2017.08.28

次に来る沖縄コラボアイスを考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
数年前に発売されて大ヒットした「新垣ちんすこうアイス」や「御菓子御殿の紅いもタルトアイス」に続く、沖縄銘菓コラボアイスを考えてみた。

次に来るコラボアイスはどれだ

暦上では、暑さが落ち着いてくると言われる二十四節気の【処暑】を過ぎましたが、まだまだ日中はうだるような暑さが続く今日この頃。今年の沖縄は台風も来ないし、ほんとに暑すぎる気がします。

そんな気候とあらば当然日々のアイス業務が捗るわけですが、沖縄では近年【新垣ちんすこうアイス】だったり【御菓子御殿の紅いもタルトアイス】だったりと、さまざまなコラボアイスが誕生しています。2013年の記事『新垣ちんすこうアイスに続け!』では、次に来るであろうコラボアイスを予想して沖縄のさまざまな銘菓とアイスを合わせてみたのですが、ふと気づけばこのラインアップの中から、今年ブルーシールでスッパイマンアイスが商品化されているではありませんか!(正確にはアイスではなくてシャーベットですが。)

これは他のコラボアイスも商品化される日が近いに違いない。というわけで、第二弾をお送りしたいと思います。

今回用意したのは下記5種類。

nextice01.jpg

・ピーナッツ糖(伊江食品)
・みそ入りピー糖(伊江食品)
・久米島のみそクッキー(株式会社しまふく)
・梅小亀(玉木製菓)
・ミミガージャーキー(オキハム)

いずれもおみやげとしても定番の人気商品。

nextice01.jpg

前回同様、食べやすい大きさに砕いてからブルーシールのバニラアイスと混ぜ、再び冷凍庫で冷やし固めて試食してまいります。
 

久米島のみそクッキー

nextice01.jpg

久米島の銘菓といえば懐かしい味わいのみそクッキー。久米島味噌をふんだんに使い、香ばしい味噌の香りと口の中に奥深いほのかな甘さが広がります。卵や牛乳を使用していないのでアレルギーが気になる方にもおすすめ。


ほどよい大きさに砕いてから


バニラアイスと混ぜ合わせます

さて、どうでしょうか。

アイスのフレーバーでおなじみクッキー&クリームのようなサクサクとした食感が楽しめますが、クッキーだけで食べたときと比べるとかなり味噌風味が薄め。言われなければ分からないレベルなので、アイスと合わせるにはもう少し味噌の風味を強める必要がありそうです。

商品化期待度:★★☆☆☆

 

ピーナッツ糖

まずは伊江食品のピーナッツ糖。ピーナッツの名産地として名高い伊江島産のピーナッツを黒糖の飴で絡め固めたもの。落花生の選別から黒糖の煮詰め、袋詰めまで一つ一つ手作業で製造されているそうです。ポリポリとした食感も楽しく、食べだしたら止まらない危険なお菓子です。

さて、どうでしょうか。

あ、これ早くも正解きちゃったわ...!
飴の部分が冷やされてさらにカリッとたまらない食感になっています。ピーナッツのポリポリとした食感も楽しく、永遠に食べ続けられるやつです。万人に愛されそうな味なので、次のコラボ商品はこれで決定ではないでしょうか。

商品化期待度:★★
 

みそ入りピー糖

同じく伊江食品のみそ入りピー糖。伊江島産のピーナッツに黒糖と味噌を絡めたものです。黒糖の風味と味噌のコクが織りなす奥深い甘じょっぱさが絶妙なバランスでくせになる逸品。お酒のつまみにもなりそうなので、男性ウケも良いのではないでしょうか。


ジーマミンかわいい

さて、どうでしょうか。

さきほどのピーナッツ糖同様ピーナッツのポリポリとした食感が楽しく、バニラアイスと味噌と黒糖の混ざり具合が絶妙です。意外性のある味が好きな方なら、こっちに軍配が上がるでしょうか。個人的な好みでいうと、こちらも味噌風味がもう少し強めでもいいかも。

商品化期待度:★★
 

梅小亀

亀の甲羅のような形が特徴的な亀せんべい。様々な種類がありますが、私のイチオシはこれ。ほんのり梅の風味がきいたサクサク食感の小さめサイズの亀せんべいです。ちょっとつまもうと思ったら会っという間に一袋空けていることもザラにあります。

さて、どうでしょうか。

うーん、味の相性としてはまあまあ悪くないのですが、せんべいがバニラアイスの水分を吸って湿気てしまうのでサクッとした食感が消えてしまったのは残念。ほんのり梅風味はバニラアイスの甘さを緩和してくれており、いい仕事しています。無くはない、そん微妙なポジションでしょうか。

商品化期待度:★★☆☆

 

ミミガージャーキー

最後に大穴狙いでミミガージャーキー。豚のミミガー(耳皮)をピリ辛に味付けしたもので、コリコリとした食感がビールのおつまみにも最適。いや、決してオチ用ではなく!世の中にはくらげアイスがあるぐらいだからミミガーアイスもいけるのではと思ったのです。純粋な気持ちです。

さて、どうでしょうか。

こりゃダメだ。
まあ予想はしていましたが、噛めば噛むほどにじみ出てくるちょっと甘みのある豚脂の味とバニラアイスの相性が絶望的。食感的にはアリだと思うのですがほんとに食感だけです。そうか、くらげは無味だから商品化できたのか...。

商品化期待度:☆☆

 

まとめ

というわけで今回試した中では、伊江食品のピーナッツ糖がイチオシという結果となりました。だいたい美味しかったのですが、このピーナッツ糖アイスはほんとに美味しかったので是非みなさんにも試していただきたいです。

次はなにが出るだろうと楽しみにしている沖縄銘菓コラボアイス。沖縄明治乳業の担当者さん、ぜひ次回商品開発の参考にしていただけたらと思います。そしてもしも伊江島ピーナッツ糖アイスが発売された暁には「あ、これDEEokinawaがやっていたなあ」と薄ぼんやり思い出していただければ幸いです。

それでは皆さん、残りの夏も楽しいアイスライフを!

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ