2011.06.24

うずまきパンの2次利用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
宮古島のローカルスイーツ「うずまきパン」。そのまま食べても美味しいが、もっと美味しい食べ方を追求してみようと色々挑戦してみました。

とんでもなくご無沙汰してしまいました。
宮古島の93です。
前回の更新から随分時間が経ってしまい、新年度になって梅雨入りもして、なんなら梅雨明けもしてしまいました。

さて、今回は宮古島で大人気のローカルスイーツ「うずまきパン」を使って料理をしたいと思います。

「うずまきパン」とは

見た目の通り、うずを巻いたパンなのでうずまきパンと呼ばれています。

うずを巻いた中にあるのがクリームなのですが、実はこのクリームに秘密があって、ただのクリームではなく砂糖がそのまま溶かされていない状態で混ぜてあります。
ほおばったと同時にパンのふわっとした食感と、クリームのじゃりっとした食感が楽しめます。

ちなみにこのクリームがとにかく甘い!
そしてパン生地自体も結構な甘さ。

クリームの部分を指につけてみると・・・

砂糖のつぶつぶが見えるでしょうか?

うず巻きパンは宮古島にある製パン会社全3社より発売されています。
(お隣の伊良部島や沖縄本島にある製パン会社からも出ています)

このままで食べてももちろん美味しいのですが、今回はもっと美味しい食べ方を追求してみようという事で3パターンの調理実験をしてみました。

実験1「うずまきトースト」

ここで使うのは「京屋のパン」のうずまきパン

我が家はオーブントースターがないのでパンはいつもガスコンロの魚焼きグリルで焼きます。

時間にして2分ほどで焼き目がつきました。

香ばしい香りがキッチン全体に広がります。

クリームが溶け出してしまうかとおもいきや、そうでもなく。
しっかりパンと絡みあっています。

では実食!

パンの焼けた部分がサクッとしてなかなかいける!
そして砂糖のじゃりっと感も健在。
焼かずにそのまま食べるよりも香ばしさがアップしていいかも。

しかし、溶けたクリームがどうもグロい。

これに関してはあまり食欲をそそりません。

そしていきなりですが『せっかくなので味を変えてみよー!』実験。
我が家にあった「塩」と「シナモンパウダー」をそれぞれぶっかけてみました。

●塩

●シナモン

結果・・・どちらもなし。
塩もシナモンもパンと絡み合う事無くお口の中でケンカしてました。

実験2「うずまきフレンチトースト」

こちらは「富士製菓製パン」のうず巻パンを使いました。

普通のフレンチトーストを作るのと同じように作ります。
牛乳と卵を混ぜたものに、しばらくうずまきパンを浸します。

あっという間に吸い込んでしまい黄色くなっちゃたー。

バターを引いたフライパンで焼きます。

こちらもとっても甘くて香ばしい香りがキッチンに広がります。
しかし香りが甘すぎて、こめかみが若干ツーンと痛みます

では焼けたところで実食!

なかなか程良い焼き具合です。
見た目もだけど実物もかなりずっしりしています。
味は卵と牛乳が甘さを和らげてくれ、まろやかな甘さになりました。
食感はザラっとも残りつつ、表面はしっとり、中身はふわっとしています。

ちなみに

こちらも砂糖が・・・ドロ〜っとですね

今回も塩・シナモンもかけてみましょう。

●塩

●シナモン

結果・・・どっちもあり!

これに関してはどちらも良い具合に口の中で混ざり合い甘さをより一層和らげてくれます。
個人的には塩が断然オススメ!これぞ流行の塩スイーツではありませんか!
新発見です。

では最後の実験3「うずまきラスク」

ちなみにこちらは「太洋パン」のうず巻パンを使いました。

というかラスク作ってみよーとか言っておきながら作り方がさっぱりわからないので某巨大レシピサイトで検索。
するとフライパンで作れるとの情報を発見!

やってみました。

まずは電子レンジでチンしてパンの水分を飛ばします。

うずまきパンがレンジの中で渦を巻き起こしてる〜 見過ぎたら目が回るぜー(たぶん)

温まりました。

若干小さくなった気がします。
ちなみにクリームはお察しの通り、溶けました。

あとはフライパンにバターを引いて焼くのみ。

焼いている時はケーキ屋さんに入った時の香りがしました。

できあがり。

さすがラスクってだけあって、軽くなりました。
表面もカリカリですよー。

では実食!

ん?

ん?

フォークで切れない!

仕方が無いので指でちぎります。

食べてみましたが・・・・

硬い!!

水分を飛ばした分かなり硬くなってしまいました。
噛むともれなく歯の隙間にパンが入り込み口の中状態は最悪に。
味はトーストのとさほど変わりません。

塩とシナモンも試してみたのですが・・・

●塩

●シナモン

もはや口の中が甘すぎてよくわかりません。

で、ラスクってよく考えてみたら温かいうちに食べるもんじゃないよね?
なんて思い、しばらく置いてから食べてみる事にしましたが…

一層硬くなり噛み切ることもできませんでした。

でも大丈夫。
うずまきラスクは上手に作れなくてもスーパーで売ってるのよん♪

こんな感じに作りたかったんだけどなー。
ちなみにこのラスクの方が断然うまい!
うずまきラスクは作るもんじゃなくて、買うもんですね。
賞味期限が長いのでおみやげにもおすすめです。

まとめ

3つの実験で一番オススメできるのは

「うずまきフレンチトースト〜塩をまぶして〜」

とにかく甘すぎるうずまきパンの甘さを紛らわせる事ができるので、甘いのが苦手な方にもオススメの調理法です。
ぜひ機会がありましたらチャレンジしてみてくださいね〜。

しかし、このうずまきパン、とにかく甘くて甘くて最終的には口の中がおかしい事になりました。
ブラックコーヒーを飲みつつやってましたがそれでも口の中が甘くて甘くて。
しかもクリームがとにかく脂っこい。
もちろん胃はもたれるしで苦しかった・・・。

なので一気に3個喰いは絶対におすすめできません。
(この実験の為に朝食少なめ、昼食抜きで挑みました!)

ってか、1個あたりどんだけカロリーがあるのか?
事実を知るのが怖いので調べませんでした。

でもそんな甘いうずまきパンでも興味のある方にはコチラがオススメ。



巨大渦巻きが特別価格で販売中なので、ぜひ今すぐに宮古島においでください。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ