2015.10.02

もしかして、ふちゃぎの餅を変えてみたらどうなのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
なんども言ってしまって恐縮ですがふちゃぎは見た目があんまり良くありません。これまでは小豆の部分を変えてみましたが、餅部分を変えたら新たな発見があるのではないでしょうか。結果からいうとありませんでしたが。

沖縄で十五夜といえば「ふちゃぎ」。
先日もNaokiが『ふちゃぎを進化させてみる vol.2』という記事を書いていましたが、お月見の際、月に似せた餅に魔除けの意味合いがある小豆をまぶして食べるのです。

週に2回も言及してしまいふちゃぎさんには申し訳ないのですが、味はともかく、やっぱりこの見た目はいかがなものかと思うのです。


きみを初めて見た時は悲鳴をあげたよ

せっかくのお月見。もっと画期的なふちゃぎがあってもいいはずです。
これまでは小豆部分を進化させていましたが、餅部分を変えたらまた違う希望が見えるのではないでしょうか。

結果からいうと希望はなかったのですが。

 

迷走します

餅部分を変えるって、どういうことかと思ったかもしれませんが、こういうことです。

シャリふちゃぎ


お寿司


のシャリに


ド直球

うん、たかってますね。

 

いちゃがりがりふちゃぎ

白と茶色のコントラストがいけないのかもしれません。小豆に似た色ならどうなのでしょうか。
そう思って用意したのはいちゃがりがり。


最近、製造している新里食品さんの工場が宜野座から浦添に移りました


いちゃがりがりに小豆を


固すぎて小豆が全然乗りませんでした

たかってはいないけど、道に落ちていたら確実に避けるビジュアルに。

 

バナナふちゃぎ

うーん、うーん。
息子が大好きなバナナならいけるかもしれません。
だって、息子が大好きなバナナだから。


バナナに小豆を


…。

思わず撮影をしてくれていたやんばるたろうさんに「あれ?私は何をしてるんだっけ?」と聞いてしまいました。
自分で企画の意図を見失う迷走っぷり。どうしましょう。

 

クラッカーふちゃぎ

迷走は続きます。


クラッカーに小豆を


あ…これはカナッペだ!

十五夜のお月見にカナッペをお供えするのは違うと思います。私もそう思います。

 

パンふちゃぎ

お月見に餅をお供えするのは月に似ているからだったはず。では月っぽいパンではどうなのでしょうか。


まん丸ではなく楕円ですが


たかってるじゃないか!

これはあれだ。道に迷いすぎて気づいたらスタート地点に戻っていたやつだ。
再度たろうさんに「私は何をしているのでしょうか?」と聞いたら苦笑いしかされませんでした。

 

ショートケーキふちゃぎ

よくわからなくなっていたので、最後はみんなが好きなものをふちゃぎにしたいと思いますよ。


あーあ

これを台所に置いていたら確実に子供が泣きますね。

 

ということで、今回は正解が見つかりませんでしたが、お月さまに供えて実りの秋に感謝しましょう。


覇気がないふちゃぎ

 

美味しくいただきました

いろんなふちゃぎは私が美味しくいただきました。

では、今週はこのへんで。ごきげんよう。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ