2016.11.30

もうすぐお別れ、南風原ドライブイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1972年創業の南風原ドライブインが今年の年末で閉店すると聞いて、44年間地元に愛されてきたその姿を記録しに行ってきた。

昔ながらの味わい深い店の火がまたひとつ消えていく

11月も今日で終わり、明日から12月。
そろそろ今年1年を振り返る時期に差し掛かり、ちらほらと今年いっぱいで閉店する店のニュースなども耳にするようになりました。

そのひとつがここ。

haebarudin01.jpg

国道329号線沿いの南風原町宮平に建つ『南風原ドライブイン』。沖縄が日本に復帰した1972年創業。昔ながらのロードサイド型のドライブインレストランです。DEEokinawaでは以前『ドライブにはドライブイン』という特集をやっており、そちらでもこの南風原ドライブインを少しご紹介しています。

haebarudin02.jpg

南風原ドライブインのシンボルといえば、駐車場にそびえる2本の大きなガジュマルの木とシーサー。

haebarudin03.jpg

ガジュマルもシーサーも思わず見とれてしまうほど立派です。
駐車場が広くて停めやすいのが嬉しいポイント。

レトロな街灯
あまり見かけなくなった予約案内板

明るく活気にあふれる店内

入口の自動ドアを入るとすぐ左手に弧を描くサンプルケースが現れます。

haebarudin04.jpg

ここに展示されているメニュー数だけ見ると、あれ?もしかして少ない??と不安になってしまいますが、これは数あるなかのごくごく一部なのでご安心を。サンプルケースの中にはレストラン創業時の写真なども飾られているので是非チェックしてみてください。

haebarudin19.jpg

店内は外観から想像していたよりもかなりモダンでオシャレな雰囲気。
創業年のわりに計器類もくたびれた感じが無いので、途中でリフォームなど行ったのかもしれませんね。

haebarudin08.jpg

訪れたのはちょうどお昼時ということもあり、お客さんがひっきりなしに訪れカウンターも含めほぼ満席状態。家族連れ、仕事仲間のグループ、年配の女性グループ、男性一人客、など多種多様な客層。
黒のシックなユニフォームでビシっと決めた女性店員さんがキビキビと笑顔で働く様子を見ていると、とてももうすぐ閉店する店とは思えません。

haebarudin09.jpg

座席は奥に広く、座敷席が多いので小さな子ども連れでも安心。もちろんテーブル席、カウンター席もあります。

神棚にはだるまが
窓際のディスプレイもさりげなくかわいい

どんなものがあるのかメニューを見てみましょう。

haebarudin12.jpg
豪華な定食類、丼物とそば。

haebarudin13.jpg
沖縄のレストランやステーキハウスで見かける謎メニュー、チャプスイとチャーメンも。

haebarudin14.jpg
定番のABCランチやステーキ。

haebarudin15.jpg
洋食もいろいろ。おつまみ使いできる単品メニューもあります。

和・洋・中・琉なんでもござれの豊富なメニューの中から注文したのはこちらのふたつ。

haebarudin16.jpg
Cランチ 990円(スープ、ライスorパン付)

Cランチにしては少し高めに感じますが、ABCランチは全体的に高めの設定。これにエビフライとチキンが追加されるAランチは1,650円でした。しかしボリュームは満点、どのおかずも丁寧に作られていて間違いなく美味しいです。

haebarudin17.jpg
カツカレー 750円

まったりとした甘みの奥にきちんとスパイスを感じる、きっと万人受けするであろう定番味の具だくさんカレー。魔法のランプのような器が泣かせます。トンカツも揚げたてサクサクで美味でした。

haebarudin18.jpg

着席と同時に温かいお茶と冷たいお水が運ばれてくるのですが、さらにランチメニューにはアイスティーが付いてきます。カレーライスには何故かアイスティーとともにもうひとつ冷たいお水が付いてきて、最終的にコップが4つになっていました。他のテーブルを見ても、なんだか全体的に人数に対してコップの数が多すぎてちょっと面白かったです。サービス精神!
 

最後に店内をじっくり眺めてみる

食後、少し店内を見せてもらいました。

haebarudin20.jpg
木製のドアや通路の天井デザインも素敵

haebarudin21.jpg
70年代のセンスをビンビンに感じるトイレサイン

haebarudin22.jpg
エントランスホールには電話ボックスが(もちろん現役)

haebarudin23.jpg

2階は100名以上が収容可能な宴会場となっているそうで、予約があれば開けるようです。
これまでさまざまなお祝いや宴会などで使われてきたのでしょうね。

haebarudin24.jpg

エントランスホールの柱の裏側に閉店のお知らせが。
食事中、常連さんらしきお客さんから「閉店するんだって?いやあ、残念だよ。」と店員さんが声をかけられるシーンも目にしました。44年間、さまざまな人が訪れ、美味しい料理を味わい、思い出を心に刻んだであろう老舗レストラン。

haebarudin25.jpg

クリスマスに向けて、最後のドライブインチキンレッグの予約を受け付けているようです。
毎年クリスマスはこれ!と決めていた人も多いのでしょうね。

haebarudin26.jpg

はじめてなのに懐かしい、アットホームなレストラン。
今後、店の跡地とガジュマルの木とシーサーはどうなってしまうのか聞けずじまいでしたが、12月30日の閉店まであと約一ヶ月。またあの雰囲気を味わいに訪れたいと思います。

haebarudin27.jpg

南風原ドライブイン閉店後も、裏手に建つマンション名だけは変わらずにいてほしいですね。

 

南風原ドライブイン

住所:南風原町字宮平666-1
TEL:098-889-4719
営業時間:10:30~23:00(L.O 22:15)
不定休

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ