2011.05.23

The みそ汁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
沖縄の食堂には「みそ汁」というメニューがある。これが結構な人気メニューでして。このみそ汁は何か違うのか調査してみた。

沖縄に初めて来たとき、ビックリしたメニューの一つ「みそ汁」。
みそ汁600円と書かれたメニューを見て、みそ汁が600円もするのか!と驚いたことがある。

misoshiru_001.jpg

沖縄以外だと、小さな椀で出されるのが一般的だと思う。
しかしここ沖縄では、どんぶりで出てくるのだ。メインのおかずとして。
沖縄県外だと豚汁みたいな位置づけになるのだろうか。

観光などで来られた方が「みそ汁だけだと足りないよね」と、みそ汁+ライス+他のおかずを注文すると大変なことになったという話があったり無かったり。
そんなに注文したら、みそ汁+ライス+ライス+おかず+汁物となり、塩分・炭水化物過多になってしまう。成人病まっしぐらだ。

三笠(那覇市)

那覇市松山、58号線沿いにある24時間営業のお店、三笠。
おばちゃん達が元気に働いています。

misoshiru_002.jpg
24時間営業がありがたい。雨ザーザー。

misoshiru_003.jpg
どのメニューも600円以下。財布にやさしい。

misoshiru_004.jpg
味噌汁定食。400円。湯気で曇った。

具材:レタス・豆腐・わかめ・ポーク・卵。

misoshiru_005.jpg
わかめが入ると内地のみそ汁っぽい。
misoshiru_006.jpg
生卵がうれしい。

ちょっと薄味のみそ汁。
ご飯は茶碗ではなく皿で出される。たくあんを添えられて。
このボリュームで400円は安い。

あきそば(那覇市)

2回目の登場。あきそば。(前回はこちら

馬肉料理が有名なお店である。

misoshiru_007.jpg

misoshiru_008.jpg
馬肉推し。

misoshiru_009.jpg
みそ汁。600円。

具材:キャベツ・豆腐・もやし・玉ねぎ・人参・小松菜・馬肉・卵。

misoshiru_010.jpg
肉はまさかの馬肉。これって馬汁なんじゃ...
misoshiru_011.jpg
卵はほぼ固まっている。

みそ汁というか、ほぼ馬汁。メニューに馬汁もあるのだが、みそ汁との違いはなんだろう。
沖縄ではみそ汁にポークが入っている店が多いのだが、ここは馬肉が入っている。
 

花笠食堂(那覇市)

那覇市牧志の平和通りにある花笠食堂。映画のロケで使われたりと有名な食堂。
パラダイス通りに2号店がある。

misoshiru_012.jpg
1500円でオリジナルTシャツも売ってます。

misoshiru_013.jpgのサムネール画像
定食に付く汁物をみそ汁に変えることができる。
misoshiru_014.jpgのサムネール画像
ランチの提供時間が長い。というか開店から閉店まで提供していることになる。

misoshiru_015.jpg
みそ汁(みそじる)650円。

具材:レタス・豆腐・大根・ポーク・豚肉・卵。

misoshiru_016.jpg
卵は固まっている。

意外にも具、量ともに少なめ。花笠食堂は大盛りのイメージがあったのだが。
ご飯は白米・玄米・赤飯から選ぶ。もずくとぜんざいのどちらかも選ぶ。
みそ汁以外には、刺身・ポークフライが付いてくる。大根は味が染みていて美味しい。

misoshiru_017.jpg
甘いアイスティー飲み放題。
misoshiru_018.jpg
アリも近寄る甘さ。

確かに甘いアイスティーですが、以前はもっと甘かったような気が。
日によって違うのか、甘さ控えめにしたのか。

misoshiru_032.jpg

その甘いアイスティー、まさかの商品化。

花笠食堂アイスティーは県内のスーパー・コンビニで買えると思います。

空港食堂(那覇市)

沖縄空の玄関、那覇空港。
空港食堂は、那覇空港到着ロビー階の端にある。(ちょっとわかりにくい)

misoshiru_025.jpg
レストランではないけど。

空港食堂は、那覇空港で働く人や、各地から乗務してきた航空会社の人たちが多く食事をしている。
もちろん一般の方も食べることができる。

misoshiru_026.jpg
味噌汁定食はレギュラーメニューでは無さそうだ。

misoshiru_027.jpg
日替わりで味噌汁発見。
misoshiru_028.jpg
二フェーデービル。

misoshiru_029.jpg
味噌汁定食。600円。

具材:レタス・豆腐・かまぼこ・大根・人参・ポーク・豚肉・温泉卵!。

misoshiru_030.jpg
具だくさん!
misoshiru_031.jpg
うれしい別添えでの温泉卵!!

ご飯と漬物、もずくが付いてくる。
しかしなんといっても温泉卵がうれしい。
そのまま食べるも良し。ご飯に乗せるもよし。もちろんみそ汁に入れて混ぜても良し。

ちえ食堂(本部町)

沖縄本島北部にある本部町伊豆味にある「ちえ食堂」。
車で普通に走っているだけでは見つけられない場所にある。
桜を見に行ったとき偶然見つけた。

misoshiru_019.jpg
ひっそりと。

misoshiru_021.jpg
メニューは少ない。

メニューは、みそ汁・ゆしどうふ・そば(大・小)・チマグ唐揚げ定食と少なめ。
チマグが一押しみたいだ。

みそ汁は、注文を受けてから作る。

misoshiru_022.jpg
みそ汁。700円。

具材:レタス・豆腐・かまぼこ・豚肉・卵。

misoshiru_023.jpg
まだ生卵。割れば違う味が楽しめる。
misoshiru_024.jpg
ご飯に合うあんだんすー(油味噌)付き!

大きめにカットされた肉は食べ応え十分。

生卵を割り混ぜると、塩っぱいみそ汁がまろやかになって違う味が楽しめる。
ご飯のお供に付いてくる、甘いあんだんすーがうれしい。これのおかげで飽きること無くみそ汁を完食できる。

みそ汁ジョーグーを目指して

沖縄のみそ汁は店によって具材が違い個性豊かだ。
味付けも味噌だけの店もあれば、出汁を混ぜた店もある。

どのお店も大きめのどんぶりで出されてくる。初めはこんなに食べられるのだろうか?と思うけど、ペロリといける。
不思議なことに昼にみそ汁を食べても、また夜に食べたくなるのだ。

この深い食べ物、みそ汁。もう少し時間をかけて調査したいと思う。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ