「ポーク缶は熟成する」は嘘?本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
とある書籍で読んだのだが、ポーク缶は缶の中で熟成するため数年寝かせたほうがうまいらしい。にわかに信じがたい話だが本当なのだろうか?試してみた。

沖縄に住んでいる方であればお弁当やチャンプルー、はたまたみそ汁の具などなど。1日に1回くらいはポークを食べる機会が巡ってきてるんじゃ無いんでしょうか。

戦後に米国によってもたらされたポークは沖縄の豚食文化と相まって、もはやソウルフードの域まで昇華されてるんじゃないかと思われます。

ポークネタとして過去に我々DEEokinawaでは

ポーク!ポーク!ポーク!(ポーク食べ比べ)
ポークde神経衰弱
ポークでiPhoneケースを作ってみよう
ポークでポークを作ってみよう

などなど数多くのネタをやってきた訳なんですが、今回の記事の発端は一冊の本から始まります。それは1994年に出版された『話のチャンプルー 沖縄雑学読本』という沖縄の雑学的なものを集めた書籍なのですが、そこにポークに関する気になる記述を見つけたのです。


衝撃の雑学

ポーク缶は熟成する!


次のトピックも衝撃的なんですが、
本編と関係ありませんので気になる方は本を探してみてください。

かいつまんで説明すると専門家によれば豚肉が缶の中で熟成するため、ポークは作りたてより数年寝かせたものがうまいという事らしいです。文章では「目の色を変えて、日付の新しいものを選ぶなんて愚の骨頂ですよ」とまで言っています。

ポークは数年置いた方がうまい…何となく理屈は分かるんですが、果たして本当なのでしょうか?

というわけで本日は新しいポーク缶と古いポーク缶を食べ比べて熟成がされているのか調べてみるという企画です。

 

古いポークを探して

とりあえず、まずは熟成した古いポークを探すところから始めたいと思います。

ということで、前に古いオリオンビールを探した時のように那覇の市場周辺なんかを歩いてみたんですが食品の古いモノってなかなか売ってないんですよね。市場回りや小さな商店のポークも見て回りましたが、大体賞味期限は2017年のものでした。…まぁ食品なんで当たり前っていえば当たり前なんですが。

このまま商店を回っても成果は無さそうなので、アプローチを変えてネットで「訳あり ポーク」を検索。その結果賞味期限ギリギリの商品を見つける事ができました。


【訳あり送料無料:賞味期限7/21】ホーメルSPAMうす塩という商品名

こちらが賞味期限が2014年7月のポーク(スパム減塩)。賞味期限ギリギリの訳あり商品のため送料が無料だったんですが


本編と関係ないけどやるせない

発送先に沖縄を選んだら、送料が追加で900円ほどかかりました。送料の問題は「沖縄あるある」ですけどなんだか釈然としません。

まぁ、沖縄県民の通販における悲劇は置いておいて、とりあえず古いポークを手に入れることができました。早速新しいものと食べ比べてみたいと思います。

 

新旧ポーク食べ比べ

そんなわけでネットで手に入れた賞味期限がギリギリのポークとスーパーで買ってきた割と最近作られたであろうポークを用意しました。

ネットで買ったものは賞味期限が2014年7月21日、スーパーで購入したものは賞味期限が2017年2月12日です。

賞味期限が2017年2月12日
賞味期限が2014年7月21日

スーパーで購入したものが最近作られたポークだとすれば、ポーク缶の賞味期限はだいたい3年くらいのようです。賞味期限で見ると新しいポークに対して古いポークは2年半前に作られたことになり、「数年寝かせたポーク」に該当するんじゃないでしょうか。


開封していきます

それでは両者の違いを早速比べてみたいと思います。

 


左:賞味期限が2017年、右:賞味期限が2014年

まずは蓋を開けた両者の色から比較してみましょう。…といっても全然違いがありません。賞味期限が2014年のポークも全く色は変化がないようです。

 

におい


ポークかじゃー

続いて双方のにおいを嗅いでみます。…どちらも普通のポークですね。

 

色も臭いも全く同じ。結局、本当にポークが熟成しているのか、そしてそれが本当にうまいのかについては実際味わってみる必要があるようです。


余談ですが、ポークってどうやったらうまく缶から出せるんですかね?

まずは缶からポークを取り出します。


左:賞味期限が2017年、右:賞味期限が2014年

取り出したポークを適当な厚さにカット。


左:賞味期限が2017年、右:賞味期限が2014年

フライパンでこんがり焼き色を付けます。


左:賞味期限が2017年、右:賞味期限が2014年

焼き上がったポーク。果たして古いポークは本当に熟成して味が違うんでしょうか?

いざ。実食です。

 

ポーク缶は熟成する?

まずは新しい方のポークから。

まぁこれはいつも慣れ親しんでいるポークの味です。

続いて熟成しているであろう、2014年が賞味期限のポーク。

はたしてその味とは…!

 


どっちも同じ。

変わんねぇ。

うん。何一つ新しいやつと変わりません。ひょっとしたら細かい違いがあるのかもしれない、と何度もふたつを比べてみましたが全く同じです。仮に若干熟成していて僕が分からないだけだとしても、ぱっと分かるような違いは無いようです。

冒頭の本では「新しいポークを買うのは愚の骨頂だ」みたいな事が書かれてましたが、まぁ皆さん賞味期限のことも考えたら新しいポークを買った方がお得ですよ。多分。


最後まで全然違いが分からなかった。

というわけで今回の「古いポーク缶は熟成するか?」についてですが、「目に見えて分かる変化は無い」というのが結論かと思われます。というか、ほぼガセなんじゃないのかと。

しかしながら「肉は腐りかけがうまい」みたいな話もありますので、あと3年くらい賞味期限2014年のポークを保管して追跡調査をしてみたいと思います。DEEokinawaをご覧の皆様の中でビンテージもののポークをお持ちの方がいらっしゃったら是非ともご連絡、お待ちしております。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ