2015.08.03

ビッグハートの謎に迫れるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
県内に数店舗あるステーキハウスビッグハート。実は古波蔵にあるビッグハート那覇店のみ系列が違うそうなのです。どこがどう違うのか、確認しに行ってきました。

ステーキハウスビッグハートの謎

沖縄県内に数あるステーキハウスのひとつに、ビッグハートという店があります。
「ああ、あの黄色い看板の。」と思い出す人も多いのではないでしょうか。


黄色い看板に赤いハート、そして牛のイラストが目印。

このビッグハート。県内に姉妹店が何店舗かあるのですが、那覇市古波蔵店にあるビッグハート那覇店のみ姉妹店ではないらしいのです。でも、店名もロゴもまったく同じだったような...?

というわけで、ビッグハート那覇店とその他の店舗との違いを調査しに行ってきました。
 

ビッグハート西原店

こちらがチェーン展開しているほうのビッグハート、西原店。
西原町小那覇の国道329号線沿いにあります。

店舗は建物の二階にあり、ふく薬局の左側に目立たない入口があります。

ここが入口
階段を登るとたどり着きます

階段に貼ってあった注意書き。
姉妹店は具志川店・泡瀬店・美里店・西原店のみで、那覇店・本部店とは全く関係が無いと書かれています。
本部店については、調べてみたのですが情報が確認できなかったので既に閉店してしまったのかもしれません。

そしてビッグハートといえばロゴの隣で愛嬌を振りまく寝ぼけまなこの牛のイラストが特徴的ですね。

二階の奥のほうに店舗入口がありました。ちょっと不安になる目立たなさですが大丈夫でしょうか。

仕入れ価格高騰のため、ライス・スープの無料おかわりサービスを今年1月で終了したそうです。
それでは入店してみましょう。

思ったよりも広々とした明るい店内。
お昼のピークタイムを過ぎた頃だったのでお客さんはチラホラ程度です。

看板メニューっぽい特製ステーキ 中(150g)1,480円 を注文してみることに。
待っている間に店内を観察してみます。

テーブルのセットはこんなかんじ
焼き方はミディアムレアを注文


レジ周りがなんだかフリーダム


オーナーは猫好きなのでしょうか

ステーキの前にスープとサラダが運ばれてきました。

沖縄のステーキハウス定番のクリームスープはいたってスタンダードな味。人参や鶏肉などの細かい具がちょっとだけ入っています。
サラダにはテーブルのサウザンドレッシングを好きなだけ自分でかけられるスタイルです。
それから待つこと10分ほどでステーキが運ばれてきました。


ジュウジュウ!

熱々で運ばれてくるので、肉汁がはねないよう紙がかぶせられて提供されます。

こちらがビッグハート西原店の特製ステーキ中(150g)
レモンバターがのったお肉に、付け合せはミックスベジタブルとフライドポテト。
両面こんがりトーストされたふかふかのパンにバターがたっぷり塗られています(ライスかパンは選べます)。

ステーキを運んできてくれた女性の店員さんに「古波蔵にある那覇店は姉妹店じゃないんですか?」と聞いてみたところ、「あ、ええ...。那覇はおもろまち店だけです。ウチではちょっと分かりませんね...。」と足早に去っていかれました。
なんだか聞いちゃいけなかった感がひしひし。本店に行けばなにかわかるのでしょうか。

ちなみにステーキはとても柔らかくてジューシー。旨味ぎゅっと凝縮されています。また、熱々のステーキの上でとろけたレモンバターがあいまってさっぱりペロリといただけました。ポテトも揚げたてホクホク。ミックスベジタブルはよくある冷凍の商品のようでした。
個人的に久しぶりのステーキということもあって、帰り道で思わず何度も「美味しかった...。美味しかった...。」と呪文のようにつぶやいてしまうほど美味しかったです。

A1ソースの容器を再利用して作られたビッグハート特製ガーリックソース。
ステーキにかけてみると、それほどがっつりガーリックというわけではなく、ほんのり甘めでなかなか美味しかったです。途中で味に飽きてきたときなんかにおすすめです。

ナイフが異様に切れ味がいいと思ったら、重量のあるナイフになにやら荒い削り目が。
そういうナイフかと思いましが一本一本削り目が違っていたので、あとで店員さんに聞いた所、なんと店で削っているそうです。ちょっとすごい。
 

ビッグハート那覇店

そして次に訪れたのは、くだんのビッグハート那覇店。

ひめゆり通り沿いにある黄色い建物、そして他のビッグハートと同じく黄色い看板が目印です。

この日の日替わりはハンバーグなすカレー
西原店と同じく建物の2階にあります

那覇店の入口にも類似店に関する注意書きがありました。
他店のビッグハートさんのステーキ商品とは全く関係ないとのこと。

店内はこんなかんじでテーブルのボックス席が多め。
お昼のピークタイムにはかりゆしウエアを着たサラリーマンたちでほぼ満席でした。
店の雰囲気はステーキハウスというよりは若干居酒屋っぽい庶民的なかんじ。

テーブルのセットはこんなかんじ
こちらはスライスレモン、おろしにんにく、ライスのおかわり無料だそう

ビッグハート那覇店も看板メニューは特製ステーキのよう。
西原店と同じく中(150g)を注文します。お値段はこちらのほうが少し高く1,650円。

牛のイラストが違う!
箸袋にも同様の牛が

那覇店にも牛のイラストがかかれていましたが、西原店の寝ぼけまなこの牛さんと違いこちらはにっこり笑った目元が特徴的なスマイル牛さんでした。今の今までどちらも同じ牛のイラストだと思っていたから思い込みって恐ろしい。

先に運ばれてきたスープとサラダ。ビッグハート西原店とほぼ同じですが、スープにパセリがかかっている点が異なります。
サラダにはあらかじめサウザンドレッシングがかかっていました。

10分ほどして特製ステーキが運ばれてきました。かぶせ紙は無し。
レモンバターののったステーキに付け合せはミックスベジタブルとポテト。内容的にはビッグハート西原店とまったく同じですが、ポテトの形状が異なります。量も若干少なめ。

こちらも肉質は柔らかくとてもジューシー。ミディアムレア度は西原店よりも高く、柔らかいなかにも牛肉の歯ごたえを楽しむことができます。また、焼き加減を考慮してなのか鉄板がアツアツではないので、より長くミディアムレアの状態が続きます。
ただ、熱が足りずレモンバターがうまく溶けてくれないので、お肉とソースの一体感でいえば西原店のほうが一歩上手といったところ。パンのアツアツふわふわサクサク感も西原店のほうが上をいっていました。

ナイフは西原店のように削られていない状態
パンは片面のみに少量のバター

そして那覇店もテーブルに特製ガーリックソースがありました。
西原店とほぼ同じ見た目ですが、よく見ると牛のイラスト部分が違っています。寝ぼけまなこの牛さんでもなく、さきほどのスマイル牛さんでもなく、こちらはリアルめな牛さん。

ここまでいろいろ似通っていると、どう考えても系列店ではないほうが不自然です。

会計時、レジの方に西原店と同様の質問をしてみると「あ、はい。姉妹店ではないんですよ。オーナーも全然違うし...。詳しいことはちょっと私たちも分からないんですけどねー。」とにこやかに返されてしまいました。ううむ。
 

まとめ

というわけでビッグハート西原店とビッグハート那覇店。
店名(カタカナ/英語表記とも)と看板の色、特製ステーキという商品名は一致していましたが、牛のイラストや価格、ステーキの付け合せ、店の雰囲気やメニューなどは異なっていました。ちなみにロゴはものっっっすごく微妙に違っていました。ぱっと見は同じに見えるほど。まるで間違い探し。

bigheart41.jpg
西原店
bigheart43.jpg
那覇店
bigheart42.jpg
西原店
bigheart44.jpg
那覇店

真相については煙に巻かれてしまうかたちとなりましたが、いろいろと大人の事情がありそうということは分かりましたので、これ以上の深追いはしないでおこうと思います。

というわけで、ビッグハートの謎に迫ったようで、さらに謎が深まっただけだったのでした。
どちらが本物ということは言えませんが、間違い探しのような気分で食べ比べをしてみるのも楽しいのではないでしょうか。
どちらの特製ステーキもそれぞれ美味しかったですよ!

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ