2014.03.24

光とガラスの迷宮 ゴールドラビリンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
昨年から恩納村のとあるガラス工房前で見かけるようになった怪しげな看板。その名も、光とガラスの迷宮 ゴールドラビリンス。いったいどういうものか気になったので訪れてみました。

沖縄本島の北部、西海岸(東シナ海)側に位置する恩納村。
美しい海岸沿いに数々の大型リゾートホテルがひしめき、土産店や居酒屋、そして琉球ガラスの体験工房などがたくさん並んでいるエリアです。
その恩納村にある一件のガラス工房に、昨年突如として現れた謎の看板の存在を皆様はご存知でしょうか?

国道58号線を走っていると道沿いに見えてくる仰々しい謎看板。そこには、

これは新感覚!世界発・沖縄初
光とガラスの迷宮 ゴールドラビリンス

と書かれているのです。
光とガラスの迷宮・・・。ゴールドラビリンス・・・。
とにかく気になるネーミングなので中を訪れてみることにしました。
 

すでにラビリンスな店内

こちらの怪しいピンク色の建物がゴールドラビリンスがあるという恩納ガラス工房

かなり時代を感じる雰囲気ですが、広い駐車場が完備されており県外から訪れた観光客らが立ち寄りやすいお店のつくりとなっています。

こちらが正面入り口。左側の扉には手描きの貼り紙には下記のようにあります。

光とガラスの路 世界初ここに上陸
おかげさまでガラスの路は好調です。豊かさの象徴ゴールドの光を体いっぱい浴びて夢を大きく自分自身に自信が持てるようになる。ゴールドはそのような意味があります。ぜひ体感して明日の力にして下さい。夢と希望を大きく育む。(原文ママ)

・・・うん。すごく怪しいね。
ちょいちょい誤字があるようですが、ここは敢えてなのでしょうか。扉を開けて店内へ入ってみます。

琉球ガラスのグラスやお皿、花瓶、ランプシェード、オブジェをはじめ、菓子や泡盛、Tシャツなど、ありとあらゆる沖縄みやげがこれでもかと大量に展示販売されています。

琉球ガラスを使ったインテリア・エクステリアののショールーム的なスペースも。

かと思えばブルーシールアイスクリームのイートインスペースまでありました。とにかく雑多な印象。

お手洗いは男性側の入口表示イラストが某ル◯ン3世なのに対し
女性側はなぜか和服姿の女性...そこは普通フ◯子ちゃんでしょう

ふと気がつけば、ここまであんなに外でアピールしていたはずのゴールドラビリンスの『ゴ』の字も店内の案内で見かけません。光とガラスの迷宮はいったいどこに。

と、ものすごく目立たないところに2Fへと続く階段を発見したのであがってみます。

2Fにも琉球ガラス製品がずらり。とにかく商品点数がものすごいことになっています。
すると、その一画に妙な違和感を感じる80年代ディスコさながらの光の明滅が繰り返されているエリアがあったので近づいてみると・・・。

なんぞこれ。

光り輝やく万華鏡
大きな大きな珍らしい万華鏡でーす ぜひどうぞ
観覧料¥200 OPEN 12月27日

どうやらこの2台並んだド派手な筒は、200円を入れるとのぞくことができる巨大万華鏡のようです。
もちろんその大きさにも驚きますが、それよりも明滅を繰り返す謎のLED照明に圧倒されます。
なんとなく200円が惜しかったのでこれはやりませんでした。気になる方は是非試してみてください。
 

ようやくゴールドラビリンスに到着

紆余曲折を経てようやく建物2Fのいちばん奥に位置していた目的の“ゴールドラビリンス”にたどり着きました。

というか、ここにたどり着くまでもじゅうぶんラビリンスなのですが。

こちらがゴールドラビリンスの入口。さきほどのディスコ状態の巨大万華鏡と比べるとかなり地味な印象です。
いったいどっちを前面的にPRしたいのでしょうか。

入場料は大人650円。支払うと、何故か島ぞうりの色とサイズを選ぶように言われます。
どうやらゴールドラビリンスに入るにはこの専用島ぞうりでなければならないそう。

受付前で履き替えます
そして片平なぎさ的な白手袋も支給されます

身支度が整ったところでようやく入場が可能に。
青いカーテンの向こう側に広がるゴールドラビリンスへいざ...!
 

そこは光とガラスの迷宮

カーテンの向こう側には本当に光とガラスの迷宮が広がっていました。

途中、何箇所かで謎のオブジェ小窓が現れたり。

光が点滅するエリアがあったり。

地面が透明になっているところは地味に怖い...!

どこまでも反射する青い光やオレンジの光。
一瞬自分がどこか宇宙空間にでもいるかのような錯覚に陥ります。
 

島ぞうりはお持ち帰り

というわけで光とガラスに包まれた異空間、ゴールドラビリンス。
まさに光とガラスの迷宮で、看板に嘘偽りはありませんでした。

その全貌を紹介することは差し控えますが、ちょっと予想していた以上に楽しかったです。
広さもそこそこあるので小さいお子さまなんかは絶対に喜ぶと思います。ダッシュしてガラスにぶつからないよう注意ですが。

手袋は要返却ですが、島ぞうりは入場料に含まれているので袋に入れて持ち帰れます。
ちゃんとした作りの島ぞうりだったので、お土産にもなっていいですね。

光とガラスの迷宮、ゴールドラビリンス。
恩納村へ行く際には是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ