うちなーぐち自動販売機と過ごす年末年始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みなさんは「うちなーぐち自動販売機」というものをご存知だろうか。自動販売機がうちなーぐち(沖縄方言)をしゃべるというやつである。

うちなーぐち自動販売機とは

「うちなーぐち自動販売機」とはダイドードリンコが作ったしゃべる自動販売機で、関西弁でしゃべる自動販売機を見たことがある方も多いと思う。それの沖縄方言バージョンである。

沖縄タイムスによれば設置は2010年5月くらいから。まだ設置台数も少ないのであまり見かけることがないかもしれない。

まあ、百聞は一見にしかず、どのようなものかまず見ていただこう。

お金を入れると:
めんそーれーたい。

(ようこそ)

お釣りが出ると:
いっぺーにふぇーでーびる。おつりわしんみそーんなよ
(ありがとうございます。お釣りを忘れないでください)。

すげぇ。方言バリバリである。きっと観光客にも馬鹿受け間違い無しのこの自動販売機なのだが、

さらに季節に応じてセリフが変わるらしい。

というわけで特別な日が続くクリスマス - 年末年始を自動販売機と過ごしてみた。

まずは姿形から

IMG_2174.JPG

全く暗くて見えないが、これが今回調査する「うちなーぐち自動販売機」。
これは沖縄高速道路の中城休憩所に設置されているもの。

冒頭で紹介された自動販売機(奥武山公園にある)は男性、中城休憩所の自動販売機は女性である(声が)。

IMG_2175.JPG
セリフの代表例が書いてある
IMG_2176.JPG
この自販機はウチナーグチでしゃべります。

普段の女性バージョンも紹介しようと思ったのだが、
この自動販売機夜は全然しゃべらない。とってもツンデレなやつである

クリスマス

それでは早速クリスマスの様子を見てみよう。

お金を入れると:
(三線でクリスマスソング)はいたい。メリークリスマスでーびる。

(こんにちは。メリークリスマスですね。)

クリスマスの夜、早速自動販売機にお金を入れてみたが、
前に書いたとおり夜は全くしゃべらない。

仕方が無いのでクリスマスイブの昼間に撮影。なおその後、一旦家に帰ってクリスマスイブの夜に一番浮かれている料金所はどこかを調べた。

年末

12月30日。再び自動販売機の前に立った。

お金を入れると:
なーにんしーなよういびしが、正月のしこうーえーちゃんとなとういびーん
(年末ですね。正月の準備はできていますか?)

お釣りが出ると:
くぬ一年ぬぇーだ、にふぇーでーびる。良い年、んけーみそーり
(この1年ありがとうございました。良いお年を。)

なんかセリフが長い上に一部意味が分からないが、
とりあえず自動販売機に正月の心配と1年間のお礼をされてしまった。何だか複雑である。

年始

開けて2011年。うさぎ年である(関係ないけど)。さっそく自動販売機のもとへ。

お金を入れると:
良い正月でーびる 良い年むかえみそーち
(良い正月ですね。良いお年を迎えてください)

お釣りが出ると:
いっぺーにふぇーでーびる。今年もゆたしくうにげーさびら。
(ありがとうございました。今年もよろしくお願いします。)

新年の挨拶とか誰にもしていないのに、真っ先に自動販売機に丁寧な挨拶される私。

意外にバリエーション豊富

そんなわけでとりあえずクリスマスから年末年始にかけて自動販売機と過ごしてみたが、

まだまだ底が深そうである。

噂によれば時間帯や特定の日にち、季節などでもしゃべるセリフが異なるらしい。

噂のうちなーぐち自動販売機は沖縄高速道路の「中城休憩所」「伊芸休憩所」、「奥武山公園」、「沖縄県庁内」など要所要所に設置されているらしいので、見かけた方は是非その声を聞いて欲しい。

と、綺麗にまとめてみたつもりだが、

やはりクリスマスと年末年始は人間と過ごすことをおすすめします。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ