2015.02.02

ABCランチの違いを考える(第二回:ルビー宜野湾店)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
二ヶ月の沈黙を破り、遂に第二回目を迎えることになったAランチシリーズ。今回は「軽食のルビー」宜野湾店のABCランチについて考察を進めたい。

二ヶ月の沈黙を破り、遂に第二回目を迎えることになったAランチシリーズですが、今回は軽食のルビー宜野湾店のABCランチを考察したいと思います。

二回目なので説明は省かせていただきますが、沖縄の大衆食堂にある「Aランチ」「Bランチ」「Cランチ」をそれぞれ食べてみることによって、いったい何がAランチたらしめているのか見ていく企画となっており、第一回の記事はコチラを御覧ください。

ちなみに一回目の記事公開後に「タイトルがわかりにくい」というご指摘がありましたので、今回から「ABCランチの違いを考える」というタイトルでさらに結構反響もあったので、コネタから昇格して特集としてこれからはお届けしていく予定です。

 

ルビー宜野湾店

「軽食の店 ルビー」は那覇市泊に本店を持つ大衆食堂。「どこが軽食なんだ」というくらいボリューミーな定食と、ほのかに甘いアイスレモンティーが有名な老舗です。今回やってきたのはそのルビーの宜野湾店。

券売機の一番端をABCランチが陣取っていますね。Aランチ800円,Bランチ700円,Cランチ580円となっています。

では、さっそくランチをみていきましょう。

Cランチ


Cランチ580円

トップバッターのCランチを構成しているのは、こんな感じです。

・ごはん
・チキンスープ
・キャベツ
・マカロニサラダ
・ビーフカツ
・卵焼き(小)
・ウインナー
・ポーク(4分の1)

写真ではカツが大きすぎて、卵焼きとポークが隠れてしまっています。ウインナーはタコさん状態に。

続きまして

Bランチ


Bランチ700円

おかずの内容や皿には変化がないように見えますが、下に隠れているんです。

・ごはん
・チキンスープ
・キャベツ
・マカロニサラダ
・ビーフカツ
・卵焼き(中)
・ウインナー
・ポークチーズ(2分の1)
・ベーコン

このBランチ、ベーコン・チーズ・ポークの順番で重ねられており、チーズの相方がベーコンとポークなのか、それとも3個で一つの品目なのか悩みましたが、ポークに寄り添っているという点でポークチーズと判断しました。

あやぐ食堂はハムにチーズになっており、これは興味深いところですね。

あとは、Cランチに比べて、ポークと卵はサイズが大きくなっており、カツ以外の品目が存在を主張しています。

最後はランチの大将Aランチです。

Aランチ


Aランチ800円

・ごはん
・チキンスープ
・キャベツ
・マカロニサラダ
・ビーフカツ
・卵焼き(大)
・ウインナー
・ポーク(2分の1)
・ハム
・ハンバーグ

ここでポークチーズがポークになり、無くなったチーズの代わりカリカリに焼かれていたハムがポークの上に乗っています。

更には卵焼きはCランチの3倍くらいになり、ここでカツと同等レベルのハンバーグが登場してきます。

トンカツが抜けても全然違和感のないくらいに品目同士の主張が強い構成になっており、Aランチは食べるのにも苦戦しました。


これでDランチと言われても違和感ありませんよね(笑)

 

何がAランチをAランチたらしめているのか

以上の結果からABCランチを考察していきいと思います。

ABCともに共通している品目は、ごはん、チキンスープ、キャベツ、マカロニサラダ、ビーフカツ、ウインナーですね。

品目は一個づつ増えていくという分かりやすい構図ですが、それ以外にも卵とポークのサイズが大きくなっている点も忘れてはなりません。

食べていて気付いたことは、C・Bランチはビーフカツが主役となりランチを盛り上げていますが、Aランチになるとハンバーグが主役の代役としての役割を持っているので、ビーフカツは少し目立たなくなった気がします。


カツとハンバーグの夢の共演

一番大きな要因はAランチたらしめているのは、品目に2つの主役がいる事ではないでしょうか。主役を支える卵焼きやポークも着実に成長しながら、次の主役の座を着々と狙っているような気もします。

 

前回の記事も踏まえてみる

これまでルビーを中心に見てきましたが、前回のあやぐ食堂も含めて考察していきます。


前回のあやぐ食堂の結果

あやぐ食堂ではBランチですでに天ぷらとトンカツという2つの主役が台頭しているので、上で述べた「Aランチたらしめているのは品目の主役が2つ」という説は通りません。

あやぐ食堂の時に述べられていた「品目数がどのくらい多いのかもAランチをAランチたらしめる要素なのかもしれません。」という事でまとまりそうです。

まだサンプルが2つなので、これから増えていく中で新しい「Aランチたらしめる」定義が見えてくるかもしれません。


ごちそうさまでした。

しかし、ABCランチどれも良いボリューム感があるので、当分はゆっくり味噌汁や素麺を食べて胃袋を落ち着かせたうえで、天からのお告げがあれば次のABCランチ達に挑みたいと思います。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ