2018.09.14

沖縄県民の安室愛が氾濫している

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いよいよ今週末、16日で引退の日を迎える安室奈美恵さん。そのXデーを目前にして、沖縄県内が安室ちゃんへの愛で溢れかえっているのだ。

目前に迫ったXデー、2018年9月16日。
そう、この日は沖縄が世界に誇る歌姫、”安室ちゃん”こと安室奈美恵さんが引退する日です。

ここ沖縄では那覇を中心に、全力で安室ちゃんへの愛と感謝を伝えようと街のそこかしこに安室ちゃんのポスターや映像、楽曲などが溢れ出しており、どこを見ても安室ちゃん一色。安室愛が氾濫している状態です。
そんな安室愛のかけらを拾い集めてきたので、ここに記録としてまとめておきたいと思います。

琉球新報

まずはなんといってもこれ。
地元新聞社である琉球新報本社ビル外壁に設置された、全長17メートルの巨大な安室ちゃんスクリーン。

写真の下には”沖縄♡安室”のメッセージが。

写真を撮影する人がひっきりなしに訪れる人気スポットとなっています。
そして同ビル1Fにあるエントランスホールでは、企画展『My Hero』が開催中。入場無料で16日(日) まで。

中にも巨大な安室ちゃん出現!

パネルには、琉球新報に掲載された安室ちゃん関連記事の歴代スクラップが時系列に展示されていました。
奥にある大型スクリーンではライブ映像を放映。

いちばん最初の記事は1994年月17日。安室奈美恵とスーパーモンキーズ時代でした。

安室ちゃん一番ソングやそれにまつわるエピソードを募集するをアンケートボックスがあったり。

沖縄の伝統工芸、紅型(びんがた)で染められた安室ちゃんのポートレートがあったり。

過去の化粧品広告ポスターも展示されていました。まさに世代ドンピシャの私にとってはこのあたり懐かしすぎる!

6月6日に発行された「安室奈美恵 ラストドームツアー特集」特別号は増刷して1部130円で販売中。売り切れ次第終了だそうなので、欲しい方は琉球新報社に問い合わせのうえお早めにゲットを。
 

沖縄タイムス

そして同じく地元新聞社の沖縄タイムス。
こちらも国道58号線沿いの本社外壁に、縦8.76メートルの安室ちゃん巨大ポスターが登場しています。

そしてこちらでも1Fエントランスホールで展示会『We Love NAMIE 愛さ奈美恵、いちまでぃん 〜沖縄タイムスで振り返る、安室奈美恵さんの軌跡〜』を開催中です。スピーカーからは安室ちゃんの曲が流れ、道行く人々が次々と吸い込まれていました。

こちらでも時系列ではないですが、過去の新聞記事スクラップが展示されています。

寄せ書きコーナーにいはファンからの熱いメッセージが書き込まれていました。

歌姫との記念撮影スポットも。

8月2日に発行された安室ちゃんの大判写真と展覧会の内容を掲載した特別紙面号を1部130円で販売中でした。こちらもなくなり次第終了だそうなので、欲しい方は沖縄タイムス社に問い合わせのうえお早めにゲットしてください。
 

沖縄都市モノレール

お次は沖縄都市モノレール。ここでも安室愛が溢れまくっています。

那覇空港駅ではポスター掲示を確認(他の駅は確認できていないので不明です)。

am_yuirail02.jpg
そして、各駅の改札口付近では安室ちゃんの曲が流れています。しばらく立ち止まって聞いていたのですが、名曲『愛してマスカット』が流れてきたのでテンションあがりました。
そしてもうひとつ。なんと通常の車内アナウンスの後に、安室ちゃんの名曲『Hero』がチラッと流れるのです。
残念ながら各駅ではなく、那覇空港駅〜赤嶺駅、儀保駅〜首里駅の間でしか流れないしほんの一瞬なので、聞き逃さないよう注意が必要です。

※0:42あたりから始まります
 

那覇空港

お次は沖縄の空の玄関口、那覇空港へ。

・わしたショップ

ツイッターの情報をたよりに探してみたところ、ANA側にあるわしたショップで安室ちゃん仕様のディスプレイを発見しました。
他のショップもぐるりと見てまわったのですが、安室ちゃん仕様になっていたのはここだけ。

店内に設置された液晶では、ファイナルツアーのDVDが流れていました。

熱がすごい。

CDコーナーにも、安室・アムロ・あむろ。

アムラーの皆さん、沖縄旅行のお土産を買うなら迷わずこのお店ですね。
 

・Coralway

アムロジェットを就航しているJAL/JTAのショップCoralwayでは、アムロジェットオリジナルTシャツを販売中。

黒と白の二色ですが、どちらもLサイズとXLサイズがめちゃめちゃ売れていました。
 

那覇市役所

お次は那覇市役所。

通常「今月は◯◯月間!」のようなお知らせが貼られる場所に、歌姫アムロちゃんの姿が。

ウチナーグチで書かれた「愛(かな)さ奈美恵、いちまでぃん」は、「愛しい奈美恵、いつまでも」みたいな意味です。
 

沖縄市役所

お次は那覇市から飛び出して沖縄市役所へ。

庁舎前広場にある時計塔に注目。

ここにも安室ちゃんが。
先日『安室奈美恵さんのファイナル展示会でアムラー油というラー油が販売されているらしい』の小ネタ記事でも紹介した展示会「namie amuro Final Space」が、沖縄市内にあるショッピングモール『プラザハウス』にて16日まで開催中です。
 

沖縄銀行

また那覇に戻って、沖縄銀行本店にも。
 

琉球銀行

すぐ近くにある琉球銀行本店にも。
 

パレットくもじ

デパートリウボウが入る商業施設パレットくもじにも。
ちょうど目の前にあるモノレール県庁前駅のホームから見えるように設置されていました。

そしてパレットくもじの建物2Fにあるコインロッカー横に設置された金網に、スピーカーがくくりつけられホームに向かって安室ちゃんの曲がかかっていました。ちょうど上の安室ちゃんのポスターを見たときによく聞こえるよう配慮されている様子。
そしてパレットくもじと県庁前駅とをつなぐ連絡通路や、デパートリウボウの店内放送でも安室ちゃんの曲が流れていました。
 

タワーレコード 那覇リウボウ店

パレットくもじの7階にあるタワーレコード那覇リウボウ店。
店頭に掲げられた「NO MUSIC, NO LIFE」のポスターはもちろん安室ちゃんバージョン。

そして店舗の外壁沿いには、ディスコグラフィーのパネル展示。

県民栄誉賞が授与されたときの新聞号外パネル展示や、

安室ちゃんへのメッセージボードも。顔のとこだけよけてあるのがかわいいです。

熱いメッセージの数々。

県知事選への出馬を期待するファンもいました。いや、それはちょっと愛が重すぎるんじゃ。

おきなわ倶楽部

am_okikura01.jpg

地元情報誌の『おきなわ倶楽部』も安室ちゃんが表紙を飾っています。
地元情報誌なので沖縄の基本的に沖縄の情報しか載っていないのにもかかわらず、この号は県外からも購入希望が殺到しているそう。

am_okikura02.jpg

目次には編集部からの安室ちゃんありがとうメッセージがあったり、

am_okikura03.jpg

展示会『namie amuro Final Space』を訪れた人からの安室ちゃんへのメッセージが紹介されていたり、他に展示会の様子も掲載されていたりとまさに安室愛に溢れた一冊。
ちなみにメイン特集は『沖縄県民よ、魚を食せ!』なのですが、完全に安室ちゃんが食ってしまっています。
 

沖縄テレビ

am_otv.jpg
沖縄テレビウェブサイトより)

地元テレビ局の沖縄テレビでは、これまでのアーカイブから秘蔵映像を一挙公開する特番『沖縄のHero 安室奈美恵』を9月11日に放送。
瞬間最高視聴率は29.5%、平均視聴率も25%超えの大好評を博したため、急遽15日(土)の深夜1:20〜の再放送が決定しています。
 

愛さ奈美恵、いちまでぃん♡

今回ピックアップできなかったのですが、その他にも、香港から那覇を訪れた大型クルーズ船が客室バルコニーのLEDライトで『WE LOVE  NAMIE』のメッセージを表示したり、沖縄美ら海水族館がある海洋博公園のオキちゃん劇場で、イルカショーの際に期間限定で安室ちゃんの曲が使われたり、国際通りのてんぶすビジョンで安室ちゃんのライブDVDが流れていたりと、今、沖縄が安室ちゃんへの愛で溢れかえっています。

今週末に宜野湾市のコンベンションセンターで行われるファイナルライブをもっていよいよ引退。
寂しいですが、これまでの名曲の数々と素晴らしいパフォーマンス、そして素敵な笑顔を胸に、安室ちゃんの第二の人生を陰ながら応援していきたいと思います。

am_other04.jpg

私たちのHero 安室ちゃん、永遠なれ!

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ