黒糖でQRコードは作れるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
沖縄で市販されている黒糖はきれいな正方形をしているものもある。これをうまく配してQRコードを作れるんじゃないだろうか。

皆さんは黒糖はお好きでしょうか?サトウキビの絞り汁を煮詰めて作られた黒糖は沖縄土産としても有名だし、おばぁの家に行くと出てくるお茶請けNo.1なんじゃないのかと個人的に思っています。

僕は黒糖が好きでよく作業の合間に食べたりしてるんですが、この前黒糖を食べていてその形が綺麗な正方形だということに気づきました。


あれ?この形…!

これを使って何かできないか…そう思って色々考えた結果、閃いたのです。

そうだ。QRコードをつくろう、と。

 

黒糖を並べればQRコードになるんじゃないのか

QRコードは二次元バーコードなどともよばれるバーコードで、ご存じの通り下の写真のようになっています。わかりやすいように薄い線を引いてますが、白の正方形と黒の正方形が集まってこの形ができているんですよね。

つまり所定の位置に黒糖を配すことでQRコードがつくれるんじゃないのか…というのが本日の内容です。

ちなみにQRコードって文字を入れれば入れるほどマスが多くなりそれだけ黒糖の数が必要になってしまいます。そこで今回のQRコードには「dee-okinawa.com」という文字を入れて作成。またQRコードは多少破損しても読み取りできるように誤り訂正レベルというやつがあるんですが、それも最低の7%(レベルL)というやつで作成をしました。

そうして生成したのが上のQRコードなんですが、マスは全部で21×21=441マスで、黒い部分は237マスありました。一番最小でも黒糖は237個必要…ちょっと既にこの時点で後悔しています。

 

黒糖を並べていこう

とりあえず黒糖を買ってきました。黒糖ってグラム数の表記しかなくて、大袋に何個入ってるか不明だったんですがとりあえず10袋買ってきました。

何個入ってるか正確には分かりませんが、足りなかったら買い足すことにして進めます。


まっすぐ並べるために方眼付きです。

まずは事務所の床に模造紙を貼り

パソコンに表示されたマス目を元に黒糖を配していきます。

作業には定規も何も使わず、まずは並べています。とりあえず作業の感じを先につかみたかったのと、定規などを使って少しの誤差もないように正確にやった時に、QRコードが読み取れなかったらきっとすごく悲しいと思ったからです。

というわけで、手作業で黙々と黒糖を並べていきます。

割とうまく並べられている気がするんですが、アップで見ると結構でこぼこしています。黒糖は正方形に近い形をしていますが、製品にもばらつきがありますし、袋の中でちょっと割れたりしているものもあるためなかなか大きさを揃えられません。

しかし、ここまで来たら後には戻れません。というか、そのでこぼこを埋める術を思いつきません。かといって、ここでちょと休憩して1日置いたりしたら事務所には蟻の大群が押し寄せてしまうに違いないのです。

特に道具を使っていないので、真ん中あたりがかなりの難所。どこにどう黒糖を置いていいのか分からなくなります。

どんどん個別包装を解かれていく黒糖たち。本当は個別包装じゃない黒糖を買いたかったんですが、かち割りタイプで正方形じゃ無かったり、長方形だったりで個別包装の黒糖しか使えそうなものがなかったのです。

1時間後…

ついに…


嬉しすぎて不自然な笑顔

QRコードの完成です!もう、途中の作業が地味に大変すぎて「これが黒糖地獄か…」とか思ったんですが、完成したQRコードを見ると自然と笑みがこぼれます。まぁまだ読み込めるか分かりませんけど!

 

黒糖を並べて作ったQRコードは読めるのか

それでは早速作ったQRコードが読み込めるか検証してみたいと思います。

iPhoneのQRコードを読み込むためのアプリを立ち上げて

机の上から黒糖で作ったQRコードを画面に収めます。

あ。


QRコードが読み込めてDEEokinawaが表示されました。

普通に読めた−!!!!!!!

これ、黒糖を並べている最中から、うまく行かなかったら写真を加工して何とかしようとか、もう並べ直すの面倒臭いから失敗でいいや、とか思ってたんですが全くの杞憂でした。


ホントに読めたのかよって人もいるかもしれませんので、どうぞ上のQRコードを読んでみてください。

というわけで本日の結論は「黒糖を並べれば普通にQRコードが作れる」ということです!やったね!

………。

いやー。なんか勢いだけで記事を書いてしまいましたが、皆様如何だったでしょうか。この時はアメリカ大陸を見つけたコロンブスくらいの気分だったんですが、冷静に考えるとこれが何の役に立つのか全く不明ですね。うん。まぁ人間は人生で1回くらいは大きなQRコードをつくらないといけない時がやってくると思うんですよ。その際は是非沖縄産黒糖を材料に使うとよいと思いますよ!


少しずつ食べてます。

尚、実験で使った黒糖は流石に全部食べきれないのでジップロックに入れて事務所に保管しております。DEEの事務所に来た方にはこれからもれなく黒糖がお茶うけとして出てくると思いますのでご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ