2019.01.31

糸満平和祈念公園にオオゴマダラの楽園がある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
糸満市の平和祈念公園内に、オオゴマダラの卵から成虫までを観察できる穴場スポットを見つけた。

みなさんはオオゴマダラという美しい蝶をご存知でしょうか。

沖縄にお住まいの方にはわりと馴染みのある蝶ですが、奄美諸島を除いた九州以北では見かけることがありません。
かくいう私も沖縄に来てから初めて目にしました。白と黒のまだら模様が美しく、日本の蝶としては最大級。ふわふわと優雅に飛ぶ姿は、ひと目で他の蝶との違いが分かるほど。
そんなオオゴマダラがいつでも見られるスポットとして、2012年に浦添市のてだこチョウハウスをご紹介しましたが、また新たな穴場スポットを発見したのでご紹介したいと思います。

塔の真裏にひっそりとあるビニールハウス

その場所は、沖縄本島の最南端に位置する糸満市にある『平和祈念公園』内にあります。

こちらのビニールハウスが『美ら蝶園』。ちょっと色あせていますがちゃんと看板もあります。

場所はといえば、六角柱の白い大きな塔の真裏。このすぐ近くにある子ども用遊具広場には何度も訪れているのですが、美ら蝶園はちょっと分かりにくい場所にあるため、つい最近まで気が付きませんでした。

ハウスの外には、オオゴマダラの幼虫の餌となるホウライカガミの鉢植えがたくさん。
管理人の方が丁寧にお手入れされていました。

では、ハウスの中に入ってみましょう。
 

そこはまさにオオゴマダラの楽園

ハウスに入るや否や、眼の前をひらひらと舞う新聞紙の破片...ではなく、オオゴマダラ!

ここにも。

あそこにも。
すぐ眼の前を横切ったり、写真をとっている手元に止まったりと、あまり人を警戒せず人なつっこい性格(?)のオオゴマダラたち。羽が大きいので、顔や腕のすぐ近くを飛んでいくとふわっと風を感じるほどです。オオゴマダラに囲まれる体験!

さなぎから生まれたての子がいたり。

まだ生まれてない子もいたり。

金ピカのさなぎがついたホウライカガミの鉢植えは、子どもたちが間違って触らないようにするためか、ハウス内の網で囲われたスペースに集められていました。
オオゴマダラの成虫をはじめ、幼虫、さなぎ、卵まで。じっくりとオオゴマダラの生体が観察できる、とても素敵な場所でした。我が家の四歳児も目を輝かせて夢中で見入っていました。

とても美しいオオゴマダラですが、決して持って帰ってはいけません。悪いよ!

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ