2016.07.08

トンプリンとはなんぞや

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
西原町の県道38号線沿いにある青い建物の裏手にひっそり佇むトンプリンの店。コラーゲン?コンドロイチン?謎に包まれたトンプリンに迫ってきました。

元居酒屋?民宿?の青い建物

西原町の県道38号線沿い、坂田交差点とサンエー西原シティの中間あたりにある青い建物をご存知でしょうか。
住所でいうと翁長、ちょうど西原中学校の向かいにあたります。

tonprin_01.jpg

たしか数年前までは『パヤオ』という看板が出ていて海鮮居酒屋(?)のような飲食店が営業していたと思うのですが、黄色い ”ラーメン” の看板を残してひっそりと閉店してしまっているようです。今となってはどんなお店だったのか計り知ることはできないのですが、つい先日やんばるたろう氏からこの建物の奥にトンプリンという商品を売っている気になる店があるという情報を仕入れたのです。

駐車場入口の背の高い丸看板にもトンプリンという文字が。そのお店は確かに実在しているようです。

駐車場に入ると青い建物の玄関先に西原荘という看板が。あれ、居酒屋じゃなくて民宿??どちらにせよ現在は営業していない雰囲気でした。

tonprin_05.jpg

魚正、カラオケコーナー、あしびなー。
リアルな魚のイラストとともに情報の多さに頭が混乱します。

これらから察するに、カラオケコーナーのある宿泊もできる海鮮居酒屋跡地、といったところでしょうか。

駐車場の一画にはソファやテレビ、洗濯機、炊飯器、ベニヤ板などの廃品が置かれていました。
 

そして本題のトンプリンに迫る

駐車場にはさらなるトンプリンの看板が。沖縄生まれのコラーゲン&コンドロイチン??
なんなの?プリンなの?サプリメントなの?謎は深まるばかり。

駐車場を奥へと進むと屋根付きの広めのスペースが見えてきました。駐車場と、奥の2階建の建物に何軒かのテナントが入っているようです。
よく見ると2Fの看板には ”模合・小宴会・会議室 無料貸しホール” の文字が。こちらも営業はしていない雰囲気でしたが、無料ってすごい。宿泊客限定でしょうか。

その数軒並びのテナントのひとつで、ついに目指すトンプリンを発見。
なぜ、なぜフォントを康印体にしちゃったのでしょうか。若干ホラーです。

入口ドアの隙間から見える応接セット。

トンプリンについてのポスターもありました。(*拡大画像はこちら

勇気を振り絞ってドアを開けるとそこには。

大きな業務用冷蔵冷凍庫と、カウンターがある小さなお店。加工直売所のようです。
「いらっしゃい」とやさしく迎えてくれたおっとりとした雰囲気の上品なご婦人、店主の津多定子さんにお話を伺いました。

友人から聞いてはじめての来店だということを告げると、冷蔵庫から四角いパックに入ったぷるんとしたわらびもちのようなものを取り出し「まずは食べてみて」とゴマドレッシングとともに差し出されました。

そう、これこそがトンプリンなのです。
津多さんにによると、トンプリンとは県産豚皮から抽出した成分を冷やし固めたもので、100%天然の健康食品。からだの各器官の主成分だと言われているコラーゲンとコンドロイチンが市販のサプリメントなどとは比べものにならないほどたっぷりと含まれているそうです。

「まずはそのまま何もつけずにひとくち食べてみて」

ぱく。もぐもぐもぐ・・・・。

おお、これはなんというか、味の付いていない軟骨ソーキの軟骨の部分を食べている感じ?
これといったにおいや味はないのですが、後口にほのかにケモノ臭というか豚臭さを感じます。
食感としてはちょっと硬めの寒天といったところ。
ごまドレッシングをつけて食べると、こんにゃくサラダを食べているような感覚で違和感なく食べられます。
それにしてもとにかくぷるんぷるんで弾力がすごい!

「沖縄では昔から『ヒサヌヤミーネーヒサカメー』(直訳:膝が悪い人は膝を食べなさい)というように、調子が悪いところと同じ部位を食べると治るという言い伝えがあるんですよ。」

津多さんは与那原町在住。沖縄県南部農業改良普及センターの生活改善グループとして活動する中で、精肉店で商品価値が無いとして廃棄される豚皮を見て『豚は鳴き声以外全部食べられるというのに勿体無い。これでなにかできないか』と試行錯誤し開発されたのが、このトンプリンなのだそうです。

愛用している人からは「膝、腰の調子が良くなった」「正座ができるようになった」「肌にハリがでてきた」「口内炎が改善された」などの声が届けられるそう。私がお店にいるあいだにも、東京から40個送ってほしいと注文の電話が入っていました。なんと北海道にまでお客さんがいるそう。

トンプリンは約22度で溶け出して液体になるそうなので、冷やし固めてそのまま食べる以外にも、料理やデザートの原料として加工して食べることも可能。アレンジは無限だそうです。いつもの化粧水に一滴混ぜて、顔に塗っても良いのだとか。

なにより明るくおしゃべり好きな津多さん。沖縄の話、農業の話など、気がつけば小一時間ほどここで過ごしてしまいました。

トンプリンは冷凍の状態で販売されており100g 100円。天然の原料を使って沖縄で手作りされた商品、個人的にはそんじょそこらのサプリメントより安心して食べることができるのではないかと思います。
気になる方は是非お店まで買いにいってみてくださいね!
 

--
トンプリンの店
営業時間:13:00〜19:00
定休日:日曜日、勤労感謝の日
TEL:098-944-6061
〒903-0117
西原町字翁長249番地
*トンプリンは登録商標です

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ