NYで沖縄を探してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
10月某日、アメリカはニューヨークのとある場所で開催された沖縄県人の飲み会に潜入してきました。現地から「NYの沖縄」の様子をお伝えします。

みなさん、こんにちは。
アメリカのニューヨークに長期滞在中の生粋のうちなーんちゅ、たんぽぽと申します。

せっかくニューヨークにいるので「NYの沖縄」を探すべく日々アンテナを張って生活をしているのですが、これといったものが見つからずはや数ヶ月。見つけたものといえば沖縄そばのインスタント麺くらいで、残念なことに味はあまり沖縄そばっぽくありませんでした。

ny01.jpg

インターネットでもいろいろと調べてみたところ、以前ニューヨークにあった沖縄料理のお店は数年前に閉店したらしく、なんとNYでは沖縄料理店は現在1軒もないのだそうです。

そこでこんどは「沖縄県人会」について調べてみたところ、どうやらかなりの人が参加している模様。
NY在住の沖縄県人に会ってみたい!

期待が高まります。
 

沖縄県人の飲み会に潜入してみた

NYで出会う日本人に何か聞いたらわかるだろうという軽い気持ちで、

「何かNYで沖縄に関する情報ないでしょうか?」
「沖縄料理食べられるお店ないでしょうか?」

と尋ね続けて数ヶ月が過ぎたころ、やっと前に沖縄料理店で働いてたという人と遭遇。
「沖縄の人知ってるから紹介するね」と紹介してもらった方が、なんとNY沖縄県人会で副会長をされている国吉 歳木朗さん。

何度かメッセージをやりとりしていたところ「うちなーんちゅ飲み会 in NY」というイベントに招待されました。 「うちなーんちゅか沖縄好きな人がいたら適当にinviteしてくださいな!」とのこと。
さっそく飲み会に潜入してみました。
あまりに張り切りすぎて、一週間も開催日を間違えて行ってしまったのは内緒です。

今回お邪魔したのは歳木朗さんのスタジオ兼ご自宅。 アメリカに住んで11年だそうで、「日本人というだけでも仲良くなれるのに、更に島国の島国である沖縄の人に会うとでーじテンションあがります。」とのこと。
さらに沖縄県人会に関わるようになったのは「NYに出てきているウチナーンチュに1人でも多く会いたかった」からだそうです。

興味津々で扉を開くと・・・

まだ誰も来てなかった!

ny01.jpg

18時からということだったので、18時30分くらいに着くように行きましたが1番乗りでした。

さすが沖縄県人、NYでもうちなーたいむ。

2時間後にはたくさんの人が集ってきてワイワイガヤガヤと。
私もたくさんのウチナーンチュに会ってテンションあがりました。 最終的には20~30人くらいは居たかと思います。とにかく続々と人が集まりました。
ベビーシッターとして働きながら住んでいる方(若い女の子がいっぱい)や、結婚して移住したという方、学生さんなど、沖縄県人であふれていました。

あちこちから聞こえてくる沖縄なまり。ほとんどの方が初対面だったので、沖縄のどこの出身ですか?という質問からはじまり、地元の話、NYでどんなことをしているのかという話題で盛りあがりました。

ny01.jpg

ny01.jpg

ny01.jpg

そして、続々と出てくる沖縄料理。
沖縄料理が登場するたびに、歓声が起こっていました。やっぱり地元の料理が恋しいですよね。

ny01.jpg

ゴーヤーチャンプルー。

ny01.jpg

ジューシーおにぎり。

ny01.jpg

ラフテーも。

一番驚いたのはこの飲み会で手作りされたジーマミー豆腐。
作り方を知らなかったので、調理中ずっと観察していました。

ny01.jpg


ジーマミー豆腐の材料であるピーナッツはアメリカでも手に入りますが、ピーナッツバターを使っても作れるそうです。

ny01.jpg

絞って、タピオカを入れて、とろとろになるまで火にかけます。

ny01.jpg

そして、バットに流し込んで冷やして出来上がり。

ny01.jpg
(完成したジーマミー豆腐)

タレも黒糖を使って手作りです。
まさかアメリカでジーマミー豆腐が食べられるなんて!かなり感激しました。

その後、飲み会は朝5時まで続いたそうです。飲むならとことん朝まで、というのもさすがウチナーンチュー。
私は夜中2時頃にギブアップして帰りました(歩いて帰れる距離でよかった・・・)。 帰りがけにNYで売っているゴーヤーをお土産にもらいました。
 

NYでゴーヤーチャンプルーを作ってみる

ゴーヤーは日持ちしないので、さっそく自宅で調理してみました。

NYで売っているゴーヤーは「BITTER MELON」と表記されています。日本で一般的に流通しているものと比べ、表面のデコボコがほとんどありません。本当に同じ味がするのかと最初は不安に。

ny01.jpg

ゴーヤーチャンプルーに欠かせないポーク(SPAM)も探してみたところばっちり売っていました。たまたまセールしていたので2ドル99セント(約300円くらい)で購入。SPAM といえば Made in USA なのに、沖縄で買ったほうが安いという不思議(安売りのときは200円を切ることも)。

ny01.jpg

豆腐はヘルシーで人気だからか、NYでもどこにでも売っています。
量が多かったのでゴーヤーチャンプルとゴーヤーのあえもの2品作って完成!

ny01.jpg

色も薄くてデコボコもないのに、NYのゴーヤーの方が苦く感じました。
が、もちろん美味しくいただきました。

NYで沖縄料理を食べるには

結論。NYには現在沖縄料理店がないので沖縄料理を食べたくなったら、

沖縄の飲み会に参加するのが一番てっとり早いと思います。

というわけで、また沖縄県人の飲み会を開催して欲しいと思っています。

また、NYでは最近日本のラーメン店がたくさん開店しているので、沖縄そばのお店があったら絶対流行るんじゃないかと思っています。誰かお店開いてくれないかしら・・・。

次は美味しい沖縄そばが食べたいと思う今日この頃です。

ゲストライター

たんぽぽ
沖縄生まれ沖縄育ち。突然思い立って渡米し、ニューヨークへ語学留学中。みーぐるぐるー(あちこち見る)しながらニューヨークの沖縄情報を探し中。DEEokinawaを物陰からずっと観察してた人。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ