2011.07.15

車で鉄板焼きはできるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
夏の炎天下に置いてある車は熱くなる。この熱さを利用して何か焼くことはできるのだろうか。

いやー、連日暑いですね。
毎年言っているような気がしますが、今年は去年より暑いのではないかと。
これだけ暑いと日向に出るのが億劫になってしまいます。
サンシェードをしていない車のダッシュボードやハンドルなんて、熱くてしばらく触れないほどに。

しかし天気予報をみるかぎり、この時期は沖縄より内地の方が暑い。
沖縄は日差しは強烈だが、風が抜けるのでそこまで暑くはならない(といっても32度くらいまであがるけど)。
そのうち夏の沖縄は、避暑地になってしまうのではないだろうか。

car_teppanyaki_044.jpg
夏真っ盛り!
car_teppanyaki_043.jpg
ビーチパーティーでバーベキューいいですねぇ。

夏の暑い時、子どものころから思っていたことが一つ。
「夏の炎天下に放置されていた車のボディ熱で目玉焼きってできるんじゃないの?」と。
みなさんも一度くらいは考えてみたことがあるのでは。

そこで実験してしまうのがDEEokinawaです。去年できずにいたこのネタ。読者の方からもやって欲しいという要望がありましたので焼いてみたいと思います。
真夏の沖縄の日差しはどれだけの力があるのだろうか。

下準備

下準備というか車を用意しないと、この実験は始まりません。
熱の吸収率が良いのは黒。黒い車に乗っている人を探さねば。
あいにく私の車はシルバーなので、そこまで熱くならないのです(十分熱いけど)。

しかしボディより熱いところがある。
それは車内のダッシュボードだ。風に当たらず日に当たっているのでボディよりも熱い。
さすがにダッシュボードで、卵焼かせてくれなんて言ったら怒られるのでやめておきますが。

car_teppanyaki_001.jpg
黒い車はやっぱり熱い。
car_teppanyaki_045.jpg
「DEEokinawa被害者の会」の一人。

ということで黒い車に乗っているumihiko君にお願いして実験車両として貸してもらいました。DEEokinawa被害者の会の一人です。
※DEEokinawa被害者の会というのは、記事のために何かしら迷惑を被った人たちが入会できるそう。入会金無料らしいです。

ヒドい。

car_teppanyaki_002.jpg
念のため。

1.焼いて食べるので車をアルコールで除菌します。

car_teppanyaki_003.jpg
健康を考えてオリーブオイル。

2.車にこびりつかないよう油をひきます。

car_teppanyaki_004.jpg
不思議と罪悪感は無い。
car_teppanyaki_005.jpg
これでこびりつかないはずよ!

車にオリーブオイルを塗った人って少ないのではないでしょうか。自分の車に塗られたことがある人も...

Let's クッキング!目玉焼き

3.卵を割る。

car_teppanyaki_006.jpg
パカッ!

このときは罪悪感を感じました。ああ、自分の車ではやりたくない...ありがとう友よ。

car_teppanyaki_007.jpg
ルーフの傾斜で卵が滑って落ちてくる。。

car_teppanyaki_008.jpg
鎮座。新手のパトランプか。

...なんだろう。とてもシュールな画だ。

car_teppanyaki_009.jpg
白身が流れ落ちた痕跡が悲しい。

ジュッっとも鳴らず、ただ時間だけが過ぎていく。
熱したフライパンに卵を割り入れた時の「ジューっ」て音を期待していたのですが。

ほとんどの白身が流れ落ちてしまった。どこへ行ってしまったのだろうか。

car_teppanyaki_010.jpg
「あれ...?こんなはずでは...」と困惑してる図。

car_teppanyaki_011.jpg
反射熱を利用してみるもムダな抵抗。

car_teppanyaki_012.jpg
10分経過。なんとなく白身が固まってきたような気がする。

15分経過しても変化が少ないので、待ってる間に違う食材を焼いてみます。

焼肉食べたい

鉄板焼きの主役はやはり肉。肉食べたい。
ということで、カルビとロースを準備。

car_teppanyaki_013.jpg
そういえば昨日ジャンボステーキ食べました。

car_teppanyaki_014.jpg
焼かせていただきます。

4.肉を焼く。

car_teppanyaki_015.jpg
ジューっ!とは聞こえない。卵に変化は無し。

肉を焼いたときの音はしない。

car_teppanyaki_016.jpg
味付けに岩塩と黒胡椒を用意。が、使わなかった。

車に塩かけて放置してたら錆びそうだし。

car_teppanyaki_017.jpg
奥がカルビ。手前がロース。
car_teppanyaki_018.jpg
約5分後。ひっくり返すとロースの色が変わっている!

car_teppanyaki_019.jpg
こんなに熱いのに。

カルビ、変わらず。

car_teppanyaki_020.jpg
近所の人が見たら、いたずらにしか見えないだろう。

目玉焼きをあきらめる

子どものころから思っていたこと。「車のボディ熱で目玉焼きはできるのか」。

car_teppanyaki_021.jpg
1秒触れないくらい熱いのに。
car_teppanyaki_022.jpg
少し焼けたというより温まったといった感じか。

できなかった。いや、今回はたまたまできなかったということにしておく。

そこで方向転換。目玉焼きでは厚すぎる。熱の伝わり方が遅いはず。
ならば薄くしてみよう。目玉焼きをかき混ぜて、薄焼き玉子にしてしまおう。

5.目玉焼きを薄焼き卵に

car_teppanyaki_023.jpg
えいっ!

人の車の上で卵をかき混ぜることは2度と無いでしょう。

car_teppanyaki_024.jpg
まぜまぜ...
car_teppanyaki_025.jpg
まぜまぜ...

混ぜていくうちに、油をひいてない場所に卵が!大丈夫かな...

car_teppanyaki_026.jpg
油がひかれていない区域に侵入しました。

なんとなく固まってきた気がする。

car_teppanyaki_027.jpg
5分後。固まってきているよ!

car_teppanyaki_028.jpg
どうなるのこれ...

car_teppanyaki_029.jpg
10分後。半熟たまごに。鳥の糞ではないです。

car_teppanyaki_030.jpg
ビーフジャーキーができあがってしまった。
car_teppanyaki_031.jpg
まぐろの炙りっぽい。

car_teppanyaki_032.jpg
30分後。

固まった!...のか?たまごにみえない。

car_teppanyaki_033.jpg
玉子焼きってこんな色してましたっけ?

白身が大量に流れていってしまったのでこんなに黄色いのか。
玉子も肉も、焼けたというより乾いたと言ったほうが良さそうだ。
炎天下に肉を放置しておけばビーフジャーキーっぽいものができあがる。

6.再調理して美味しくいただく

さすがにこのままでは食べたらいけないような気がした。

car_teppanyaki_036.jpg
普通に焼けば普通に美味しい。

なので残った食材に混ぜて美味しくいただきました。

片付ける

今回は人の車で実験したので、借りた時よりもキレイにして返さないといけません。
このこびりつき具合からみて、家庭の水道の水圧で洗っても落としきれない。ケルヒャー高圧洗浄機ください。

こんなときは洗車場しかない。

car_teppanyaki_035.jpg
キレイに取れるのだろうか...

7.洗車場で車を洗う

car_teppanyaki_037.jpg

高圧ジェットでこびりつきを落とす。

car_teppanyaki_038.jpg
これは手強そうなこびりつき具合。
car_teppanyaki_039.jpg
なかなか落ちない。

高圧ジェットで当て続けること4分。見た感じではキレイに落ちた。良かった。
しかし借りた時よりもキレイにして返すのがマナーというもの。
このまま洗車機にいれて、ポリマー加工までしました(1000円のコース。経費でお願いします)。

car_teppanyaki_042.jpg
キレイに落ちた!と思いきや。
car_teppanyaki_040.jpg
うっすらと白身の痕が残っています。

これでキレイに返すことができた。と思いきや、よーく見てみると油をひいてなかった場所にうっすら痕跡が...。
ああ、ポリマーかけてしまったよ。
流れ落ちた白身のことを忘れていた。そこは洗っていない。ドアの間で固まっていなければいいが...

やめておいたほうがいい

真夏の昼下がり。子どものころから思っていた謎が解明できた気がする。
車のボンネットやルーフでは目玉焼きは作れないと。
しかし、小道具を使えば(レフ板や虫眼鏡など)薄い食材は焼けるはずだ。

今回は、卵や肉が焼ける前に自分が日焼けしてしまった。
沖縄は紫外線量が内地の2倍くらいあるんですよ。

次回はホットケーキや薄い食材で挑戦してみようか。
車でホットケーキなど、焼かせてくれる方がいましたら、DEEokinawaまでご一報ください。

月間ベストワースト受付中

関連する記事

フォローしたらいいことあるかもよ

DEEokinawaの新着記事や裏話、面白写真などが毎日届くかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ