2015.06.19

沖縄の結婚式あるある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今年の5月に実際に結婚式を行ったので「沖縄の結婚式あるある」についてまとめてみたい。

みなさんこんにちは!久しぶり投稿のHigaです。

私事ですが、今年の5月に結婚式を行いました!
妻は本土の出身で、結婚式当日までの段取りを進めていく中で、沖縄の結婚式と本土の結婚式の違いに戸惑いました。そこで、今回は『沖縄の結婚式』と『本土の結婚式』の特徴をまとめたのでご紹介します。

 

沖縄の結婚式:披露宴編

まずは披露宴についての「あるある」です。

参加人数が200~300人が平均的で、500人を超えることもある

本土では60~80人が平均的だそうですが、沖縄では遠い親戚や中学の同級生、職場の方も招待するので抑えても200人くらいになります。妻の親戚に「芸能人の結婚式みたい!」と驚かれました。

 

親族の席は新郎新婦の席近く

本土では親族は一番末席が一般的ですが、沖縄では新郎新婦に近い席が親族の席になります。席が近いこともあり、私は式中におばあちゃんに式の段取りで注意を受けていました(苦笑
(画像の白線が親族の席です)

 

乾杯前から飲んでいる

本土では乾杯の音頭で飲むのが一般的ですが、沖縄では乾杯前から飲むのが一般的となっています。
また、そういった沖縄独特の文化に対応した式場が多く、「開宴30分前からの飲み放題コース」が一般的となっているそうです。(式場にくるまでにすでに飲んでいる方もいました)

 

料理は卓盛りスタイルで回転テーブルで取り分ける

沖縄でも本土と同じコースメニューもあるのですが、卓盛りが一般的で、中華料理店を思わせる回転テーブルで取り分けていきます。

 

キャンドルサービスは回る数が限られる

出席人数が多い分、全席にキャンドルサービスを行うと1時間くらいかかってしまうので、事前に回る席を決めて行います。キャンドルサービスを行わない席にはキャンドルがついていません。

 

披露宴で記念品贈呈がある

プログラムの中盤に歓談の時間が設けられているのですが、そのタイミングで司会者から「新郎新婦と記念撮影や記念品を準備されている方は前へどうぞ~」と案内が入ります。

ちなみに記念品は友人一同・会社一同で準備してくださっており、私の場合は前もって欲しいものを確認されました。

 

余興の一番目は親族のかぎやで風(序盤)

沖縄では余興は必ずといっていい程、かぎやで風でスタートします。私の場合は祖母と母が演舞してくれました。かぎやで風はめでたい席で踊られる琉球舞踊で結婚式では定番になっています。

 

余興に全力をかけている(中盤)

本土の結婚式は友人代表の余興はあったりしますが、沖縄では親族や友人、職場の方総出で式を盛り上げてくれて、余興は5つくらいが一般的です。(ちなみに私もそうでしたが、新郎が余興に出たりします)

 

余興の締めはカチャーシー(終盤)

沖縄の結婚式終盤では出席者みんなが舞台に上がりカチャーシーを踊ります(両手を頭の高さ近くでヒラヒラさせる踊り)。練習をしておかないと結構難しいです(汗
僕の場合は余興の最後がエイサーの演舞だったので地謡(ジカタ)の「カチャ~シ~!カチャ~シ~!」の掛け声とともにカチャーシーが始まりました。

 

沖縄の結婚式:その他

さて、披露宴以外に沖縄の結婚式っぽいところをいくつかご紹介します。

司会者はプロの方

結婚式の司会はテレビ、ラジオのアナウンサー、お笑い芸人などトークのプロに依頼するのが一般的です。私もラジオのアナウンサーに司会をして頂きました。

 

ビーチロケーション撮影ができる

沖縄の魅力の一つといったら、青い海・白い砂浜!私が結婚式をしたチャペルも海の側だったので、挙式後にビーチ撮影を行うことができました。また、結婚式場が海の側でなくても、前撮りでビーチロケーションを選択方法もあるので、考えてみるのも良いと思います!

 

招待状が届くのは1ヶ月半前、また手渡しが多い

本土では2~3ヶ月前に郵送で届くのが一般的ですが、沖縄では1ヶ月半前や直前に通知されることが多く、また手渡しが多いです。(遠方になれば郵送ですが)
ですので、200~300人のゲストの内、8割くらいは手渡しなので友人と協力しながら配るなどの連携プレーが必要となります。また、事前に結婚式の報告と合わせて出欠の確認も行うので、返信用ハガキはない場合もあります。

 

オプションの追加は計画的に

オプションで飾りを一つ追加するにも、×200~300人となってしまうので、想像以上に予算オーバーになってしまいます。手作りで予算をカバーできるのですが、人数が多いので時間がかかり、根気のいる作業となります。

 

まとめ

私の実体験に基づく、沖縄結婚式あるあるはいかがだったでしょうか?
私の妻は洋装で式を行いましたが、琉装での式や、沖縄ならではの首里城で前撮りなど、まだまだあるあるネタがありそうです。

また、結納なども調べてみると地域性が出て面白そうです。
ではではこれにて!

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ