2015.06.29

新しいンブシーを求めて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ンブシーとは味噌に豚肉と豆腐を加えて煮込む調理法。ナーベーラーンブシーが代表的だが、他の野菜でンブシーは美味しいのか。

ナーベーラーの季節ですね。ナーベーラーとは言わずと知れたへちまのこと。沖縄では5月下旬から7月までが収穫時期で、味噌に豚肉と豆腐を加えて煮込む「ンブシー」が代表的な調理法。我が家はナーベーラーンブシーが好きすぎで週に2回とか食卓に並ぶことがあります。


農産物直売所では3本150円ぐらい

さて、このンブシーは、ナーベーラーだけが美味しいのでしょうか?他の野菜ではどうなんでしょうか。というわけで、本日はみなさまを新しいンブシー探求の旅に誘いたいと思います。

ンブシる野菜を用意しました

今回用意したのはこちらの品々。

ナーベーラー

 
王道です

ゴーヤー

 
調べたらゴーヤーンブシーという料理はあるみたいです

冬瓜

 
冬瓜ンブシーもあるんですって!

モーウィー

 
切ったら冬瓜とほとんど見分けがつきません

ナス

 
ナスの味噌煮とかあるから合わないわけがない

きゅうり

 
中華料理で炒めて食べるし合いそう

以上、ナーベーラーも含めて6品をンブシてみたいと思います。


これらの野菜にポークと豆腐加えて味噌で煮込む

…いや待て。これ普通だ。
DEEokinawaの悲しい性質なんですが、ちょっと意外な野菜もやはり必要なのかもしれません。
ということで急いでスーパーに買い足しに行き、他にンブシれそうなものを見つけてきました。

メロン

 
ほら、ナーベーラーやゴーヤーと同じウリ科だから

マンゴー

 
完全な気の迷いです。でもこちらも今が旬

野菜じゃなく果物を買ってきてしまったわけですが、パイナップルも酢豚に入れたりするし、もしかしたら合うかもしれません。
ちなみにンブシーをするときは野菜は3cmぐらいの厚めに切って、柔らかくなるまで煮込めば美味しいです。

調理

と、ここから調理に入ったのですが、スタート直後に私はやらかしてしまいます。
家から事務所に持ってきた煮込む用の味噌の半分をうっかり台所の流しにこぼしてしまったのです。
新たにスーパーで味噌を買ってこようかとも思ったのですが、最近すごく暑いじゃないですか。そしてさっきメロンとマンゴーを買いに出たばっかりじゃないですか。

ええいや!

ンブシー各種が完成しました。

言い訳をたくさんしましたが、要するに煮込む用の味噌が少なくて汁っぽくならなかったという話です。
それでは試食してみましょう!

実食

ナーベーラーンブシー

汁が少なくても美味しいです。これが失敗ならこの記事が成立しません。
顔に覇気がないのはこれからのンブシーを見てやっぱり味噌を買いにいくべきだったなーと思っているからです。

ンブシー度:★★★★★

ゴーヤーンブシー

こちらもなかなか。味噌味のゴーヤーチャンプルーといったところでしょうか。

ンブシー度:★★★★☆

冬瓜ンブシー

冬瓜味噌炒めみたいになってしまいましたが、美味しい。
冬瓜はクセがないのでどんな料理にしても合う気がします。

ンブシー度:★★★★☆

モーウィーンブシー

見た目は冬瓜に似ていますが、こちらは青臭さがあります。
いつもはサラダにして食べるので、煮込むとちょっと違和感があります。

ンブシー度:★★☆☆☆

ナスンブシー

うん。
これは豆腐入りのナス味噌炒め!

ンブシー度:★★★★☆

きゅうりンブシー

なんでしょう。美味しいか美味しくないかと聞かれたら美味しくないんですが、食べられないほどまずいわけではない。
だけどとっても違和感がある。そんな味でした。

ンブシー度:★★☆☆☆

メロンンブシー

知ってた。食べる前から美味しくないの知ってた。
でも震えるほどではありません。ああ、こういう美味しくないお菓子あるわーと思いました。

ンブシー度:★☆☆☆☆

マンゴーンブシー

うん、こっちもわかって…え!!
美味しいかも!いや、美味しい!!
マンゴーから染み出た甘い果汁が塩味のあるポークと絶妙なハーモニー。
料理なのかお菓子なのかわかりませんが、可能性が大いにあります!

ンブシー度:★★★★☆

まとめ

というわけでンブシーにするならナーベーラー、冬瓜、ゴーヤー、なす、マンゴー。しちゃいけないのはモーウィー、きゅうり、メロン。

これからたくさんの夏野菜がスーパーに並ぶ季節になるので、ぜひ参考にしてくださいませ。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ