石垣島離島ターミナルのポーク卵おにぎり食べ比べ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
八重山の各離島の玄関口である離島ターミナルには色々な惣菜が販売されている、その中でポーク卵おにぎりだけを集めて食べ比べてみた。

資金面やら子供が生まれたやらでなかなか遠出ができない我々なんですが、先日久しぶりに離島へ出張に行ってきました。行ってきたのは西表島。これについては別の記事で書きますが、しばらく離島ネタをご紹介できるかもしれません。

八重山の各離島へは石垣島にある離島ターミナルから船が出ており、各島への玄関口と言える場所です。建物の竣工は2007年ということでそこまで古い建物ではないのですが、


ソムリエのフォントがすごい

ぐっとくるフォントの食事処があったり、なんだか怪しげなお土産物が売られていたりとなかなかに味わい深いスポットになっています。

すごい長いおにぎり。おにぎりなのか…?
たくさん並んだおにぎり

各売店ではこれから離島に向かう人たち用にお弁当やおにぎりが売られているのですが、今回は色々あるお弁当の中でも特にポーク卵おにぎりを買い集めてみました。ポーク卵おにぎりといえばどれも同じように見えますが、これが結構バリエーションがあって面白かったのです。

それでは石垣島離島ターミナルで集めた、めくるめくポーク卵おにぎりの世界をご堪能下さいませ。

 

ポーク卵おにぎり食べ比べ

さて、今回買い集めたポーク卵おにぎりは上記になります。西表島からの帰りに買い求めたんですが、行きで見かけたけど帰りには見つからなかったものもあって、時間帯や曜日によってラインナップが変わってる気がします。こうやって並べてみると形もパッケージも割と違うのですが、以下でそれぞれを食べながら詳細を見てみましょう。

 

有明焼き海苔ポーク玉子(200円)

まず最初は「有明焼き海苔ポーク玉子」。ラベルにみっちり文字が書いてあるのですが、お弁当やさんというそのまんまの名前の所が出している模様。

大きさは9cm×7cm×3.5cmくらい。割と大きめサイズですが、沖縄本島のポーク卵もだいたいこれくらいの大きさな気がします。

ポーク卵おにぎりの卵は薄焼き卵的な印象があるのですが、こちらは結構厚めの卵焼き。ご飯の塩味が強い気がしましたが、味はスタンダードなポーク卵おにぎりでした。ちなみに材料にマヨネーズと書かれていたのですが、特にマヨネーズは入ってませんでした。ひょっとしたら卵焼きに入ってるのかもしれません。そして、商品名から鑑みるに海苔がウリだと思うのですが、そこまで違いが分かりませんでした。

 

人気ナンバー1ポークたまご(180円)

続いては人気ナンバー1ポークたまご。商品名に「人気ナンバー1」とか付けてしまう感じがちょっとずるい気もします。

大きさは8cm×6cm×4cmくらい。すこし小ぶりな俵型です。

こちらの特長は割としっかりポークが焼かれているのと、分かりにくい写真で恐縮ですが、ポークの上にツナマヨが入っています。卵はやや薄いですが、薄焼き卵というよりは薄い卵焼きといった感じ。普通のポーク卵おにぎりかとおもったらツナマヨが入っているというサプライズが嬉しいのでこのあたりがナンバー1の自信につながっているのかもしれません。

 

ポークたまごサンド(200円)

続いてはポークたまごサンド。

こちらはご飯とポークを薄焼き卵で包むという変わりダネ。大きさは8cm×6cm×4.5cm。

ご飯を薄焼き卵で包むことにより、ご飯の水分が逃げていないのでご飯が柔らかめで不思議な食感に。水分多めなので海苔が手につきます。原材料の項目にはマヨネーズとケチャップと書かれていたのですが、どちらも存在は確認できませんでした。マヨネーズは前のやつと同じように卵焼きに入ってるのかもしれません。

個人的にはケチャップがはいってたら、オムライス的な感じにもなってもっとおいしかったのではないかと思います。

 

ポーク玉子サンドおにぎり ツナマヨ(250円)

続いてはポーク玉子サンドおにぎり ツナマヨ。他のものより少し価格が高い250円。

大きさは9cm×7cm×4cm。ポークに薄焼き玉子が入っており、沖縄本島での一般的なポーク卵おにぎりの形に一番近そうです。

味は普通にポーク卵おにぎりなんですが、ツナマヨの量をご覧下さい。ここはもうちょっとツナマヨを入れて欲しかった所です。ポークはラインナップの中では割としっかり焼かれてました。

 

どすこい!OH!ポーク玉子 味噌マヨ(230円)

最後はどすこい!OH!ポーク玉子。ネーミングがすごい。ラベルを見てみるとこのおにぎりだけお米と卵は石垣産、海苔は熊本産と詳細な地域が記されていました。「今日も安全運転。ゆっくり走ろう、八重山諸島」と標語的な事も書かれています。

このポーク卵おにぎり、見た目のインパクトがすごいです。大きさは7cm×7cm×6cmほどなのですが、完全にポークがはみ出てます。

卵は薄焼きではなく卵焼き。ポークが結構分厚い感じです。マヨネーズとちょっとスパイシーな味噌も挟まれていてガッツリ系でした。後で気づいたのですが、プレーン味も売っていた模様。

 

ポーク卵おにぎり、割と個性的


帰りの離島ターミナルで買って、空港で撮影するという

というわけで本日は石垣島の離島ターミナルで見つけたポーク卵おにぎりの数々を食べ比べてみるという、大してオチのない企画でした。ちょっと食べてて思ったんですが、石垣島のポーク卵おにぎりは薄焼き卵ではなく卵焼きなものが多かった気がします。

沖縄本島は薄焼き卵が主流な気がしてるのですが、地域差なのか思い込みなのか、もう少し調査をしてみる必要がありそうです。

本日は取り急ぎ以上です。西表島に何をしに行ってきたかはいずれ明らかになりますのでご期待下さいませ。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ