2011.04.18

お土産の「さとうきび」でどれだけ黒糖が作れるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
沖縄を代表する作物のさとうきび。ご存知のとおり砂糖や黒糖の原料である。そこでふと思った。お土産で売られているさとうきびからは、どれだけ黒糖が作れるのだろうか?と。

※今回は黒糖の作り方ではなく、お土産で売られているさとうきびからは、どれだけ黒糖が作れるのかという検証です。とても地味な画です。

沖縄は冬の時期(1月〜3月)さとうきびの収穫が行われる。
さとうきびを荷台に積んだダンプカーを見かけることが多くなるのも冬だ。

製造方法によって、含蜜糖と分蜜糖にわけられる。
黒糖は含蜜糖。さとうきびを絞った汁を煮詰めて糖蜜分を固めたもの。
分蜜糖は、グラニュー糖など。これは糖蜜を振り分けて結晶を取り出した物。

om_kokutou_31.jpg
沖縄の冬場によく見る風景。

ちなみに黒糖工場は沖縄本島以外の7島にある。ここでは詳しい説明は割愛させていただきます。
詳しく知りたい方は「沖縄黒砂糖協同組合」のサイトを参考にして下さいね。

1. 刈り取り

まずはさとうきびを入手しなくては。
向かったのは沖縄の空の玄関、那覇空港。
沖縄へ訪れていた人が内地へ戻るとき、おみやげが買える最後の場所であろう。

om_kokutou_030.jpg
沖縄の空の玄関。那覇空港。
om_kokutou_003.jpg
お土産店がたくさん。

いろいろなお土産店があるのだが、さとうきびが売っている店は少ない。
季節物であるため、夏場は買えないかもしれない。

om_kokutou_001.jpg
沖縄のサトウキビ。315円。指ハブも315円。

発見できたのは、わずか2店舗。
さとうきびを食べたことがない人が、お土産でもらったらうれしいと思うのだけど、意外と売れていない。
真空パックされているが、賞味期限は4月末。意外と短いのだ。

om_kokutou_002.jpg

無事刈り取りという名の購入完了。

2. 圧搾・搾汁

早速買ってきたさとうきびを圧搾し搾汁するのだけど、一般家庭に圧搾機なんてあるわけない。
車で踏んでみるとか、万力で締め上げるとかいろいろ考えたけど、細かくして手で絞るという無難な方法で臨むことにした。

om_kokutou_004.jpg
長さ約20cmのさとうきびが3本。
om_kokutou_005.jpg
直径は3cm程。

なんだか包丁で割るのがこわいので、それっぽい道具を購入。

om_kokutou_006.jpg
100円ショップで買った鎌。

※以下、地味な画(作業)が続きます。

om_kokutou_007.jpg
とりあえず皮を剥ぐ。
om_kokutou_008.jpg
ひたすら剥ぐ。

この時点ですでに部屋が青臭い。ものすごく青臭い。

om_kokutou_009.jpg
割る。

繊維にそって割ると簡単に割れる。

om_kokutou_010.jpg
ひたすら割る。
om_kokutou_011.jpg
さらに細かく割る。

om_kokutou_012.jpg
意外と多い。しかし青臭い。

om_kokutou_013.jpg
さらに細かく。
om_kokutou_014.jpg
フードプロセッサーでさらに細かく。

このためだけに買ってきたフードプロセッサー。980円。安っ!

om_kokutou_015.jpg
グィーン!ガガガガガガガガガ...!

いきなり回転刃のプラスチックが割れて、空転しまくるハプニングがあったけど、なんとか全部細かくできた。
果たして980円の元は取ったのだろうか。

om_kokutou_016.jpg
いい感じに細かく。

さっきまで青臭かったのが、甘い香りに。

om_kokutou_018.jpg
結構な量に。

細かくしたさとうきびを布巾に入れて絞る。

om_kokutou_019.jpg
圧搾機がないので手で絞る。

om_kokutou_020.jpg
約50cc採れた。

絞った汁は茶色。

om_kokutou_021.jpg
絞り切ったさとうきびはバガスという。

このバガス、肥料や燃料、紙などの加工品に使われている。

3. 釜炊き・攪拌

絞ったさとうきびの汁を煮詰めていく。

om_kokutou_023.jpg
できるか不安。
om_kokutou_024.jpg
5分くらいで水飴っぽくなってきた!

om_kokutou_026.jpg
いわゆる黒蜜。

om_kokutou_027.jpg
固まってきた!

なんだろう。この作業DEEの記事でやったことある。
私が黒糖を使った企画。お菓子の家を作ってみたで。
あの時と一緒だ。

om_kokutou_028.jpg
飴っぽいのと黒糖っぽいのが出来上がった。

どうやら攪拌が不十分だったみたいだ。
シャリシャリしていない。
攪拌するときに空気を含ませないといけなかったのだ。
 

4. 完成・まとめ

完成したのはこちら。

om_kokutou_029.jpg
比較のためにエネループ単三型を置いています。

50ccのさとうきび汁からできた黒糖は約10グラム。

我が家にはキッチンスケールがないので重さは計れません。
たぶん10グラムくらいかなぁと。大さじ約一杯くらい

味は黒糖だけど食感がキャラメル。何か新しい食べ物が出来上がってしまった。
これはこれでアリな気がするけど。
手作りの黒糖美味しい。やさしい甘さです。

当たり前のように食べている砂糖。
その昔、砂糖は貴重品だったと聞きますが、大変さが少しだけわかった気がします。

観光で沖縄を訪れたら、さとうきびを買って帰り、黒糖を作ってみてはいかがでしょうか。
結構楽しいですよ。(青臭いけど)
お子さんの夏休みの宿題の実験にもおすすめです。

その他、DEEokinawaで実験してもらいたいことがありましたら、お問い合わせからどうぞ!

月間ベストワースト受付中

関連する記事

フォローしたらいいことあるかもよ

DEEokinawaの新着記事や裏話、面白写真などが毎日届くかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ