ご当地キティから見る沖縄らしさ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近お土産屋さんで「ご当地キティ」をよく見かける。あのキティちゃんにその土地の何かをまとわせたやつである。今回は沖縄ご当地キティから「沖縄らしさ」は何か考えたい。

そんなことより聞いてくれ

記事を始める前に皆様にお知らせがございます。DEEを愛読していただいている方はもうご存知かとおもいますが

001.jpg

DEE OKINAWA(でぃーおきなわ)、ライブドアの日本ブログメディア新人賞にて特別賞を頂きました!

これもひとえに皆様の応援のおかげだと思います!
これを記念しまして特別プレゼント企画受賞記念記事などを予定しております(多分)!

 

いやー、もう「ご当地キティ」のことなんてどうでもいいですね。

…いやいや。そんなこと言わずにお付き合い下さい。そんなわけで本題を。

 

ご当地キティとは

キティちゃんを知らない人はいないと思います。
体重がりんご3個分しかない、あのネコ型キャラクターです(くわしくはこちら)。

そして、「ご当地キティ」とはその土地にちなんだ格好をしたキティちゃんのことです。
ウィキペディア先生によれば1998年に北海道で発売された「ラベンダーキティ」が第一号だとか。

 

それでは何も考えずに私の友人が鹿児島で撮ってきたこの写真を御覧ください。

5265449975_f4b0b85bc1_b.jpg
(クリックで拡大できます)

…いろいろとツッコミどころがあると思います。

めんたいこキティはまだ分かる。しかしカステラキティに至っては既に猫ですらない。
西郷隆盛キティに至っては猫のくせに犬を飼うという始末…っ!

 

…そう。ご当地キティは

・その土地ゆかりのものをキティちゃんに合わせる
・多少形状が変わっても大丈夫
・多少無理があっても無問題

というルールのもと成り立っているのです(勝手に妄想)。
しかも「地元ゆかりのもの」はその土地で広く知られるもの。つまり上の例ではステレオタイプな九州がご当地キティに凝縮されている、というわけなのです。

そこで今回は「沖縄のご当地キティ」を見ることでベタな「沖縄らしさ」が何なのか探ってみたいと思います。

 

それでは沖縄キティを見ていこう

早速「沖縄ご当地キティ」を見ていきましょう。

1.シーサー・花笠・ゴーヤー

IMG_0895.JPG
(クリックで拡大できるよ!)

さて、まずはメモ帳から紹介です。

花笠(琉球花笠)+琉装(沖縄の民族衣装)は沖縄といえばコレ、というくらいメジャーな格好だと思います(しかしこんな格好の人を未だほとんど見たことがない!)。

また、沖縄といえばシーサー。左のキティちゃんは首里城をバックにシーサーのキグルミを着ています。

最後にゴーヤー。左のキティちゃんはゴーヤー+キティな訳ですが、明らかにツッコミ待ちとしか思えないシュールな絵柄になっています。一見可愛くまとまっているように見えますがなんかグロい。

 

2.あぐー

IMG_0904.JPG
(クリックで拡大できるよ!)

ちょっとディープになってきました。「あぐー」は沖縄の在来種の豚。
最近はお店で焼肉やしゃぶしゃぶなどでも見かけるようになってきました。

可愛らしく見えるけど、よく考えたら猫in豚。

 

3.シークヮーサー・ヤンバルクイナ・エイサー

IMG_0923.JPG
(クリックで拡大できるよ!)

次に沖縄にあるガチャガチャです。いくつかかぶっていますが

エイサー衣装は花笠と並ぶ、沖縄っぽい衣装として広く認知されていると思われます。
また、DEEの特集でもしょっちゅうお世話になっているシークヮーサー。これも沖縄っぽいものと言えるでしょう。

そしてヤンバルクイナ。特別天然記念物で絶滅が危惧されているあの鳥ですが、
猫が着たらダメな気がします。

 

4.パインアップル

IMG_2499.JPG

根付。沖縄といえばパインアップルが連想される事が多いですが、
そんなに頻繁にパインアップルを食べる機会がありません。本当に名物なのだろうか。

 

5.泡盛・ハブ・海ぶどう

IMG_1151.JPG

これもガチャガチャ。今度は巾着です。

巾着故に形状がはっきりしないのですが、ハブキティが乗せているハブは明らかにウ◯コに見える。
 

6.棒術・くまのみ・紅いも・さとうきび

IMG_0903.JPG

見えづらいですが、メモ帳です。

クリックで拡大してみるとわかりますが、くまのみ、紅いもあたりは明らかに息切れを感じます。

 

7.三線

IMG_2497.JPG

三線とキティ。ここまでくるともう何でもキティにできそうな気がしてきますね。

三線はヘビ皮ですが、三味線は猫皮で作られていたことを考えると、なんだかとても深い制作意図を感じます。

 

8.紅芋タルト

IMG_0888.JPG

コレはある意味、「真のご当地キティ」かもしれません。
読谷村の御菓子御殿で撮影しました。御菓子御殿の主力商品の紅芋タルト+キティ。

よくよく考えたらとっても不衛生な気もしますが
御菓子御殿でしか買えないキティというのは結構レアかと思います。

 

ベタな沖縄らしさとは

というわけで「沖縄ご当地キティ」の要素を抽出してみましょう。

伝統

花笠・シーサー・エイサー・棒術・三線

食品

ゴーヤー・アグー・パインアップル・泡盛・海ぶどう・さとうきび・紅いも・紅芋タルト

生き物

くまのみ・ヤンバルクイナ・ハブ

「沖縄といえば」と聞いてまず上の単語を思いついた人は
ベタな沖縄イメージを持っていると言えるでしょう。

それにしてもかなり崩れたキティも居ましたがサンリオさん的にOKなんでしょうか?気になります。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ