「いちゃガリガリ」の硬さを確かめる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
沖縄の駄菓子「いちゃガリガリ」は油断がならない。気づいたら歯が欠けるくらい硬いのである。そんな「いちゃガリガリ」がどれだけ硬いのか、他の駄菓子と比べてみた。

「いちゃガリガリ」とは?

「いちゃガリガリ」は直訳すると「硬いイカ」という意味になるのだろうか。イカソーメンくらいの細いイカにものすごく硬い衣がついている。
その昔沖縄ではイッセンマチヤー(駄菓子屋)で売られていたポピュラーな駄菓子らしいのだが、現在は宜野座村で製造されているのみである。

そんな「いちゃガリガリ」、さっそくパッケージから見ていこう。

IMG_0401.jpg

「カタイ!」

いきなり直球勝負である。そう、タイトルにもあるが、このお菓子、硬さが尋常ではないのだ。

IMG_0406.jpg

見た目はカリントウに似ているのだが

IMG_0409.jpg

中はイカソーメン(芯)1%と99%の固い衣に覆われている。ちなみに味は甘くなく、素朴な小麦菓子の味である。
この記事では「いちゃガリガリ」がいかに硬いのかをどのようにしたら皆さんにお伝えできるのか、そんな内容である。

比較対象を集めよう

「いちゃガリガリ」が硬いと言っても、まずはどのくらい硬いのか、それを皆さんに分かってもらわなければならないだろう。

IMG_0493.JPG

というわけで比較対象用にお菓子を買ってきた。

1.黒かりんとう:お菓子業界でいけば、硬いお菓子の代表ではないだろうか。
2.ポテロング:なんか目にとまったので。細いが意外と強度はあるのでは…。
3.じゃがりこ:意外に硬いお菓子なので、2-3本あわせればあるいは?
4.黒糖プレッツェル:お菓子の家でもつかわれた建材。家の土台になるくらいだから硬い?
5.SNICKES:中はヌガーとピーナッツが入ったチョコバー。硬いというより太い。
6.ピーナッツチョコバー:ピーナッツ+チョコのチョコバー。チョコの割合が多いので硬い。
7.うまい棒:めんたい味。硬くないけどうまい。

これらのお菓子をつかって「いちゃガリガリ」の硬さを表現する方法…

それは…
 





IMG_0497.JPG

天下一お菓子硬さ選手権の開催である。

皆さんはオオバコ相撲をしっているだろうか。
お互い引っ張って、切れたほうが負けというやつである。

各お菓子ごとにトーナメントで戦い、最後に残ったお菓子が「最硬」なのだ。

最硬王者決定戦

1.一回戦 うまい棒 vs ポテロング

IMG_0503.jpg

一回戦はうまい棒対ポテロング(2本)である。ちなみに例のごとく、これセルフタイマーで撮っているのだが、超撮りにくい。
やはり太さが違いすぎるのか、あっけなくポテロングが折れて、順当にうまい棒が勝ち進んだ。

IMG_0508.jpgのサムネール画像
流石に太さが違う
IMG_0509.jpg
◯ うまい棒(サバ折り)

2.二回戦 いちゃガリガリ vs じゃがりこ

IMG_0511.jpg

二回戦は本命のいちゃガリガリである。じゃかりこもその硬さ故かなり粘ったが、やはりいちゃガリガリには勝てなかった。
おもいっきり折れて部屋の片隅に吹っ飛んでいった。

IMG_0510.jpg

◯ いちゃガリガリ(サバ折り)

3.三回戦 SNICKES vs 黒かりんとう

IMG_0515.jpg

甘くないお菓子の優勝候補がいちゃガリガリならば、甘いお菓子の本命は黒かりんとうだろう。
SNICKESも硬さでは負けていなかったが、徐々にかりんとうに押され、折れてしまった。

IMG_0516.jpg

◯ 黒かりんとう(サバ折り)

4.四回戦 ピーナッツチョコバー vs 黒糖プレッツェル

IMG_0517.jpg

これも太さに差があるため、まぁ当たり前なのだが、ピーナッツチョコバーは硬い。
あんなに見事に家を形作った黒糖プレッツェルを破った。

IMG_0519.jpg

◯ ビーナッツチョコバー(サバ折り)

ーーーーーーーーーーーーー

一回戦終了

IMG_0520.jpg

ここまで来てアレなのだが、やはりお菓子の太さは太いほうが有利である。あんまりルールを考えてなかったな…。
それでは1勝同士の戦いである。

ーーーーーーーーーーーーー

5.五回戦 うまい棒 vs いちゃガリガリ

IMG_0523.jpg

これもいい勝負だったのが、いちゃガリガリに死角はなかった。
テーブルに細かい破片をまき散らしながら、ゆっくりとうまい棒が二本になった。

◯ いちゃガリガリ(サバ折り)

6.六回戦 ピーナッツチョコバー vs 黒かりんとう

IMG_0528.jpg

チョコバーは手でキープしているとどんどん溶けていく。
何度かすっぽ抜けてとんでもないことになりそうだったがかりんとうが辛勝。

◯ 黒かりんとう(サバ折り)

ーーーーーーーーーーーーー

二回戦終了

IMG_0530.jpg

ここまでやって、たいして盛り上がってないことに気づいたが、仕方ない。
いよいよいちゃガリガリとかりんとうの一騎打ちである。

ーーーーーーーーーーーーー

7.決勝戦 いちゃガリガリ vs かりんとう

IMG_0531.jpg

長かった。いよいよ決勝戦である。甘いお菓子代表かりんとうと甘くないお菓子代表いちゃガリガリによる戦いである。

IMG_0534.jpg

手が痛い!どっちも硬いので折れないよ!

IMG_0537.jpg

あわや引き分けでものすごくぼんやりしたオチで終わりそうだったが、かりんとうが折れていちゃガリガリが余裕の優勝である。

◯ いちゃガリガリ(サバ折り)

総括

いちゃガリガリは硬い。まぁまとめるとそれだけである。本気で洒落にならないくらい硬い。

IMG_0411.jpg
「かむちからでアゴを強くします。」そりゃこんだけ硬けりゃ強くなるよ。

是非食べたことが無い方は沖縄に来た際にお買い求めいただきたい。
結局勢いだけの特集だったのだが、この硬いお菓子がどのような経緯で生まれたのか、どのようにつくられているのかいずれ取材をしたいと思う。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ