漫湖にある漫湖水鳥 湿地センターに行ってきた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
下ネタにされがちな「漫湖」だが、どのような場所なのだろうか。今回は漫湖にある「漫湖水鳥 湿地センター」に行ってきた。


内地出身者にとって衝撃のネーミング。

きっと沖縄好きでも、そうでない方も「漫湖(まんこ)」という湖(正確には干潟)が沖縄に存在することは知っているかと思います…主に下ネタで。

Manko Wetland!!!
浮島の漫湖のほとり

漫湖がどういった場所なのかは後述するとして、沖縄では一般的な地名として定着しており、その名称は普通に案内板に記載されてますし、近隣学校の校歌に使われたりもしています。


そうなると那覇市のマークもなんか卑猥に見えてくる

しかしながらその名前のインパクトと反比例して漫湖に何があるのかご存じではない方も多いんじゃないでしょうか?

そこで本日は漫湖のほとりにある施設「漫湖水鳥 湿地センター」についてごく真面目にご紹介したいと思います。

 

漫湖の基礎知識

漫湖は那覇市と豊見城市にまたがる広大な干潟の名前です。今ではかなり浅くなってしまったのですが、その昔は湖のようで琉球王朝時代には「大湖」(たいこ)と呼ばれていたらしいです。

それを1600年代半ばに、冊封使が「漫湖」と名付けたのだとか。

広大な湿地は水鳥や自然生物の住処であり、1977年には国の鳥獣保護区に、1999年には日本で11番目に「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」、通称「ラムサール条約」の登録湿地になりました。割とすごい所です。

 

漫湖水鳥 湿地センターへ

漫湖のまわりにある「漫湖公園」は那覇市ですが、この「漫湖水鳥 湿地センター」は豊見城市に位置します。この施設が設立されたのは2003年と比較的新しめ。

建物の前にはラムサール条約登録湿地である旨が書かれています。

早速中に入ってみましょう。入り口から入った受け付けで名前を書けば入場料は無料。

漫湖に生息する外来種の展示水槽
漫湖の魚40

受付付近のロビーでは漫湖で観察できる魚の展示などが行われています。

1階には展示室もあり、漫湖に関する展示パネルや模型などを見る事ができます。

琉球でリュウキュウに会いたい!
これはパズルになっているようだ
あなたの湿地のイメージ、変えませんか?
みんなで考えよう!漫湖の自然再生を

この漫湖の説明パネルによると漫湖では1945年までは漁業が盛んで主にコイ、フナ、エビなどが沢山採れたのですが、昭和20年代から始まった埋め立てで泥が堆積して干潟化、水質が悪化して1986年には水質汚染が全国ワースト5になりました。

1991年にマングローブの植栽がはじまって、1994年には水質が回復。現在は植栽されたマングローブが年々広がっているため干潟が陸地化して、飛来する水鳥が減ったりもしているらしいです。

 

図書コーナー
望遠鏡

施設の2階部分は鳥に関する絵本や資料を集めた図書コーナーと、湿地が観察できる望遠鏡を覗けるブースが。

「沖縄でバードウォッチング」ってあまり盛んじゃない(僕のまわりだけ?)な気がしますのでこういう施設があるのは割と貴重なのかもしれませんね。

 

施設の後ろの木道で漫湖に最接近

施設の後ろからは漫湖観察に繰り出すことができます。

きっちりと木道が整備されているので歩いて漫湖の観察が可能です。

案内板も設置
奥に見えるのは野鳥を観察できる高台

まわりはマングローブが鬱蒼としていてマングローブの森の中を生物を観察しながら歩ける遊歩道になっているようです。

途中でしょっちゅうここに来ているという人に会ったのですが、潮の満ち引きでオオウナギだったり、大きな魚が取り残されていたり、色々な鳥が観察できたりと何度足を運んでも新たな発見があるそうです。

水鳥センターが開いている時にしかこの木道は通れませんが、まだ行ったことがない方は是非とも足を運んでみてください。

 

みんな漫湖で行こう!

以上、漫湖水鳥 湿地センターからお届けしました。漫湖水鳥 湿地センターでは定期的にゴミ拾いや自然観察などのイベントもやっているようですのでホームページをチェックしてみるのもよいかもしれません。

なお、漫湖水鳥 湿地センターでは10周年を記念して公式キャラクターの愛称を募集しているらしいのですが、続々と下ネタが集まっているという悲報が記事になっておりました。みんなちょっと真面目に考えようぜ!


僕らは漫湖の応援団!

…しかしながらこの記事を書くに当たって僕も割とニヤニヤしてしまったことを付け加えておきます。ごめんなさい。

 

漫湖水鳥・湿地センター
開館日:火曜日~日曜日・祝休日の月曜日
開館時間:AM9:00~PM5:00
所在地:〒901-0241
沖縄県豊見城市字豊見城982
TEL 098-840-5121 FAX 098-840-5118
サイト:http://www.manko-mizudori.net/

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ