2013.08.01

那覇ふ頭船客待合所は何があるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
那覇港のひとつ那覇ふ頭は、あまり行く機会がないふ頭。いったい何があるのでしょうか。

那覇港は那覇ふ頭を含めて4つのふ頭があります。

一番有名なのは泊ふ頭。通称とまりん。泊ふ頭からは渡嘉敷島、座間味島、久米島・渡名喜島、粟国島、北・南大東島へと周辺離島への旅客船、観光船が主。

泊ふ頭の北にある新港ふ頭。安謝港とも呼ばれていますね。ここからは、大阪や東京への旅客貨物船や、台湾やアメリカへの貨物船などが主。本土から、または本土へ車を送るときに利用するふ頭ですよね。

もうひとつは浦添ふ頭。新港ふ頭に隣接しています。定期航路は無く不定期船が利用しています。

あと若狭に大型クルーズ客船が寄港できるように、クルーズ船専用のバースができました。マンション並の大きさの船がアジア各地から入港しています。

 nahaport_37.jpg

そして今回紹介する那覇ふ頭。
泊ふ頭や新港ふ頭が出来る前は多くの航路があり賑わっていた那覇ふ頭。
今では、鹿児島ー奄美大島ー徳之島ー沖永良部島ー与論島ー本部ー那覇を結ぶ鹿児島航路だけが残っています。他にディナークルーズができる船や水中観光船もありますが。

なかなか利用することがない那覇ふ頭。何があるのか気になっていたので行ってきました。

これといって何もない

 nahaport_36.jpg
駐車場はあるけど有料
 nahaport_35.jpg
ANA・JAL・SWALと時代を感じる航空会社ロゴ
nahaport_41.jpg
朝6時過ぎは鹿児島航路のお客さんで賑わう
 nahaport_04.jpg
夕方には観光船のカウンター前が賑わいだす
 nahaport_14.jpg
夕方になるとあらわれる沖縄ミリカジグッズ
 nahaport_15.jpg
なぜか売っているちんすこうは20円

何もなくてどうしよう

 nahaport_03.jpg

かりゆしウェア展示即売所はひっそり営業しているっぽい。
この場所、新作かりゆしウェアが市価の半額近くで購入できるそうです。

 nahaport_17.jpg
クイクイもかりゆしウェア推し
 nahaport_34.jpg
海邦国体は26年前

沖縄ゆるキャラ事典にも登録されているクイクイがアチラコチラにいます。

 nahaport_02.jpg
2階は送迎デッキとありますが今は関係者以外立ち入り禁止に
 nahaport_05.jpg
美佐商店ももうない。案内看板のみ

 nahaport_09.jpg

ガラーンとしたホール。2階は物置になっていて立入禁止。展望デッキ行きたいのに…。

 nahaport_11.jpg

車の輪止めだけが残っているイルカ食堂は、波布食堂と嶺吉食堂に対抗できずあえなく閉店したのだとか。
有名店に囲まれては商売にならなかったのかもしれません。

 nahaport_18.jpg
デカ盛りで有名な波布食堂
 nahaport_39.jpg
てびちで有名な嶺吉食堂は残念ながら今年末で終了することが決定している

松川商店

 nahaport_01.jpg

那覇ふ頭唯一の売店「松川商店」。

営業時間は朝五時から夕方五時まで。原則として日曜祝祭日休みだそうです。店は50年近くやっており、現在のおばちゃんで三代目。
泊ふ頭と新港ふ頭ができてからは入港する船も減り客足が減ってしまったけど、往時はとても賑やかだったとか。
ちなみに現在の港利用のシェア率は、とまりんが約40%ともっとも多く、次いで新港ふ頭33%、那覇港は10%を超える程度。

 nahaport_19.jpg
おにぎり類は競争率が高いのでお早めに
 nahaport_06.jpg
年代を感じるが中身は新しいはず

船の長旅でも大丈夫。酒、飲み物、お菓子、カップ麺、缶詰など豊富に取り揃え。
もちろん缶ビールも冷えてます!

看板にある弁当は今は売っておらず、代わりにおにぎりと菓子パンがありました。

 nahaport_31.jpg
もどし税ウイスキー?
 nahaport_28.jpg
ハブ酒のハブは久米島産で2m45cm!売り物では無いっぽい

もどし税とは、沖縄を離れる観光客や県民に対してウイスキーやブランデー、香水などの8品目を対象に物品税(のちの消費税)や酒税を払い戻す制度。1972年から2002年まで観光産業を振興するために導入されたもの。2002年に廃止されてから代わりにできたのが新都心にあるDFS。ざっくり簡単にいうと免税ってことでしょうか。

 nahaport_23.jpg

もどし税があったころは洋酒や香水がよく出たそう。廃止以降は、洋酒や香水であふれていた棚には泡盛がところ狭しと並んでいます。

ハブ酒のうるまはおそらく旧パッケージ。レアかもしれません。
ピンクの瓶は、まさひろのソフト泡盛12度。これもレアパッケージかもしれません。
あとは現行ラベルデザインの泡盛でした。お値段はスーパーよりはちょっとだけ高め。今は免税とはいかないようです。

 nahaport_29.jpg

長くアメリカ統治下だった影響もあり、外国製菓子も多く売れたとか。その名残は現在でもあり、様々な外国製菓子が揃っています。チョコレート系菓子が多いかな。

 nahaport_26.jpg
全部チョコ
 nahaport_27.jpg
マカダミアナッツチョコもある。イメージはハワイ?

 nahaport_20.jpg

割と豊富なカップラーメン類。日をまたぐ航路もあるような長い船旅には欠かせません。

 nahaport_21.jpg

シーサーもそれなりに揃っています。おみやげを買いに行く時間がない人にはありがたいかもしれません。

その他には、祝儀袋、財布、傘、絵はがき、花瓶、おむつ、麩久寿のくるま麸、島ぞうりにサングラス、帽子、キーホルダー、その他きっと年代物の何かなど、あらゆるジャンルの物が。意外とお宝が見つかるかもしれません。

 nahaport_30.jpg
定番のお土産類は種類が多い
 nahaport_24.jpg
シュールなおもちゃ類。長旅には必要かも?
 nahaport_08.jpg
民謡テープ・CD・ビデオも
 nahaport_07.jpg
ハイカラな帽子も揃う

 nahaport_22.jpg

船の見送りには欠かせない紙テープも売っています。これ、見送った後に掃除するの大変ですよね。

まとめ

 nahaport_38.jpg

何かしらネタが落ちているだろうと思って行ってみた那覇ふ頭。特にこれといったものがなかったし、せっかくなのでこのまま船に乗ってみようと思います。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ