2016.10.27

浦添警察署の自販機はよく当たるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
浦添警察署の玄関前に置かれていた自販機に「デージヨクアタル!」と書かれている。警察が言うのならばきっと本当だろう。財布にありったけの小銭を握りしめ挑戦してみた。

本当に良く当たるのか?

先日、所要で浦添警察署を訪れたときのこと。(あ、悪いことしたわけではありませんよ)

vender01.jpg

玄関前に一台の黄色い自販機が設置されているのですが、これが警察署のわりになかなか挑戦的なのです。


デ〜ジヨクアタルノダ!

ウチナーグチで「デージヨクアタル(超よく当たる)」ということが書いてあります。
価格帯も50円から110円と良心的。

財布の中にあった100円玉3枚で検証してみたいと思います。
警察がデージヨクアタルというのならば、300円あればきっと当たるだろう!!


コイン投入口でも煽ってくる
 

思ったより地味な抽選システム

1本め、麦茶。100円
すばらしい麦茶ってなんや
8、7、7...

ピピピピピ...という音とともにコイン投入口の横の電光表示に数字がランダムに表示されます。よく当たる!と煽っている割には思ったより地味なシステムです。「777」と7が3つ揃うとアタリのようなのですが、微妙にはずれました。

2本め。カルピス、100円。


0、7、7

はずれ。

最後、3本め。カフェオレ。奮発して10円足して110円だ!
当たれ!!!

......すがすがしく外れたよね。

というわけで総額310円の投資ではビタ1本当たらず、ただただ重たいドリンクが3本、腕の中にあるだけでした。

警察署で手続きをするときにカウンター担当の方に「あの自販機よく当たるんですか?」と伺うと、「よく当たりますよ〜。私もこないだ当たりました。」とおっしゃっていたので、ただただ私のくじ運が悪いだけだったのかもしれません。

是非みなさんもチャレンジしてみてください。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ