2013.05.16

最南端のおでん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本最南端の有人島である波照間島。いろいろな最南端があります。

石垣島から南西へ高速船で約1時間。有人島としては日本最南端に位置する波照間島。

farthestsouth_38.jpg

最南端だけにいろいろな最南端なもの・場所があります。
島を回ればあちこちにあるいろいろな最南端。全てではないですがザーッと見ていきましょう。

いろいろな最南端

farthestsouth_01.jpg

日本最南端の酒造所、波照間酒造所。みなさんご存知の「泡波」を生産しています。製造量が少なく入手が難しいので「幻の酒」とも言われていますね。島内なら正規の値段で買うことができますが、島外だと跳ね上がり、石垣島で3~5倍。那覇で5~10倍。ひっ。

farthestsouth_37.jpg
日本最南端のプラネタリウムがある星空観測タワー
farthestsouth_23.jpg
日本最南端の碑

日本最南端の天文台、星空観測タワーには、日本最南端のプラネタリウムがあります。投影機ではなく光ファイバー?で星空を型どったもの。なんとも昭和な感じで好きです。閉館してしまった久茂地図書館のプラネタリウムはカッコよかったですね。

farthestsouth_04.jpg

日本最南端の八差路?。「止まれ」が5個あります。

farthestsouth_10.jpg
日本最南端の学校。波照間小中学校
farthestsouth_05.jpg
日本最南端の派出所と留置所

farthestsouth_06.jpg

日本最南端の郵便局と顔ハメ

farthestsouth_02.jpg
日本最南端の製糖会社。波照間製糖
farthestsouth_33.jpg
製糖工場は解体中。新築されるそうです

farthestsouth_07.jpg

日本最南端の電気屋?内原家電。渋すぎる。

farthestsouth_19.jpg
日本最南端の空港、波照間空港
farthestsouth_22.jpg
日本最南端の診療所

現在、波照間空港は就航会社がないため閉鎖中。滑走路は800mと短い。再就航するのでしょうか。

farthestsouth_34.jpg

日本最南端のAmazonダンボール。東京から2000km離れた島でも送料無料。荷物の到着まで3〜5日かかるそう。

farthestsouth_36.jpg
日本最南端に立つ人たち。断崖絶壁
farthestsouth_35.jpg
日本最南端の黒ヤギ

farthestsouth_03.jpg

日本最南端のペンション、ペンション最南端。ペンションとしては最南端?

farthestsouth_20.jpg
日本最南端の遊具はユルいデザイン
farthestsouth_21.jpg
日本最南端のガソリンスタンド
farthestsouth_08.jpg
日本最南端のコカ・コーラ自動販売機
farthestsouth_09.jpg
「南の島でもコカ・コーラは最高!!」とのこと

farthestsouth_39.jpg

日本最南端の南ちゃん。えっ、最南端だから?南だから南ちゃんなの?

日本最南端のおでん屋

farthestsouth_12.jpg

夜になると赤ちょうちんがポツリと光っているお店「ぶどぅまれー」は日本最南端のおでん屋。
10人くらい入れる店内に、テラス席もあります。

farthestsouth_18.jpg

注文するのはもちろんおでん。おまかせで1000円。泡波は1本2500円。島に来れば普通に飲むことができます。

farthestsouth_14.jpg
飲みきれない泡波ボトルは持ち帰ることができる
farthestsouth_16.jpg
この日のお通しは切り干し大根

farthestsouth_15.jpg

いろいろな泡波がずらりと。とても珍しい泡波の角瓶や限定ラベルもあったりする。
お客さんのキープ棚にはもちろん泡波。島ならではの光景。

farthestsouth_40.jpg
おでん。1000円

沖縄のおでん。てびち・大根・厚揚・こんにゃく・ちくわ・たまご・ウインナー・青菜(エンサイ・空芯菜)。
てびちはトロトロ。大根は10cmくらいの厚み!あっさりした出汁でお酒が進みます。

farthestsouth_13.jpg

おでん以外にも、ナーベラーみそ煮・やきそば・イカ下足揚げ・ヘルシーかまぼこ(気になる)などなど。
マンジョウチャンプルーという聞きなれないメニューもあったが、マンジョウとはパパイヤのこと。

farthestsouth_31.jpg
イノシシチャンプルー。1000円

せっかくなのでイノシシチャンプルーも注文。西表島で狩猟されたリュウキュウイノシシは原種。
贅沢にも厚切りでたくさんのイノシシ肉がゴロリと。柔かいけど歯応えのある弾力。臭みは無く噛めば噛むほど甘みが出てきます。

farthestsouth_17.jpg
日本最南端の太鼓か

お客さんが三線を弾き始めると女将さんは太鼓を叩く。お店というより家にいるみたいで居心地がいいですよ。

昼はそば

farthestsouth_30.jpg
昼はそば屋、おでんは夜のみ
farthestsouth_26.jpg
ランチタイムは定食も。マンジョウもある

farthestsouth_28.jpg

ソーキそば(大)750円。八重山そばとも沖縄そばとも違う。波照間そば?

farthestsouth_32.jpg
おまけで頂いたお吸い物は浜でとってきたくれたパイプ貝とアーサ。波照間島ではアーサは取れないそうだ
farthestsouth_29.jpg
ベスマTシャツがかわいい。ベスマとは八重山方言で「私たちの島」という意味

ここに載せなかったもの以外にも、探せばいろいろな最南端があります。
日本最南端で食べる最南端のおでん、おすすめですよ。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ