シーサー、魔除けやめるってよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シーサーは沖縄の魔除け獅子だが、魔除け目的以外でも沖縄を代表するキャラクターとして色々な使われ方をしている。今回は全島やちむん市で魔除け以外のシーサーを探してみた。

第20回 おきなわ全島やちむん市に行ってきた

先月の話になってしまうのですが、2013年3月23日、24日に恩納村のムーンビーチホテルにて「全島やちむん市」が開催されました。

ものすごい人とやちむん
窯元もずらり

このやちむん市、毎年1回開催されるのですが「全島」がつくだけあって規模がでかい。今回は南は糸満市から、北は国頭村まで実に45の窯元が集合して開催されていました。

で、本題なのですが沖縄でやちむん(焼き物)といえば皿や器以外にシーサーが有名だと思います。シーサーとは沖縄で門扉や屋根の上に飾られる魔除けの獅子ですが、本来の魔除けだけでなくそのキャラクターを活かした様々なグッズが数多く販売されています。

というわけで、今回は全島やちむん市で見つけた魔除けの置物ではないけど機能的なシーサーたちをお届けしたいと思います。

 

魔除けから飛び出したシーサーたち

1.箸置き

まずはシーサーの箸置き。どれも割と手頃な価格で販売されていてかなりのバリエーションがありました。

ぱっと見、魚っぽく見えなくも無い
ちょこんと乗ったシーサーの箸置き
こちらはシーサーの口に箸を置く
棒状のシーサー箸置き
こちらはシーサーのお腹が箸置き
こちらも顔に箸置き

こうしてみると「箸置き」って割と定番商品なのかもしれません。シーサーの体全体が箸置きのもの、顔のみが箸置きのもの、色々なバリエーションがありますが、どれも個性的ですね。

 

2.灰皿

シーサーの顔が灰皿
こちらは体が灰皿

お次は灰皿。本来魔除けのシーサーに煙草を置くのは何だか罰当たりな気もします。沖縄県内で見る沖縄っぽい灰皿は貝殻だったり、椰子の実だったりするわけですが、こういう灰皿もいいかもしれません。

 

3.貯金箱

ありそうでない、シーサーの貯金箱。会場で見つけられたのは1種類だけでした。手にとって確認しなかったんですが、これお金を取り出す時は割るんでしょうか?なんだかもったいなくて割れない気がします。

 

4.ランプ

シーサーランプ。体に開いた穴から光が漏れ出します。使いどころは僕にはよく分かりませんが、それなりにお洒落な空間を演出できそうな気がします。

 

5.土鈴

土鈴。焼き物の鈴ですね。上の土鈴はなんかものすごいムカツク顔をしていますが、土鈴です。結構大きくて、体が土鈴になっている感じです。

こちらは小物の土鈴。こちらは可愛いのですが土鈴の使い道が僕にはよく分かりません。キーホルダーみたいな使い道なのでしょうか。

 

6.香炉

シーサの口が香炉
こちらは頭が開いて口から煙がでる模様

お香を炊く香炉。左は大きく口を開けたシーサー香炉、右はシーサーの頭が開いて中が香炉になっていて、口から煙がでる仕組みのようです。

球状の香炉にシーサーが乗ったものもありました。

そして、こちらはシーサーアロマポッド。シーサーの口に水とアロマオイルを入れて、下からろうそくなどで熱する仕組みのようです。これはなんか可愛い。

 

7.ピッチャー

シーサーのピッチャー。シーサーの口が注ぎ口になってるんですが、なんだかエロい顔。

 

8.マグカップ

このシーサー。マグカップなのですが、どのように使うかというと…

ひっくり返すとマグカップになるという仕組み。耳が支えになって倒れません。これはすごい。

 

10.その他

その他まとめて見ていきましょう。

魔除けのはずのシーサーがウェルカム!なんか間違ってる気もしますが、これはこれでアリなんじゃないでしょうか。

「人類が平和でありますように」と祈るシーサー。

ヤモリ+シーサー。ヤモリは「家守」なので家を守る生きものだという俗信があるので、縁起物を掛け合わせた感じなのでしょうか。

 

以上シーサーコレクションでした

というわけで全島やちむん市で見つけた魔除けじゃない機能を持ったシーサーコレクションでしたが、いかがだったでしょうか?もちろん普通のシーサーも販売されていたんですが、そのつくりや表情一つとっても色々なバリエーションがあって面白かったです。

全島やちむん市は毎年3月下旬に行われているので、興味のある方は来年足を運んでみてください。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ