ缶
soumen_08.jpg
油は捨てずに入れてしまう

パスタで代用

まず最初の代用品は、ソーメンと同等の常備率だと思われるパスタ。

soumen_04.jpg

soumen_12.jpg

soumen_13.jpg

パスタに味がぜんぜん染みてない!
不味くはないけど旨くもない、万一コレがパスタ屋で出てきたらフォークを置くレベル。
だし汁を麺が吸ってくれないせいか、むしろ麺の方が具と化してる。
たぶん味付けを濃くしても、パスタとうまく味が絡まないと思われるのでNGかも。
パスタはご家庭常備度が高いだけに残念。

結果:無理やりチャンプルーにしなくて良い。
   普通にツナパスタを作りましょう。

日本そばで代用

続いての代用品は、沖縄では食べられることが少ない日本そば。
最近は大宜味村が日本そばを作って売り出していますね。

soumen_05.jpg
なんとなく八割そば

soumen_14.jpg

soumen_15.jpg

沖縄の家庭で「日本そば」を常備しているお宅は少ないかもしれませんが、
逆に買ったもしくは貰ったけれど使ってなくてずっと残ってる!というようなケースもあるかと。

そんな時の為に八割そばを使って実験してみました。

食感、麺同士のくっつき具合はソーメンに近くて一瞬小躍りしたのですが、
2,3口目あたりから、日本そば独特の香りが口の中を駆け巡り、自分が今何を
食べているのか一瞬脳内パニックになりがち。

結果:八割とか十割ではなく、もっとそば粉の割合が少ないそばならアリかも。

オキコラーメンで代用

レトロなパッケージがかわいいオキコラーメン。そのまま食べておやつにするもよし、お湯でほぐしてラーメンにするのもよし。
そのままボリボリ食べるとベビースターの味がして美味しいですよね。

soumen_07.jpg
まろやかなチキン味

soumen_11.jpg
結構塩が強めの味

soumen_16.jpg
水分多めで
soumen_17.jpg
麺が出汁を吸い始めたらほぐす

soumen_18.jpg

結果:普通に作ると味が濃くなりすぎますので要注意。

推奨作り方:
1. チャンプルーの具を炒める。ポイントは、この時点での味付けほとんど不要。
2.1.に水を多めに入れて沸騰させる。
3.フライパンを少し傾け、上の方に具を退避させ、下の方にお湯を集めてそこに麺を直接投入。ほぐれるまでしばし待つ。
4.麺がほぐれたらよけてた具と混ぜ合わせる。
5.オキコ麺から出た味で割と十分ですが、念のため味見してお好みに調整。

フライパン一つでできるのでとっても手軽。
野菜も摂れるしお子様のおやつによいかもしれません。

金ちゃんヌードルで代用

初めて見たとき、沖縄ブランドのカップヌードルだと思った金ちゃんヌードル。製造販売は徳島県にある徳島製粉。

soumen_06.jpg

沖縄県では、日清食品のカップヌードルよりも先に進出したこともあり、金ちゃんヌードルがカップ麺の定番となった[3]。現在でも月に3万~4万ケースが沖縄県に出荷されており、他都道府県の1.5倍近い売り上げだという。沖縄食材の販売店等にも置かれていたり、沖縄土産として持ち帰る、といったケースもある。- wikipediaより

soumen_19.jpg
お湯入れて3分
soumen_20.jpg
3分後、湯切りしてフライパンへ

soumen_21.jpg
あまり吸わせると伸びるので注意

soumen_23.jpg

コレが一番しっくり来ました。
おそらく、麺自体の塩加減がこの中では一番ソーメンに近いのと、
インスタント麺のクルクルが具とよく馴染むからでしょう。

推奨作り方:
1.チャンプルーの具を炒める。味付けはいつも通りでOK。
2.いつも通り、お湯を入れてカップラーメンを作る。
  この時、「かやく」は入れても入れなくてもお好みで。
  今回は入れませんでしたが、具が足りなさ気な時は入れちゃってもいいかも。
  「スープの素」は不要。
3.3分たったら湯を捨てる。
4.1.のフライパンに麺を投入、具となじませて味をチェックして出来上がり。

コレも、お湯さえあればフライパンひとつで作れます。
味つけも、ご家庭の普段どおりの味付けでできるので安心ですね。
総合評価1位です。

ソーメンは常備必須

以上4種類の麺で代用してみました。

一番美味しかった(ソーメンに近かった)のは金ちゃんヌードル。
オキコラーメンと日本そばは何か違う麺料理に。意外と合わなかったのはパスタ。

soumen_02.jpg

台風シーズンも近くなってきましたのでソーメン(または金ちゃんヌードル)とツナ缶の常備は忘れずに。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ