コーレーグスをどれくらい飲むと酔うのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
沖縄そばにかける島唐辛子を泡盛につけ込んだ「コーレーグス」。いったいどのくらい使ったら酔っ払うのだろうか。


(県内スーパーのそばコーナーにもある)

「コーレーグス」は泡盛に島唐辛子をつけ込んだもので、沖縄そば屋さんにはほぼ100%の確率で常備されている調味料です。かつてDEEokinawaでは世界各国のいろんなお酒でコーレーグスをつくったり島唐辛子以外でコーレーグスを作ったりもしました。

で、コーレーグスは泡盛ベースの調味料なので旅行者向けガイド本なんかには「そばにかけ過ぎると酔っ払っちゃうよ!」みたいなことが書いてあるわけです。

しかし、誰もが思ったんじゃないでしょうか?コーレーグスを果たしてどれくらい使うと酔っ払うのかと。

というわけで今回はそれを検証したいと思います。

 

コーレーグスを飲んでみる

というわけで用意したのはコーレーグス、水、牛乳、そしてアルコールチェッカーです。アルコールチェッカーはmycoが「ノンアルコール泡盛を開発する」で使ったものを借りてきました。

まずは胃を保護するために牛乳を飲みます。

アルコールチェック。当然現在の数値は0mg/l。

今回はコーレーグスで酔っ払う=車が運転できない=酒気帯び運転という形で考えてみることにします。

酒気帯び運転で検挙されるのは呼気1リットル中のアルコール濃度が0.15mg以上かららしいです。というわけで今回の検証は少しずつコーレグスを飲んでいき、どれくらいコーレーグスを飲んだらアルコール濃度が0.15mlになるのか、で検証を進めていこうと思います。

それでは行ってみましょう。

ペットボトルのキャップ1杯
コップに入れます

ペットボトルのキャップは2杯で大さじ1杯分(15ml)なのだそうです。とりあえずペットボトルキャップ1杯分、7.5mlから始めます。

最初はストレートで飲んでみることにします。

当然ですが辛い。辛いだけの飲み物です。泡盛のアルコール度数は30度前後が一般的ですが、口と喉が燃えるように熱い!

とりあえず間髪入れずにアルコールチェックをしてみます。

結果:0.15ml。

…あ…れ?終了?

 

このまま終わろうかと思ったんですが、流石に7.5mlで酒気帯びになってしまうと、そば屋でコーレグスを使った人が誰も運転できなくなってしまいそうです。

一旦水で口をゆすいで、再度アルコールチェックをしてみました。

結果は0.10ml。口の中をよくゆすがないと高い値がでてしまうみたいです。

 

キャップ2杯目(15ml)

続いて2杯目。

ストレートは流石にしんどいので水割りにしました。

水割りはストレートよりは口と喉に優しいですが、すでに唇が燃えるようです。

2杯目(15ml):アルコール度数0.10ml

さっきと変わらねぇ…。

 

キャップ3杯目(22.5ml)

3杯目にいきます。

そろそろこの企画が嫌になってきました。

飲みます。舌の上を転がすと辛いので、のどに流し込むとわりとスッキリ飲めます。

3杯目(22.5ml):アルコール度数0.10ml

(ほんとにこれ正確なのかよ…!)

 

キャップ4-5杯目(37.5ml)

全然数値に変化がないのでちょっと焦ってきました。

今度はキャップに2杯(15ml)一度に入れてみることにします。

上がキャップ2杯分を入れた水割りを飲んでいる写真ですが、何枚か撮ってるのにもかかわらず、全部ものすごい悲痛な顔をしています。この時点で唇のヒリヒリが限界です。

果たして結果は…

0.15ml(酒気帯び)!

というわけで実験ではペットボトルキャップ5杯分(37.5ml)コーレグスを使うと酒気帯びになることが判明しました。
まぁ、個人差もありますし、なにより今回使ったアルコールチェッカーが割と安いやつなので誤差も結構ありそうです。

 

37.5mlのコーレグスをそばに試す

ここで検証を終えても良かったんですが、せっかくなのでそば屋に来ました。

先ほどの検証結果「コーレーグス37.5mlは酒気帯び」を実際に確認してみます。

コーレーグスをそばに入れていきます。因みにそばが小さいんですがこれは「ミニそば」というやつで、通常のそばよりかなり小さいやつです。なぜなら直前にご飯を食べたので、そんなにそばが食べられなかったからなんです。

コーレーグスを37.5ml入れたそばを食べます。このミニそばの大きさだとこの量のコーレグスを入れるとほぼ泡盛の臭いしかしません。そばを食べてるんじゃなくて、なんか泡盛の水割りを飲んでる感じがします。

アルコールチェック
気になる結果は…

それではアルコールチェックをしてみましょう。

0.25ml(酒気帯び)!

さっきより高い数値になりました。一気にペットボトルキャップ5杯分を飲んだのが悪かったのか、機械の誤差なのかは分かりませんがこのくらいの数値だと確実に酒気帯び運転になりそうです(この日は他の人に車を運転してもらって帰りました)。

 

コーレーグスに気をつけろ

というわけで今回はペットボトルキャップにして5杯分くらいのコーレグスをそばにかける方は車の運転を控えた方が無難、という結果になりましたが、体質だったりいろいろありますのであくまで目安として参考程度に留めておいて頂ければ幸いです。

コーレグスをかけ過ぎると、そばはおいしくなくなりますのでそこまでかける方はいないとは思いますが。

余談ですが、コーレグスを飲み過ぎるとお腹が痛くなります。皆さんもお気を付けください。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ