2016.05.13

君は那覇ショッピングセンターを知っているか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
那覇市西町にある那覇ショピングセンターにはじめて足を踏み入れてみました。

昭和のかほりプンプンな土産物屋さん

那覇市西町にある、ものすごく昭和な雰囲気が漂う那覇ショッピングセンター。
かつて同じ町内に住んでいながらも、足を踏み入れたことがなかった那覇ショッピングセンター。
「ああ、そういえばそんな店あったよね」と言われがちな那覇ショッピングセンター。
若干ウラソエ仮面っぽいロゴが気になる那覇ショッピングセンター。


1957年創業の風格

そんな那覇ショッピングセンター。みなさんは訪れたことがあるでしょうか?
おみやげのメッカといえばやはり国際通り。観光客はもちろん、付近には飲食店も多いので地元の方もチラッとおみやげ屋さんをのぞく機会があるかもしれません。
しかしここは西町。なにか近くで用事でもない限り、わざわざここまでおみやげを買いに来ることはあまり無さそうです。

nahashop_01.jpg
私たちはお客様に"おきなわ"を伝えたいと考えます

店前に設置されていた味のある交通安全看板。
奥に見えるのは大型観光バス。団体ツアーの行程に組み込まれていたりするのかもしれません。

入り口ドア脇に置かれていたさとうきびの鉢植え。
さとうきびをはじめてみる人にはうってつけの記念撮影スポットですね。
 

あの門がお出迎え

そして店内へ。すると、すぐ目の前にはあの門がそびえ立っています。


ドーン!

そう、以前の記事『「守礼門もどき」を集めてみる』に登場していた守礼門(もどき)です。
この記事から約6年の歳月を経た今もなお健在でした。

それでは店内をぐるりと見渡してみましょう。

nahashop_03.jpg

入り口付近にはちんすこうや紅芋タルト、黒糖、パイ、まんじゅう、キャンディなどのお菓子類が豊富に取り揃えられており、定番商品はひととおり押さえてある感じです。

nahashop_03.jpg

そして守礼門の近くにはかりゆしウェアや沖縄デザインTシャツ、そしてウミガメやエビの剥製、貝細工が。
トラエビ 32,400円、アカウミガメ 51,840円から。ちょっと値頃感が分かりませんが、買う人いるのでしょうか。

nahashop_03.jpg

店内を奥へと進むとキーホルダーやシーサー、琉球ガラスなどの小物コーナー。

シブい螺鈿細工のお盆や竹製コースター
「あるよね〜!」という感じの星砂キーホルダー

いちばん奥は宝石やサンゴのアクセサリーコーナー。ベルトや財布などのハブ皮製品も置かれていました。

nahashop_03.jpg

nahashop_03.jpg
象の骨で彫られた虎にハブ皮が巻き付いた置物。もうなんだかよく分からない。

nahashop_27.jpg
そしてまたカメの剥製。べっ甲亀は驚きの 486,000円!

ちなみに那覇ショッピングセンターは隣り合う建物と中でつながっており、店内の通用口から業務用リカーショップとホテルのフロントへと続いていました。

nahashop_03.jpg

なるほど、ホテルの宿泊客がお土産を購入したり、部屋で飲むお酒やちょっとしたおつまみもここで調達できるというわけですね。オシャレで近代的な雰囲気のフロントとレトロな那覇ショッピングセンターとの対比がまたたまりません。
 

「当店オリジナル商品」がけっこうアツい

そして時々見つかるのが「当店オリジナル商品」や「当店限定商品」。
そう、那覇ショッピングセンターでしか手に入らない(はずの)お土産品です。

nahashop_05.jpg
琉球美人画ぐいのみ

nahashop_23.jpg
ハブ・ヌンチャク

ハブ・ヌンチャクを見て、小学校5年生の時の修学旅行で男子連中がものすごく持ち運びにかさばる木刀(しかも訪れた土地にはまったく関係無い)をこぞってお土産に買って帰っていたのを思い出しました。一男児の母となった今、心底あきれていたであろう母親たちの顔が容易に想像できます。
 

かなりグッとくる品物の数々

nahashop_03.jpg
えんぴつセット

nahashop_03.jpg
【最新版】ドライブマップ

nahashop_03.jpg
今はなき、ひめゆりパークやサラバンダの文字が...!(※クリックで拡大します)

nahashop_22.jpg
わりと本気で夫に買って帰ろうか悩んだ守礼門ループタイ

nahashop_03.jpg
沖縄限定のフランス香水(謎

普通のお土産にまじってチラホラ昭和館を醸し出している商品や、他では見たことがないような商品が見つかりました。お宝探し状態で楽しい...!
 

なかでもいちばんトキメイタのがこれ

タワー型の陳列棚にずらりとぶら下げられていたのは、いわゆる3Dビューワー。

nahashop_03.jpg

円盤状の写真フィルムを挿入して双眼鏡のようなビューワーを覗き込むと、写真を3Dで鑑賞することができるという代物。レバーをカシャカシャと押すと、次々に写真を送れる仕組みになっています。
商品名で検索してもネット上には日本語の情報があまり無かったのですが、今はモデルチェンジしてこんなにかっこよくなっているみたいです

那覇ショッピングセンターで売られていた商品のパッケージを見ると、発売元は『株式会社タカラ』となっていました。現在のタカラトミーですね。

nahashop_03.jpg

リール(円盤状の写真フィルム)はバットマンやタートルズ、ディズニーなどアニメのものがほとんどだったのですが、なんと『八重山諸島』『宮古島』のリールが!!

nahashop_03.jpg
宮古・八重山のフィルムはアニメよりも高めの価格設定。

nahashop_03.jpg
本体を購入するとアニメのフィルムが1本もらえる!

思わず購入してしまいました。沖縄のフィルムだけでよかったのですが、レジのおばさまに「アニメのフィルムは1本サービスだから好きなの選んできて!」と促されたのでライオンキングを選んでみました。

いったいどんなものか気になった方は、那覇ショッピングセンターで購入するかDEEokinawa事務所まで見に来てくださいね。
 

那覇ショッピングセンターに掘り出し物を探しに行こう

というわけで本日は西町の那覇ショッピングセンターよりお届けしました。

nahashop_03.jpg
おみやげ屋さんなのにフロントがある

nahashop_03.jpg
この地図欲しい...!(※クリックで拡大します)

定番のお土産からちょっと珍しい商品まで様々なおみやげ品が置いてあり、見るだけでもかなり楽しめました。宝探しする感覚でいちどのぞいてみてはいかがでしょうか。道向かいに広い駐車場もありますよ。

nahashop_03.jpg
味わい深いトイレのイラスト

いつまでもこの雰囲気のまま無くならないでほしい、古き良き沖縄のテイストが感じられる老舗ショッピングセンターでした。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ