2016.05.20

憧れのメガ盛り丼をおなかいっぱい食べたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
昨年あたりから巷で人気のメガ盛りローストビーフ丼。よりリーズナブルに楽しむのなら、沖縄でポピュラーなあの食材で代用できるのではないだろうか。

ローストビーフ丼が人気らしい

昨年あたりから首都圏などで人気となっているローストビーフ丼。
何重にも重ねられ、丼界のエベレストかと見まごうほどうず高く盛られたローストビーフ。とにかく一度見たら忘れられないほどインパクトのある肉々しい丼です。

そんなローストビーフ丼を提供する店が、いよいよここ沖縄にもやってきた!ということで早速食べに行ってきました。
場所はイオンライカムのフードコート。

spamdon01.jpg

フードコートの入口付近に華々しくNEW OPEN!の看板が。

spamdon02.jpg

3Fフードコートの一画にローストビーフ丼専門店『ローストビーフ星』を発見。この時はお昼には少し早めの時間だったので空いていましたが、お昼時には行列していることも多々あるようです。

spamdon03.jpg

メニューを見てみると、メガ盛り 1,290円、特盛 990円、大盛 890円、並盛 790円となっています。メガ盛りのやんちゃさよ。
サイドメニューには、サラダやスープなどのセットもありました。

spamdon04.jpg

カウンターにはお肉を薄くカットするスライサーがででんと置いてありました。かっこいい。

さて注文という段になってどのサイズにしようか迷ったのですが、なにせ初めてだし写真だけではどの程度のボリュームかわからなかったのでとりあえず”並盛り”を注文。ローストビーフに合わせるヨーグルトソースはプレーン、バルサミコ、西洋わさびの三種類から選べたのでバルサミコ酢を選びました。

空いているわりに10分ほど待ったでしょうか。ようやく私の元にやってきたのがこちらです。

spamdon05.jpg
ローストビーフの大噴火やぁ〜!

なんとも食欲をそそるビジュアル。
幾重にも重ねられたローストビーフがまるで薔薇のはなびらのようです。この丼がのったトレイを座席まで運ぶのに、黄身をてっぺんから落とさないようそーっと歩かなければならず『かぎやで風』を踊っているかのようでした。

めちゃくちゃ美味しそう!

そう、美味しそう!なんだけど・・・なんだけど・・・・・・

spamdon06.jpg

並盛りは思ってたより、小さい。

もうちょっとこう、バーン!としたビジュアルを楽しむには、やっぱり1,290円出してメガ盛りにしなければならなかったのでしょうか。しかしランチで1,290円というのは庶民にとって、ましてや家庭の台所を預かる主婦にとってはけっこう勇気のいる金額です。ううむ。

あ、そうか。じゃ自分で作ればいいんだ。

壮大な前フリとなってしまいましたが、ここからが今回の記事の本題でございます。
 

作ろう、ポークでメガ盛り丼

というわけでメガ盛りローストビーフ丼を作ることにしたわけですが、ここは沖縄。ローストビーフの代替品として沖縄のごくごく一般的な家庭料理の食材であるアレを使うことにしました。


コンビニにこのサイズしか置いてなかった(ちょっと小さい)

そう、ポークランチョンミート(通称:ポーク)です。

沖縄の一般家庭の食卓ではチャンプルーにポーク玉子に味噌汁にと大活躍のポークですが、果たしてローストビーフの代役も無事つとめ上げてくれるのでしょうか。

それでは、さっそく調理していきましょう。

さきほど食べたローストビーフ丼を見ればわかるように、お肉とごはんとの一体感をうむためにはお肉の薄さこそ命
まずはポークを包丁でスライスしてみます。


ぐずぐず

が。油でヌルヌルと滑るうえねっとりとした粘り気があるのでなかなか薄く切れません。
そこで、ポークをラップで包んで少し冷凍庫で凍らせてみることにします。

冷凍庫で1時間ほど冷やしてみました。まだ凍ってはいませんが、かなり冷たく硬くなっているようです。
そこをスライサーでスライスしてみます。


シャッ!

見てくださいこの薄さ!ポークがまるで薄切りハムに見えてきます。この調子で全部スライスしちゃいましょう。

一時間では冷やしが足りなかったのか、途中から油が溶けてきてうまくスライスできなくなったりしましたが、ピーラー、包丁なども駆使しつつなんとかポーク一塊をスライスし終えることができました。ボウルにたっぷり!

フライパンでじっくりローストして焼き目をつけていきます。食欲をそそるなんともいい香りが漂います。

けっこう形が崩れてしまったものもありますがロースト完了。
ここまで来るとなんだかポークがローストビーフに見えてくるから不思議です。

丼にごはんをうず高く盛りつけ
バルサミコヨーグルトソースも再現して

山盛りごはんにペタペタと貼り付けるように、重ねあわせるようにポークを盛りつけて、


黄身が崩れてますが取り出しに二回も失敗したのでもう諦めました

頂上に黄身をのせ、特製ソースをかければ、

メガ盛りローストポーク丼の完成です!

どうでしょうか。この再現度。
ポーク缶が小さかったこともあって思ったよりボリュームが少ないですが、メガ盛りまではいかなくても特盛ぐらいはいっているのではないでしょうか。


ヒャッハー!

うん、味もいけてる。特に薄くてカリッとしたところをごはんと混ぜて食べると絶品です。やはり薄さが命。
ヨーグルトソースも適当に作った割に、さっぱりとしていてポークの脂っぽさをうまい具合に和らげてくれます。バルサミコ酢が合う。合うわー。

特盛りで贅沢な気分を味わいつつも実はローコストメニュー。
クックパッドに投稿したらつくれぽの嵐になるのではないでしょうか。

・・・しかし食べ進めるうちに、これだけいちどにポークを食べることもそうそう無いので喉の渇きが半端ないことになりました。


なんかもたれてきた・・・

わかっちゃいましたが、アラフォーにはなかなかきつい塩分と油分。残りは血沸き肉踊っていた高校生の頃の私に食べさせてあげたいです。あと、血圧高い方にはあまりおすすめできませんのでご注意ください。


見たらあかんやつ

胃腸には自信があるという方、こってりした料理には目が無いという方、またお中元などで大量にいただいて処理に困ったポークがあるという方、今夜のお助けメニューとして是非お試しください。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ