2012.04.16

DEEokinawa的イースターエッグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本ではまだあまりなじみのない「イースター(復活祭)」。キリスト教の春先の行事ですが、卵をデコレーションする風習があるということで、早速DEEっぽいイースターエッグを作ってみました。

イースターエッグとは

イースター・エッグ(英語:Easter egg)とは、十字架にかけられて死んだイエス・キリストが三日目に復活したことを記念する復活祭(イースター)の休日もしくは春を祝うための、殻に鮮やかな彩色を施したり、美しい包装をしたゆで卵を出す習慣である。
国や地域によっては、復活祭の際に庭や室内のあちこちに隠して子供たちに探させるといった遊びもおこなわれる。
Wikipediaより)

それでは、イースターにちなんでDEE的イースターエッグを作ってみましょう!

卵をゆでる

生卵でもいいんですが、やっぱり茹でた方がよさそうなので、とりあえず茹でます。

常温の卵を茹でた方が割れにくいそうなので、ちゃんと常温にもどした卵をゆでること13分。

ペイントする

ここでどんなイースターエッグにするか考える。

1、DEEのロゴ
2、DEEのキャラクターといえばみるく様
3、・・・あとはその時のフィーリングで!

とりあえずやってみよう!

まずは、ミルク様。

鉛筆で下書き。消しゴムで簡単に消せるので大変よい。

で、色を塗りますが、油性マジックと色鉛筆を今回は使用。

なんとなくいい感じに出来ています。

次。DEEのロゴ。
ロゴはプリントアウトしたものを貼る作戦で・・・

この後次のものを作ったのですが

・琉神マブヤーのクーパー
・なつかしのゴーヤーマン
・そして季節限定

すみません、制作に夢中で途中の写真がほとんどありません!
ので、一気に完成後お披露目させて頂きます!

完成お披露目

みるく様

DEEokinawaロゴ

琉神マブヤーのクーパー

なつかしのゴーヤーマン

そして渾身の一撃

オリオン「いちばん桜」

最後の一個は


あなた色に染めてね♪

並べてみた

家に卵ケースがあったので詰め合わせてあとでDEEの事務所に持っていこうと思います。

DEEスタッフのみなさん、賞味期限内に食べて下さいね。

まとめ

一人で作って写真を撮るとついつい、途中の絵を忘れてしまいまして、今回ちょっと消化不良だったかもしれません。
卵の表面はとても色を乗せやすく、特に色鉛筆だといい感じのザラ感があって、夢中で制作してしまいました。
すばらしき茹で卵!

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ