2017.04.17

フーチバーはパクチーに成り代わることができるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ここ数年の人気ぶりがちょっとした社会現象にまでなっているパクチー。私の周りにもあの独特のクセの虜になったパクチストがたくさんいるのですが、いかんせんパクチーは高い。そこで、沖縄の香草とも言えるあの野菜で代用できないか、試してみました。

世間のパクチーフィーバーに一石を投じる?あの沖縄野菜

ここ2〜3年ほど、巷でパクチーがフィーバーしているのはみなさんご存知かと思います。
英語ではコリアンダー、中国語では香菜(シャンツァイ)と呼ばれ、首都圏ではパクチー専門店ができるほどの人気ぶり。その強い香りと独特の青臭い風味から、はっきりと好き嫌いが分かるのも特徴で、好きな人は山盛り食べたい!と目を輝かせ、嫌いな人は葉のかけらが入っているだけでも顔をしかめるほどです。

 fuchiba07.jpg

ちなみにカルディにおけるパクチー関連商品の充実度を見ると、その人気の一端をうかがい知ることができます。

パクチーポテトチップス
パクチーラーメン
パクチー風味の鍋つゆ
パクチーカレー
パクチードレッシング
パクチースープ

その他にも乾燥パクチーやパクチー焼きそばなどもあり、パクチー好きにはたまらない売り場となっていました。
ちなみに私はどちらかというと苦手で料理によってはアリ、というおそらく少数派。フォーなどに薬味的に少し入っていると美味しく感じるのですが、山盛りパクチーサラダとかはちょっと無理なんです。

さて、そんなパクチー。もちろんここ沖縄でも人気沸騰中なわけですが、沖縄で昔からお馴染みの、沖縄そばやジューシーに欠かせない香草といえば、そう。フーチバー(ヨモギ)です。

 fuchiba07.jpg

先月の振り返りアンケートでも、以下のコメントを読者の方からいただきました。
(アンケートフォームのミスでお名前入力欄が無くてごめんなさい)

最近、パクチー人気が過熱していますが、その後を担うのはフーチバーではないでしょうか!?パクチー醤油も発売された事ですし、フーチバー醤油なんてDEEで作ってくれませんか? あとフーチバーの変わった使い方や料理も調べてみてほしいです。私はフーチバー酒が好きです。

スーパーで見かけるパクチーってちょろっとしか入って無いくせにけっこういいお値段するので、そこをフーチバーでまかなえたら沖縄のパクチストたちは狂喜乱舞するのではないだろうか(むしろ道端にわさわさ生えてるし)、ということで、フーチバーはパクチーの代わりになりえるのか、という事象を実験してみたいと思います。

 

パクチー料理と聞いて思い浮かぶ三品

というわけで、パクチーとフーチバーを買ってきました。

 fuchiba07.jpg

福岡県産のパクチーはひょろりとした細い株が2つ入って178円。
対する沖縄県産フーチバーはぎゅぎゅっと10株ほど入って198円。
ファーマーズマーケットなどの産直市で売られている県産パクチーならばもう少しお買い得に入手できるかもしれませんが、フーチバーの圧倒的なコスパ感よ。

今回パクチーを使った料理で「フォー」「生春巻き」「豆腐サラダ」の三品をそれぞれフーチバーで作ってみることにします。豆腐サラダは皆さんあまり馴染みがないかもしれませんが、那覇にある中華料理屋さん『燕郷房(ヤンキョウファン)』に行ったことのある方なら、「ああ、あれ!」となると思います。パクチー押豆腐サラダ、シンプルでめちゃくちゃ美味しいですよね。

 fuchiba07.jpg

 fuchiba07.jpg

エスニック食材はほぼカルディで揃いますが、押し豆腐は置いて無かったので水切りした島豆腐を細く切ったもので代用。

左がフーチバー、右がパクチー
見た目も似ているような似てないような

 fuchiba07.jpg

茹でた鶏もも肉、海老、もやし、カイワレなどを予め準備。
フォー、生春巻き、サラダ、それぞれいたって普通の作り方で作っていきます。そう、パクチーがフーチバーに置き代わる以外は。

パクチー入り生春巻き
フーチバー入り生春巻き
パクチーのせフォー
フーチバーのせフォー
パクチー押豆腐サラダ
フーチバー押豆腐サラダ

 

結果はどうなのか

 fuchiba07.jpg

<生春巻き>
スイートチリソースの味が強いので、パクチーかフーチバーかはそんなに気にならない。
なんかちょっとクセのある野菜が入ってる?と感じる程度で違和感なく食べられる。

 fuchiba07.jpg

<フォー>
フォーを食べているはずなのに、あれ?これ沖縄そばだっけ?と脳が錯覚する。
いちどスープに沈めてシナっとさせると食べやすい。でもやっぱり沖縄そばっぽい。

 fuchiba07.jpg

<豆腐サラダ>
どこから食べても普通にフーチバーの白和え。
本家・燕郷房のパクチー押豆腐サラダを食べた時の高揚感が皆無。

 fuchiba07.jpg

というわけで今回作ったなかでは生春巻きだけが唯一アリかも?と思える結果となりました。
やはりパクチーそのものの味を楽しむフォーやサラダではフーチバーの無理やり感が拭いきれませんでした。残念。

ちなみにこれらのメニューが先日の我が家の夕飯だったのですが、緑々しい食卓にテンションの上がらない二歳児はフォーの麺と鶏肉を少し食べて「もうごちそうさま」と早々にイスを降りてしまいました。ごめん・・・。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ