2015.09.07

赤瓦はパックになるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
赤瓦の原料には、美容に良いとされているものが使われている。ということは赤瓦は美容に良いのではないだろうか。

沖縄を代表する建材のひとつ、赤瓦。沖縄っぽい風景を作り出していますよね。

akagawarapack_26.jpg
沖縄のイメージといえばこんな感じでしょうか
akagawarapack_25.jpgのサムネール画像
与那原は赤瓦工場が多い

akagawarapack_09.jpg
クチャ。琉球泥灰岩

赤瓦の原料はクチャという琉球泥灰岩。
乾燥していると淡い灰色をしていて、片栗粉みたいにサラサラ(100ミクロン以下の微粒子だそうです)。湿ってくると、かなりの粘度の泥になります。

クチャといえば「クチャパック」が有名でしょうか。
ミネラルを多く含む吸着性のある細かい粒子が美容に効果があると科学的に証明されたそうです。

akagawarapack_01.jpg
クチャパック。美白効果もあるとかないとか
akagawarapack_03.jpg
洗髪にも。すすぎが心配になる微粒子っぷり

赤瓦が赤いのは赤土が原料だからと思っている方も多いのでは。
赤瓦の赤い色はクチャの色。クチャには鉄分が多く含まれているため、約1000℃で焼くと酸化して赤く変化するそうです。粘度調整のために赤土を一部混ぜ込んでいますが、ほぼクチャ。
一般的な瓦には釉薬が使われますが、赤瓦は素焼き。沖縄はカタブイがよくあるので、吸水率がいい素焼きが適しているのだとか。

akagawarapack_04.jpg

そこで思ったのが、赤瓦ってクチャを素焼きしたものだから、これを粉に戻せばパックになるんじゃないかと。
さすがに瓦を一枚買って、割って使うのはもったいない気がしたので、割れてしまった欠片をもらってきました。

ということで今回は赤瓦を使ってパックしてみます。

 

で、粉にします

クチャの粉は本当に細かい。あそこまで細かくするのは無理だとしてもできるだけ近づけてみようと思う。

akagawarapack_05.jpg
ハンマーで削りだし、叩いていきます
akagawarapack_06.jpg
素焼きだから割れやすいとかあるのだろうか
akagawarapack_07.jpg
結構細かくなりましたが、まだまだ粗い
akagawarapack_08.jpg
さらに潰す感じで砕いていきます

akagawarapack_10.jpg

粗い欠片のように見えますが、赤瓦粉が押し固められたものです。でもまだちょっと粗いような。

 

水で伸ばします

akagawarapack_11.jpg

細かくした粉に水を少しずつ入れて粘土状にしていきます。マヨネーズくらいの固さがいいとか。

akagawarapack_12.jpg
吸水率の高さを感じる
akagawarapack_13.jpg
クチャほどの吸水率はない
akagawarapack_14.jpg
かなりの粘度です
akagawarapack_15.jpg
まだまだ粗いんじゃないかこれ

akagawarapack_16.jpg

さすがにザラッとしていたので、乳鉢でさらに細かくします。が、クチャほど細かくならないのでほどほどにします。

 

で、パックします

違いがわかるように、半分ずつパックします。

akagawarapack_23.jpg日曜の昼下がり。スッピンです
akagawarapack_17.jpgのサムネール画像顔の右半分にクチャを塗ります
akagawarapack_18.jpg
半分塗りました。楽しい
akagawarapack_19.jpg
もう半分に赤瓦粉を塗ります

akagawarapack_20.jpg

顔が赤く染まったらどうしようかと思う赤瓦パック。
乾燥するにつれ、クチャパックは突っ張り具合がスゴい。赤瓦は突っ張られる感じは無いけど、なんだかスースーする気がする。

akagawarapack_22.jpg
阿形
akagawarapack_21.jpg
吽形

その後、洗い流しましたが、写真では変化がわからないので割愛させていただきます。

なんだかしっとりした気がする

で、どうなのって話ですが、クチャパックはツルツル、赤瓦はしっとりしたような。
赤瓦は粒子が粗かったので、スクラブ的な感じに。美容に詳しい人からすると肌に悪いって怒られそうですけど。
あと洗い流して数分経った頃、赤瓦を塗った側だけ汗がでてきた気がしたのですが、気のせいですかね。

もっと細かく砕いたらクチャっぽい効果があるのかもしれませんが、あまりオススメしないでおきます。

※美容の効果は不明なので、赤瓦パックをする方は自己責任でお願いします。挑戦してみる方は、ほぼクチャでできた素焼きの赤瓦を使ってください。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ