チャプスイとは何か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DEE okinawa(でぃーおきなわ)ではこれまでも数々の「沖縄の食堂の不思議メニュー」について調べてきました。しかし、沖縄にはまだまだ不思議メニューがあるのです。今回は「チャプスイ」がなんなのか調べてみました。

「チャプスイ」がなんだかよくわからない

おかず(vol1,vol2)、みそ汁AランチちゃんぽんなどDEE okinawa(でぃーおきなわ)ではこれまでも数々の「沖縄の食堂の不思議メニュー」について調べてきました。しかし、沖縄にはまだまだ不思議メニューがあるのです。

というわけで今回は「チャプスイ」について調べてみました。

wikipediaによれば「チャプスイ」とは

チャプスイ(広東語 雜碎、英語 chop suey)は、アメリカ式中華料理のひとつである。

ロサンゼルス、リトル・トーキョーのファーイースト・チャプスイ・レストラン。かつては全米にこのようなチャプスイ店が存在した。

広東省台山市名物の広東料理、炒雜碎(チャーウチャプスイ)がもとになった料理で、豚肉、鶏肉、タマネギ、シイタケ、モヤシなどを炒め、そこにスープを加えて煮た後に、水溶き片栗粉でとろみをつけたもの。北アメリカ独特の材料として、トマトやハムが入る事もある。

  • 名古屋市の給食メニューにはチャプスイが入っている。
  • 神奈川県の給食にもチャプスイがあるが、子供たちの間でことごとく不評であり、チャプスイの日には県内で大量に残飯が出ることで有名である。
  • 大阪府の保育園の給食にもチャップスイがあり、こちらは上記のレシピと異なる。

うーん。よくわかりませんね。そしてなぜ沖縄で「チャップスイ」なのかと言えば沖縄の食堂やレストランにはアメリカ軍占領時代の影響なのかなぜか「チャップスイ」をメニューに載せているところが沢山あるのです。

それではこれから「チャプスイ食べ歩きの旅」を紹介しつつ、チャップスイがどんなものなのか探っていきましょう。

 

パブラウンジ エメラルド(北中城村)

chopsuey_13.jpg
北中城では有名なレストラン
Photo 2011-08-08 22-57-33.jpg
エビとビーフのラインナップ

Photo 2011-08-08 22-57-23.jpg

ビーフチャップスイ(1,000円)

:人参、キャベツ、牛肉、青菜、タマネギ

特徴:ステーキが有名なお店なので牛肉はステーキ肉っぽい食べ応えのあるお肉。味付けは結構薄味でCookDoとかにありそうな感じの味。要約すると中華丼の上の味。

 

ハイウェイドライブイン(沖縄市)

お次は沖縄市の「ハイウェイドライブイン」。お冷や代わりのアイスティには自分で備え付けのグラニュー糖を入れて甘さを調節できる店。

chopsuey_6.jpg

chopsuey_7.jpg
和食の部にチャプスイライス
chopsuey_8.jpg
チャップスイは五目・ビーフ・チキン・ポーク

メニューの和食の部には「チャプスイライス」、中華の部に「チャプスイ」の文字が。

chopsuey_9.jpg

チャプスイライス(値段忘れました。680円くらい)

具:もやし、人参、玉ねぎ、ピーマン、青菜、キャベツ

特徴:中華とろみは後味がちょっとだけショウガ味。でもこれって俗に言う中華丼?ご飯の料も具の料もかなり大量でこの日1日ご飯が食べられないくらいのボリュームでした。

 

ロータリードライブイン UP-KITTY(嘉手納町)

chopsuey_10.jpg
道の駅かでなにあります
chopsuey_24.jpg
エビ・ビーフ・チキンのラインナップ

chopsuey_23.jpg

ビーフチャプスイ(1,000円)

具:白菜、人参、もやし、タマネギ、牛肉

特徴:八宝菜とかではなく、牛肉炒めみたいな感じ。結構濃い味の味付け。赤だし付き。

 

定食丸仲(沖縄市)

chopsuey_14.jpg
インターナショナル!
chopsuey_16.jpg
関係ないけどアドボとフーヨンが気になる

chopsuey_17.jpg

チャプスイ(800円)

具:牛肉、にんじん、タマネギ、青菜、キクラゲ、マコモ、セロリ、白菜

特徴:これは普通においしい中華炒め。とろみはあまり無いが、さらっとしたスープで野菜が炒められている。上に乗った揚げ薄焼き卵もよいコンビネーション。

 

ステーキハウス金松レストラン(北谷町)

chopsuey_22.jpg
年季の入ったたたずまい
chopsuey_18.jpg
チャプスイの上はチャーメン??

chopsuey_19.jpg

チャプスイ 600円

:キャベツ、チンゲン菜、にんじん、玉ねぎ、ピーマン、豚肉、にんにく

特徴:注文すると10秒後ぐらいにクリームスープとスプーンが突っ込まれたレモンティーが出てくる。チャプスイは野菜山盛りでにんにくがごろごろ!長崎ちゃんぽんの上に載っている具みたい。つゆだく。こしょうが効いてる。上にのったたまごがふわふわで美味しい。ボリューム満点。

 

レストラングリーンヒル(玉城村)

chopsuey_5.jpg
ファミリーレストラン
chopsuey_1.jpg
ビーフ・ポーク・チキンのラインナップ

chopsuey_2.jpg

ポークチャプスイ 750円

具:キャベツ、青菜、もやし、人参、ピーマン、タマネギ、タケノコ

特徴:お漬け物と赤出しのお味噌汁がついてくる。野菜炒めのあんかけ。キャベツを白菜にすれば「八宝菜」以外の何ものでもない味。

 

シーサイドドライブイン(恩納村)

_MG_0480.jpg
ステキな外観
_MG_0470.jpg
ビーフ・エビ・チキンのラインナップ

_MG_0473.jpg


チャプスイ 900円

具:白菜・人参・玉ねぎ・青菜・ピーマン・きくらげ・たけのこ・ニラ。

特徴:赤だし付き。ビーフ・エビ・チキンの3種類からお選びくださいとあるが、問答無用でビーフが出てきた。高いだけあって具が中華っぽい。とにかく美味しかった。
 

ステーツサイズ(那覇市)

_MG_0606.jpg
Aサインが見えるステキなお店
_MG_0584.jpg
チキン・エビ・ビーフ・ポークのラインナップ

_MG_0593.jpg

シュリンプチャプスイ 650円

具:薄焼き卵・エビ・イカ・玉ねぎ・キャベツ・ほうれん草・かすかに人参

特徴:ライス付き。前日は台風の影響で野菜が入荷せず食べることができなかった。薄焼き卵に驚かされた。汁だくだく。醤油味が強かった。

 

チャプスイとは何か

とりあえずチャプスイを食べ歩いてみたわけですがまとめてみると以下のようなことがわかります。

  • ポーク・ビーフ・エビ・チキンのチャプスイがある
  • とろみがついている
  • ちょっと昔目のドライブインやレストランで出している
  • 上に卵がのっていることがある

というわけで、チャプスイとは

ちょっと具のラインナップが違う八宝菜のようなもの

ということになるのではないでしょうか。今回スタッフでお店を回りましたが、以外にチャプスイをおいているお店が多いことも分かりました。DEEをごらんの皆様もおすすめチャプスイのお店があったら教えてください。

ちなみにこの手のメニューがおいてあるお店で定食メニューを頼むとついてくるスープ的なものに、赤だしが多いのも気になります。DEEではこれからも「沖縄の食堂の不思議メニュー」について調査していきたいと思いますのでお楽しみに!

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ