島ぞうりで水の上に立てるのか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
沖縄の夏に欠かすことができない島ぞうり。島ぞうりは浮くので、上手く利用すれば水の上に立てる素晴らしい履物になるんではないでしょうか。

朝晩は涼しくなってきた沖縄。
しかし・・・そんなこと関係ない!
今はまだ、夏だ!夏なんです!

そして夏と言えば海で、海と言えば島ぞうりだ!!
そう「沖縄の夏に島ぞうりは欠かせない」と誰かが言ってました。
それなら島ぞうりを使って何かに挑戦してやりましょう。夏だし!

(えーっと、まだ夏ですよね?)

島ぞうりは浮きますよね

島ぞうりといえば、
・ゴム
・はだし
・水に浮く・・・・。

ん!?島ぞうりが水に浮く!

これを利用すればら、島ぞうりを履けば、水の上に立てるのではないでしょうか!!
おいおい。新事実発見だぜぇ。

ただ、私の体重からみて島ぞうりをはいても水に浮かないでしょう。現実的に。
しかし、あえて試してみようと思います。
どっかの孫悟空の筋斗雲みたいに、清い心の持ち主ならもしかしたら島ぞうりをはいて水の上に立てるかもしれません。

いざ!マリンブルーの海へ!!

きっと浮くはずだ・・・・・

きっと浮く・・・・・

きっと・・・・・

オラ。浮かねぇよ。

1足でダメならどんどん増やしてみよう

島ぞうり1足じゃあ足りない!!
分かってましたよ。
こんなこともあろうかと、オイラは前日に大量の島ぞうりを用意してました。

最近は色も多種にわたってますね。この他、ピンク・赤もありました。

工作道具として金網・結束線・ビニールひも・ペンチを用意。

理想はやっぱり忍者のように水の上に立つことです。

ならば水蜘蛛的な形をベースに島ぞうりを追加。

ここは界王拳を・・・・・じゃなかった。島ぞうりをいっきに4倍だぁ!

見ろ!この勇姿を!

いざ!マリンブルーの海へ!

慎重に・・・・・。

ズボン。(沈む)

ぬおぉぉぉぉ!!

壊しちゃった。

あきらめきれない夏2012

やっぱり島ぞうりで水の上に立つのは無理なのか?
あきらめそうなオラの目の前には島ぞうり達が・・・・

こんだけの大量の島ぞうりをいつ使うの!?
やっぱり今でしょう!!

こうなったらオラの限界を超えても挑戦するしかない。
オラの体よ、もってくれよ。

界王拳10倍・・・・・じゃなくて。島ぞうり10倍だぁ!!

見ろ!この勇姿を!島ぞうりの塊だ!

いざ!マリンブルーの海へ!

こんどこそ浮くはずだ・・・・・

いざ参る!!

う~ん。

オラ。やっぱり浮かねぇよ。

島ぞうりで水の上に立つ

今回の結果では島ぞうりを10足合わせても水の上に立てる気配はありませんでした。

実際のところ、
「水の中の物体は、それが押しのけた水の量だけ軽くなる」
という、アルキメデスの原理を用いれば、水の上に立つのに必要な島ぞうりが計算できるそうです。

海水の比重を約1.03/cm3とすると、60キロの体重を支えるのに必要な島ぞうりは・・・・なんと!
およそ92個、46足の島ぞうりが必要なんです。
(あくまで簡単な計算によります。真面目に計算しないでくださいね)

これは、オラの財布じゃかなわねぇ。
これで今年の夏も終わってしまったな・・・・・的な喪失感に包まれました。

 

そろそろ沖縄も秋ですね。

ゲストライター

Makoto
沖縄県出身で最近沖縄に出戻ってきた男。横っ腹のお肉が気になってるお年頃で、最近に大型免許を取ったバイカー。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ