2013.11.05

与勝半島を見守る交通安全!?像を追え!~リベンジ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
海中道路の手前を走っていると、針金と石膏で出来たような人形を何体も目にする。あの交通安全像はマッサージ屋への道案内だったのだが・・・

謎の交通安全像はマッサージ屋への道案内だった…

みなさん。与勝にある交通安全像のことは覚えていますか?
前回の調査で、マッサージ屋さんまでナビゲートしてくれているということがわかりました。


『与勝半島を見守る交通安全!?像を追え!』

さらに追求するべく、お店が開いている時間をねらって突撃訪問してみました。

院長さんに話を聞いてみた


不思議整体うるまカイロの松野耕平さん

あだ名/マッコウ
職業/カイロプラクター
趣味/パソコン、読書、遊書、マジック、カメラ、きじポ~作り
出身/うるま市勝連
取得資格/浦添カイロプラクティック学院卒、メンタル心理カウンセラー、カラーセラピー、アロマセラピスト1級、ほめ達検定2級  etc

交通安全像の裏を取りつつ、お話を聞いてみました。

- どんなお店ですか?

骨格の歪みを矯正したり、つらい、ひどい肩こりや腰痛、偏頭痛などを和らげたりする専門整体のお店です。

- 与勝に散らばる交通安全象を作ったのはマッコウさんですか?

『きじポ~』のことですね!そうです。私が作りました。
きじむなーをモチーフに、粘土やセメントを固めて作っています。他にも、『きじむさ~』や『きじとう』『きじモン軍団』などがいますよ。

- なるほど!きじポ~作りって交通安全像のことだったんですね。


ハロウィンの衣装をまとったきじポ~。入口で、お客さんを出迎えてくれています


屋根にはきじむさ~。塀にいるのはきじモンです


きじとう。明かりの役割でもしているのでしょうか

- みんなちゃんとした名前があるみたいです。なんとも可愛いらしいです!
海中道路に向かう途中で見かけたヤツはきじモン軍団の一員ですね。勝手にチロリアンさんと名付けてすみません。

- どうしてきじポ~を作ったのですか?

当院のイメージキャラクターとして作ったのが始まりです。作るのが楽しくて、いつの間にたくさん増えていました(笑)


駐車場を見守るきじモン


草影に潜むきじモン


インテリアをぶらさげるきじモン

- きじポ~やきじモンは、何体くらいいるのでしょうか?

作りすぎて、把握していません…。
10体以上はいると思います。

- イメージキャラクターを作ってみて、お客さんの反応はいかがでしたか?

お客さんもきじポ~のことを不思議に思っていたみたいで。当院にお越し頂いた時に、「ここのマスコットだったんだね~」と喜んでくれています。

マッコウさんについてほりさげてみた

- いろんな資格を取得しているみたいですが…。

そうなんです!手技以外に、何を行えば治療効果が高まるのか考えているんですよ。カイロプラクティックの技術だけでなく、心理的な面からも治療効果が上がればと思い、いろんな事にチャレンジしながら学んでいます!他にも、最近は気功や太極拳にチャレンジしていますよ。

- 店内には、きじむなー以外に遊書などの作品も飾られていますね

遊書も趣味でやっています!
気功やきじむなー作りもそうですが、実際やってみるとワクワクすることばかりなんですよ。楽しむ事・ワクワクすることは免疫力が高まり、病気の予防になるって知っていましたか?“120歳までワクワクしながら生きたい”がモットーなので、いろんな事に挑戦しているんです。

- 最後に隠れきじポ~ファンにメッセージをお願いします。

お客様や街の人の喜ぶ顔がみたくて、楽しみながらきじポ~を作っています。
たま~にきじむなーたちが壊れている時があるのですが、あまりいじめないでください(笑)
あと、体のことで何か気になることがありましたら、気軽にお越し下さい!痛みを我慢している時間はもったいないですよ。

まとめ

与勝半島を見守る交通安全像の正体は、カイロプラクターの松野さんことマッコウ先生が作ったきじむなーでした。
沖縄のマジムンが、与勝を見守っていたんですね。
言われてみれば、きじむなーに見えなくもないですね。見かけたときは、魚の目ん玉でも供えるとご利益があるかもしれません。

不思議整体 うるまカイロ

うるま市与那城屋慶名1223-54
電話:080-1545-5637
FAX:098-978-7036
メール:matsukou@urumachiro.com
営業時間:10:00~14:00、15:30~19:30
定休日:水曜休(土曜は午前中のみ営業)

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ