2015.07.27

【台風12号】台風で塩はどれだけ付着しているのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
沖縄に台風が12号が来ました。この台風はどれだけ塩を含んでいるのでしょうか。

typhoon12halola_01.jpg

先週末、台風12号がきました。
当初の予報では沖縄には近づかない感じだったのですが、日に日に西へズレてきて、本島北部が暴風域に。
本島南部は、ちょっとだけ風雨が強まりましたが、台風っぽさはそこまでありませんでした。風はそこそこ吹いていたんですが、雨はカタブイ程度(うちの周りは)。

typhoon12halola_26.jpg
台風後、塩害で葉っぱが落ちて立ち枯れっぽくなることがある

あまり雨が降らない台風がくると、雨で塩が洗い流されないため、サトウキビや他の農作物がダメになってしまうなどの塩害が起こることがあります。
また、台風後は車についた塩を洗い流すために、洗車場の1時間待ちが一週間くらい続くなんてことも!

で、ふと思ったんですが、台風通過後って車にどれだけ塩が付着しているのかと。ベタベタザラザラしているので結構付着しているのではないでしょうか。

ということで採取してみましょう。

 

洗わず拭き取る

typhoon12halola_02.jpg

台風翌日の車です。
我が家は海まで約300mと結構近く、遮るものが何もないので、暴風の時は波しぶきが飛んでくることもあります。絶好の塩採取ポイントではないでしょうか。

typhoon12halola_03.jpg
塩っぽい
typhoon12halola_08.jpg
窓ガラスとゴムの隙間には間違いなく塩が

今回の台風は弱めだったので直撃した時ほどのザラザラ感はありませんが、雨がそこまで降らなかったので塩の付着は期待できます。よーく見ると窓ガラスや隙間などには塩の結晶っぽいものがパラパラと付着しています。
 

typhoon12halola_04.jpg

採取方法は、濡れタオルで拭き取り、水ですすいだものを煮詰めるというアバウトな方法。
スクレーパーでこそぎ取るのも考えたのですが、塩ってボディめっちゃ傷つけますよね。まだタオルで拭いたほうが優しい気がするのでこちらの方法で。水の量は500mlのペットボトル1本だけ使用しています。

typhoon12halola_05.jpg

濡れていないボディを拭きとります。塩を絡めとる感じで。

typhoon12halola_06.jpg

すすいで、絞って、拭き取り。を何度か繰り返します。

typhoon12halola_10.jpg

うわっ、汚い・・・。

 

煮詰める

作り方は、海の味は違うのか?と同じく煮詰めるだけ。ただ今回は量が少ないので濾過したりにがりを分けたりはしません。

 

typhoon12halola_13.jpg
精神衛生上、不純物は取り除く
typhoon12halola_14.jpg
焦げ付かないよう煮詰めていきます

typhoon12halola_15.jpg

 

漂うワックスなのかシャンプーなのかわかならない洗車したときの独特な臭い。要するにくさい。

 

typhoon12halola_18.jpg

 

くさい。

 

 typhoon12halola_20.jpg

約1時間で煮詰まりました。この白さ、塩っぽい。
少し冷ましてからこそぎ取って確認してみましょう。

 

塩なのか

typhoon12halola_21.jpg

冷ましたら白さが少なくなりました。

typhoon12halola_23.jpg
少し粘度がある
typhoon12halola_22.jpg
塩?

typhoon12halola_24.jpg

台風後の車を500mlの水で拭き取り、煮詰めてできたものがこちら。測りましたが表示が0だったので、1g以下。おそらく0.7g程度だと思われます。
で、これが塩なのかってことですが、

 

typhoon12halola_25.jpg

塩だ。
とてもくさい塩だ。

とにかく体に悪そうなので少ししか舐めていませんが、このしょっぱさは間違いなく塩です。

引き続き調査してみようと思う

ということで、今回は僕の住む地域はあまり台風っぽさがなかったですが、それでも思っていた以上に塩が付着していました。もしこれが前回の台風9号のように直撃して暴風暴雨だともっと付着していそうです。ので、塩っぽい台風がきたらまたチャレンジしてみようと思います。

ちなみに今回の塩が臭かったのは洗車用のタオルを使用したからだと確信してます。次回はキレイなタオルで。。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ