2015.06.08

沖縄っぽいものでわらしべ長者をめざす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
わらしべ長者という童話をご存知でしょうか。 物々交換でお金持ちになる話ですが、現実的にできるのか、DEE風にやってみました。

唐突ですが、童話わらしべ長者のあらすじを簡潔に紹介したいと思います。

以下wikipediaより一部抜粋

昔、ある一人の貧乏な男が観音様のお告げを信じ、偶然拾った1本の藁しべ(藁)から物々交換を通じて、最終的には屋敷を手に入れるという話。

ちなみに、童話中で物々交換されたものはこんな感じです。
藁しべ→アブが結び付けられた藁しべ→蜜柑→反物→馬→屋敷

私はそこそこ貧乏ですが、観音様からのお告げは受けられそうにないので、インターネットを使ったわらしべ長者に挑戦してみようと思います。情報化社会なんて言われて久しい昨今ですが、インターネットを中心に情報を発信したり集める手段はたくさんあります。mixi、facebook、twitter、instagram、などなど。

そんな中、facebookで面白いグループを見つけました。
その名も「沖縄わらしべ長者の会」。

こちらのグループでは不要なものの写真を撮って投稿(交換希望するものも書き込む)。それが欲しい人がコメントを書き込み、成立すれば実際に会って物々交換する、というしくみになっています。

というわけで本日はこちらを舞台に沖縄っぽいものでわらしべ長者を目指そう、そんな企画です。

 

わらしべの代わりになるものは

いまどき藁しべを欲しがる人はあまりいないと考え、DEEっぽい物を考えた結果、待望の出版からロングセラーにも関わらず、まだ増刷されていないという「沖縄DEE級本」にすることなりました。

受け渡し
DEEokinawaの記事が本になっています。

非公認キャラに見守られながら、やんばるたろうさんから「沖縄DEE級本」を受け取り、わらしべ長者に掲載する文章を作成して、ドキドキしながら出品。

以下実際にわらしべ長者の会に掲載した本文です。

沖縄DEE級読本長者企画

DEEokinawaライターの中本と申します。
【沖縄DEE級本→○○→○○】(本企画の詳細は下記を参照下さい)

【今回の交換品】
沖縄DEE級本(¥680)

【交換について】
できる限り沖縄に関するものと交換をお願いします。受け取り場所や方法に条件はございませんが、南は南風原、北は北谷までだと助かります。もっと言えば宜野湾だと最高です。宜野湾市最高です。遠方の場合や、県外からの郵送の場合について取り決めはございませんので、その都度私の財布の状況と相談をさせて下さい。

【物々交換できる物について】
1、沖縄関連物の物でお願いします。
2、商品券は対象外とさせて頂きますが、引換券や交換券等はOKです。
(例:アグー餃子一年分引換券、貴方の為に歌を唄います券など)
3、大きさは高さ90cm,幅120cm以内でお願いします。
4、引き換えた物の返品やクレームは受け付けません。
5、生物や消費期限の近いものは控え下さい(引換券、交換券は有)。
6、中古新品問いません。

【沖縄DEE級読本長者の企画趣旨】
1.私の持っている物と交換してくれる物を募集しています。
2.物々交換を行い、童話のわらしべ長者のように物を交換していきます。
3.私が一ヶ月間物々交換を行い、最終的に何に変わるのか検証します。
4.交換する物は沖縄に関するものだと大変嬉しいです。
5.本企画で物々交換をしたものはポータルサイトdeeokinawaに掲載されます。
6.取引をする際の個人情報(顔写真や取引現場)に関わる撮影については、ご本人様の意思を尊重いたします。

【実施期間について】
4月1日10時00分から4月30日20時00分までとします。
以上の事をご理解頂いた上で、ご協力のほどお願い致します

とりあえず期限は1ヶ月。わらしべ長者の会では色々なものが出品されていますが、普通に家電とかと交換しても面白くないので「沖縄っぽいもの」縛りをルールとしてもうけたいと思います。

さて、DEE本はどこまで交換できるのでしょうか。

 

長者になれるのか

それでは長者への道を時系列でご紹介したいと思います。

4月1日(DEE級読本 → Tシャツ)

沖縄関連の物と交換をして、長者になれるのだろうか。不安をよそに、4月1日の朝に投稿してから1時間足らずで、サイト運営者であるぷらっと沖縄というサイトの方からTシャツを交換してくれるとの連絡が入りました。交換が成立した後も「会員制ヨガ・リンパサロン体験権利」「ゴーヤー石鹸」などのコメントも頂いたのですが、時すでに遅しということで、Tシャツと交換することに。

 

4月4日(Tシャツ → 三線のバチとキッチンHANA-GASAでのライブ権利)

手に持っているのが三線のバチ
ライブ権ってすごいのでは

交換したTシャツを投稿すると、宜野湾市役所近くにある「キッチンHANA-GASA」というお店から宣伝交じりのコメントを頂きました。交換品はなんと・・・「三線のバチ」と「キッチンHANA-GASAでのライブ権利」!?キッチンHANA-GASAさんでは、沖縄民謡やフォークシンガーなどのアーティストの方がライブをすることがあり、そのライブの開催権利を頂くことになりました。もはや2回目の交換にして、私が持っていても活用できない感じになってきました。

 

4月5日(三線のバチとキッチンHANA-GASAでのライブ権利 → A&Wのドリンク券(R)と猫砂)

ブルーに変わる紙製猫砂
エンダードリンク券

ここまで怒涛の交換を繰り返したわけですが、続いて「三線のバチ」と「ライブ権利」を交換することになったのは、「A&Wのドリンク券(R)」と「猫の砂」。交換した理由はA&Wが沖縄関連という点と、「猫」という無関係な感じに奇跡を呼び起こす可能性を感じたからです。

 

4月16日(A&Wのドリンク券(R)と猫砂 → ポークと軟骨ソーキ)

ライター犬尾さんから
軟骨ソーキとポーク

交換に少し行き詰っていたところ、DEEのゲストライターの方が猫を飼っているという事で、「ポーク」と「軟骨ソーキ」と交換することに。

 

4月30日(ポークと軟骨ソーキ → シーサー)

「ポーク」「軟骨ソーキ」は人気があると思ったのですが、2週間ものあいだ交換してくれる人が見つかりませんでした。諦めかけていたその時、という感じのタイミングでシーサーと交換してくれる救世主が現れました。しかも、交換主のお父様手作りの壁掛けシーサーなので、世界に1つしかない(多分)シーサーなんです!!

 

長者になれたのか

こうして1か月の「沖縄DEE級長者」の企画は終わりました。


最終結果のシーサー。有難う。

交換してもらった中で一番高かったのは、最初に交換してもらったTシャツ(¥3,000)でしたが、三線のバチ(¥2,000)とライブ権利も喉から手が出るほど欲している人がいたかもしれません。

交換して分かった事ですが、猫砂については割と皆さんこだわりがあるらしく(いくつか猫砂にタイプがあるらしい)、なかなか交換に至らなかったのと、食品についても交換したい!という人があまり現れず、そのあたりをもう少し何とかできれば期間内にもう少し交換ができたのではないかと思います。

結果的に私は長者にはなれませんでしたが、企画を通じて知り合った出会いと、物々交換を通じて最後に得たシーサーに価値を付けることはできず、長者以上のプライスレスな体験をさせてもらいました。第2弾は、、、私の人徳が絶頂の時にやりたいと思います。その日まで1日1善を目標に日々生活したいと思います。

沖縄DEE級長者の経過【沖縄DEE級本(¥680)→SAVE the Tシャツ(¥3000)→三線のバチ(¥2000)&キッチンHANAGASAライブ権利(?円)→A&Wドリンクチケット一枚(¥200)&ネコ砂(¥500)→ポーク(¥300)&軟骨ソーキの煮付(¥300)→お父様手作りシーサー(プライスレス)】*()内はおおよその価格です。

ご協力頂いたみなさん、ぷらっと沖縄さん、ありがとうございました。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ